• 「ロボタクシー」専用車の開発目指す米Zoox、5億ドルを調達

    Alan Ohnsman , FORBES STAFF

    タクシー向けの自動運転車を開発する米Zoox(ズークス)は、目標達成には膨大な資金が必要であることを認識している。ズークスが目指すのは、独自に設計・開発した自動運転車を使ったオンデマンドのライドサービスの提供だ。あまり知られていないこのスタートアップは先ごろ、オーストラリアのソフトウェア企業、アトラ ...

  • 日本のタクシーの決済を変えた女性幹部の「巻き込み力」

    吉田 彩乃 , CONTRIBUTOR

    タクシーが目的地に到着する前に支払いを済ませてしまう──。2017年3月、JapanTaxiは、タクシー配車アプリ「全国タクシー」と日本交通の車両に搭載されたタブレット端末を利用した「JapanTaxi Wallet」というネット決済機能をリリースした。現金商いが慣習で、IT化が遅れていたタクシー業 ...

  • ウーバーを通じて見えてくる、日本とアメリカの「社会構造の違い」

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    最近ウーバーが象徴するものについて考えた。アメリカではウーバーが日常的に普通に使えるが、日本ではいまだにあまり普及していない。その普及の難しさと、ウーバーに乗って感じることに、アメリカと日本の社会構造の違いが見えてくる。端的にいえば、単一民族の日本社会と、複雑化する移民国家のアメリカ社会の違いである ...

  • 世界初の旅客ドローン「EHang」は本当に人を乗せて飛べるのか

    Parmy Olson , FORBES STAFF

    ドバイの首長は、2030年までに市内の輸送手段の4分の1を自動運転にするという目標を掲げている。この任務の遂行に当たっているのが、道路交通庁の責任者であるMattar Al Tayerだ。彼は「今年の夏にはドローンタクシーがドバイの空を飛び回っていることを期待する」と述べている。ドローンタクシーを開 ...

  • GMとリフトの2社連合が目指す「自動運転タクシー」の実現

    Brian Solomon , Forbes Staff

    自動車メーカーと配車アプリが手を組んだのはGMとリフトが初めてだった。その後、自動車メーカーが配車アプリに出資するケースが増えており、GMのダン・アムマン社長とリフトのジョン・ジマー社長は、「真のパートナーシップが求められている証拠だ」と語る。ジマーは「出資を受けるのも1つの方法ですが、1社ではでき ...

  • タクシー料金改定申請を「ウーバー」から考える

    伊藤 隆敏 , CONTRIBUTOR

    ウーバー登場などで産業構造の変革が進むタクシー業界。東京での運賃改定申請について「需給一致の仕組み」から考える。主要タクシー会社は、東京でのタクシー料金の改定を提案している。改定の主要な部分は「初乗り料金を現行“2kmまで730円”から“1.059kmまで410円 ...

  • 配車サービス大手4社 提携でウーバーに対抗へ

    Saritha Rai , Contributor

    タクシー配車サービスの4大スタートアップがこのほど、共通のライバルである世界最大手のウーバーと対抗することを目的に、戦略的パートナーシップを締結した。4社は総人口が世界最多のインドと2位の中国をはじめ、世界の全人口の半数近くを擁する市場でサービスを展開することになる。インドで最も利用者の多いタクシー ...