• 現役起業家が教える「タックスヘイブン」の正しい使い方

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    借り手と貸し手をネットでつなぎ、グローバルな金融機関を作れないか-。杉山智行が、その発想を実現するために着目したのが「タックスヘイブン」だった。世界的な金融危機を招いたリーマンショックは、信用度の低い個人への貸し付け、いわゆる「サブプライムローン」の問題が引き金を引いた。ただ、サブプライムローン自体 ...

  • パナマ文書だけではわからない、「租税回避地」のカラクリと秘密

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    日本からの対外投資先の1位はアメリカだが、2位は英国領ケイマン諸島である。非課税のケイマン諸島に60兆9,280億円が向かっているのだ––。「パナマ文書」の報道が始まった頃のことだ。長年つきあいのある某国の取材協力者が、「紙を見せて説明するよ」と、オフィスの棚から2通の書類を ...

  • 「パナマ文書」に名前があったらどうする? 危機管理の専門家が対応を指南

    Nelson Granados , CONTRIBUTOR

    国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)は5月9日、パナマの法律事務所モサック・フォンセカから流出した情報に含まれていた20万を超えるオフショア企業の社名を検索可能なデータベースの形で公開した。データ量が2.6テラバイト余りに上る「パナマ文書」を最初に入手したドイツの南ドイツ新聞とICIJによると ...

  • 世界を揺るがす「パナマ文書」とは一体何か、公開の経緯と今後の展望

    Kelly Phillips Erb , Forbes Staff

    パナマの法律事務所、モサック・フォンセカ(Mossack Fonseca)からの大量の情報流出が4月3日に公表されて以来、この問題に世界中が大きく揺れている。各国の政治家や富豪をはじめ、多数の著名人の名が次々と挙げられる「パナマ文書」とは一体何なのか。これまでに明らかになっていることをまとめた。モサ ...