• 米映画界での性的被害には「減量」圧力も J・ローレンスが告白

    Bruce Y. Lee , CONTRIBUTOR

    オスカー女優ジェニファー・ローレンスが10月16日、過去に受けたセクハラ被害について語った。米ハリウッドで行われたファッション誌「ELLE」主催のイベント「第25回ウィメン・イン・ハリウッド」で明らかにしたのは、名誉を傷つけられる屈辱的な経験だった。「まだずっと若かった駆け出しのころ、ある映画のプロ ...

  • 頭に装着するだけで「痩せるヘッドセット」 約450ドルで出品中

    David Phelan , CONTRIBUTOR

    頭部に装着するだけで何の努力もせずにダイエットが出来る、夢のようなデバイスが開発された。「Modius」と呼ばれるヘッドセット型のこの製品を毎日45分間装着すると、体脂肪を減少させ、減量効果が得られるという。Modiusはクラウドファンディングサイトの「IndieGoGo」に出品され、8月12日時点 ...

  • 野菜を食べることが「最高のダイエット法」である理由

    Quora , CONTRIBUTOR

    野菜や果物など自然食品中心の食事にはどのような効果があるのだろうか。質問サイトQuoraに寄せられた疑問に登録栄養士で作家のシェーア・パストーリ(Cher Pastore)が回答した。筆者は自然食品を中心とした菜食が最も健康的な食習慣の一つだと考えている。こうした食品は「ホールフード」と呼ばれ、ポテ ...

  • ダイエット事業好調の米「女性司会者」 大統領戦出馬にも意欲

    Nathan Vardi , FORBES STAFF

    米メディア界の女王、オプラ・ウィンフリーの快挙にウォール街が揺れている。ウィンフリーが広告塔を務める大手ダイエット企業「ウェイト・ウォッチャーズ」(Weight Watchers International)の株価が昨年来の下落傾向から一転、再び急騰したのだ。ウィンフリーは今年1月、20kg減量した ...

  • サラダがもたらす「死の危険」? 健康的な食品が肥満を招く2つの理由

    Peter Ubel , CONTRIBUTOR

    ダイエットのために、ステーキではなく健康的なサラダを選んでいる人もいるかもしれない。だが、それは自分にダブルパンチを与える行動かもしれない。まず、サラダは恐らくあなたが考えている以上に高カロリーだ。例えば、カジュアルレストランの米アップルビーズ(Applebee’s)が提供する「グリルド ...

  • アプリで体重を管理する「スマート体重計」YUNMAI 2 購入受付開始 

    Ben Sin , CONTRIBUTOR

    アプリで体重管理が出来る「スマート体重計」としてカルト的人気を誇るのが、中国深センのテクノロジー企業が生んだYUNMAI(ユンマイ)。既に第1弾の製品がアマゾン等で5,000円以下で購入可能だが、このほど最新バージョンのYUNMAI 2が登場。クラウドファンディングサイトのIndiegogoで購入受 ...

  • グーグルカレンダーが「ダイエット支援」 運動量を自動で記録

    Anthony Karcz , CONTRIBUTOR

    グーグルカレンダーは昨年春、ユーザーの目標達成を支援する「ゴール」機能を搭載した。これは運動や読書など取り組みたい課題をスマホからカレンダーに入力すると、スケジュールの空き時間にカレンダーが自動的に予定を入力してくれるもの。この機能には一部の人々から支持が集まったものの、課題の達成度が自動的には記録 ...

  • 麻薬より危険「食べるのをやめられなくなる食品」リスト

    Quora , CONTRIBUTOR

    研究者らによると、いくつかの太りやすい食べ物は、ヘロインやコカインと同様の依存性があるかもしれないという。ダイエットの経験がある人なら、体重を落とすために自制心を働かすことがいかに難しいかを知っている。脂肪を燃焼する運動も効果的だが、食べ過ぎが脳に影響を与え、依存傾向を強めるという研究結果がある。高 ...

  • 高タンパク質の食事は「味方」ではない? 注意すべき研究結果が明らかに

    Alice G. Walton , CONTRIBUTOR

    アトキンスダイエットやパレオ・ダイエットなど、タンパク質の摂取量を増やした食事による減量・体重維持の効果について、さまざまな議論が繰り広げられている。高タンパク質の食事は、短期的にはかなりの減量効果があるようだ。だが、代謝系に対してどのような効果があるかという点については、いまだ疑いの目が向けられて ...

  • 「撮るだけで痩せるアプリ」実現を目指す、Lose It開発者の野望

    Katheryn Thayer , CONTRIBUTOR

    今やインスタグラムに食事の写真をアップするのは当たり前になったが、近い将来、スマホで撮ったスナップが健康に役立つようになるかもしれない。それが人気ダイエットアプリ「Lose It」の目指すゴールだ。ダイエットと運動を記録する人気アプリLose Itは先週アップデートを実施。写真に撮った食べ物を判定し ...

  • 「ダイエット」ツールとしてのインスタグラム、有効性はどの程度?

    Leslie Wu , CONTRIBUTOR

    ユーザーのダイエットを支援するフィットネス・アプリ、「ルーズイット!(Lose It!)」にベータ版の「スナップイット(Snap It)」が登場した。コンピューターの画像認識技術を用いて、食べたものや摂取カロリーなどを記録し、ダイエットに役立てることができるというものだ。このアプリを開発したルーズイ ...

  • 米ダイエット大手、「オプラ効果」も期待外れで株価下落 CEO辞任へ

    Nathan Vardi , FORBES STAFF

    米人気司会者のオプラ・ウィンフリーは2015年10月、ダイエットプログラム大手ウェイトウォッチャーズ・インターナショナル(Weight Watchers International)の株式10%を購入すると同時に、同社の“顔”となることに合意した。この「オプラ効果」で、数週間 ...

  • 「脂肪=悪」はもう古い 地中海式ダイエットなら高脂肪でも健康に

    Alice G. Walton , CONTRIBUTOR

    “脂肪愛好家”たちはついに、脂肪分を含む食品を「大量に」食べることを許された。それが健康的な不飽和脂肪であればという条件付きだが––。米国内科学会が発行する学術誌アナルズ・オブ・インターナル・メディシンはこのほど、食生活と病気の転帰の関連について検証し ...

  • 「日記でやせる」4つの理由

    Nancy Olson , CONTRIBUTOR

    「親愛なる日記さん、私は今日、ホールケーキを全部食べてしまいました。どうしてか分かりません…ただ、気持ちをなだめようと…」──聞き覚えがある言葉だろうか? ポテトチップス一袋、パイを丸ごと、脂肪分たっぷりのボールいっぱいのディップなど、「これはいつも食べ尽くしてしまう」と ...

  • リアリティー・スターのキム・カーダシアン、産後ダイエットは「非現実的」

    Bruce Y. Lee , CONTRIBUTOR

    キム・カーダシアンが産後の目標に掲げていた体重135ポンド(約61.2キロ)を達成したそうだ。体重計に乗っている自身の写真を、「イエース!!!!、#アクティンズ」のコメントを付けて共有した。「アクティンズ」は知らないが、恐らくカーダシアンが言いたいのは、故ロバート・アトキンス博士が提唱した「アトキン ...

  • ペットの肥満大流行:飼い主がとるべき対策は?

    Bruce Y. Lee , CONTRIBUTOR

    肥満が深刻な広がりを見せている。場所や年齢を問わず、いまや肥満は深刻な社会問題だ。太りすぎは生活を一変させ、生命を脅かすような慢性の病気である糖尿病や心臓病などの一因となることが知られている。肥満によって若くして命を落とすこともあれば、医療費の増大にもつながっている。言い忘れていたが、これは人間社会 ...

  • SEXでは痩せない 5つの誤ったダイエット神話

    Matthew Herper , FORBES STAFF

    有名医学雑誌「ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン」に掲載された論文で、これまで数々のメディアで取り上げられてきたダイエット法が否定された。痩せると信じられていたダイエット法は、実は間違っていたのだ。一体どんなダイエット法が間違いだったのだろうか。1. 少し食事を減らし、少し運動を増やし ...

  • で、あなたは食べ過ぎたわけだ…どうする?

    Bruce Y. Lee , CONTRIBUTOR

    感謝祭にドカ食いはすまいと、あなたは自分に誓った。にも関わらず、祝宴が終わると、腹はパンパンで、後悔の念に苛まれている。空になった食器の山を見つめながら、あなたはこうつぶやくかもしれない。「なんてことをしてしまったんだ?」と。そこで問題は、「今からどうするか」だ。自分を責めない誰だって食べ過ぎること ...