• ソフトバンク、ピザのロボット宅配企業に850億円出資か

    Amy Feldman , FORBES STAFF

    ロボットを活用したピザの調理・宅配サービスを展開する米スタートアップのZume(ズーム)社は、米証券取引委員会(SEC)に提出した書類で、3億7500万ドル(約425億円)の出資を受けたことを明らかにした。出資元は明記されていないが、米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)はソフトバンクだったと ...

  • ソフトバンクの駐車場シェアサービス「BLUU」は成功できるか

    河 鐘基(ハ・ジョンギ) , Official Columnist

    7月19、20日の二日間にわたり、港区にあるザ・プリンス パークタワー東京で「ソフトバンクワールド2018」が開催された。会場ではソフトバンクおよび協賛各社によって展示・講演が行われ、人工知能(AI)やIoTなど先端テクノロジーの実用例・商用例が数多く紹介された。なかでも興味深かったのが、ソフトバン ...

  • ソフトバンクなどが1.2億ドルを出資する米ライト、潜在力に期待

    Amy Feldman , FORBES STAFF

    撮像と信号処理を融合させたコンピュテーショナルイメージングのスタートアップ、米ライト(Light)は7月19日、ベンチャーキャピタルのソフトバンク・ビジョン・ファンド(SVF)が主導する資金調達ラウンドで1億2100万ドル(約136億円)を調達したことを明らかにした。出資者には、高級カメラメーカーの ...

  • ウォルマート、インド進出本格化でソフトバンクが得る利益

    Pamela Ambler , Forbes Staff

    ウォルマートによるインドのEC最大手「フリップカート(Flipkart)」の買収が決まった。フリップカートの取締役会は、株式の75%を150億ドル(約1兆6400億円)でウォルマートが率いるグループに売却することを承認した。このグループには、グーグルの親会社であるアルファベットも含まれる。競合のアマ ...

  • フェイスブック、グーグルの限界を超える、孫正義の「次の一手」

    國光 宏尚 , Official Columnist

    2月7日にソフトバンクグループが開いた第3四半期(17年4月〜12月)の決算報告会で、孫正義会長が正式に携帯事業会社である子会社の「ソフトバンク」を上場する方針を示しました。これは、長年、孫さんの事業戦略について注視してきた僕には、ソフトバンクグループが携帯電話会社から新しいステージに移行する象徴的 ...

  • ソフトバンクのウーバー株取得「大幅値下げ交渉」は成立するか?

    Biz Carson , Forbes Staff

    ソフトバンクがウーバーの株主らに対し、現状の評価額を大幅に下回る価格での株式取得を提案している。ブルームバーグの報道によると、ソフトバンクはウーバーの株式を、評価額480億ドル(約5.3兆円)で買い取ることを提案している。これは現状のウーバーの評価額の690億ドル(約7.7兆円)を30%下回る水準だ ...

  • ソフトバンクのウーバー出資、来週合意か 2年以内にIPO説も

    Biz Carson , Forbes Staff

    ソフトバンクのウーバーに対する巨額の出資は、来週にも成立する見込みだ。ウーバーの取締役でハフィントンポスト創業者のアリアナ・ハフィントンが明かした。10月16日、ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)主催のカンファレンスに登壇したハフィントンによると、ソフトバンクはウーバーの株式の14%から20 ...

  • ソフトバンクとAIで提携、Skymindが描く「介護ロボット」の未来

    Aaron Tilley , Forbes Staff

    機械学習分野で最も認知度の高いアプローチであるディープラーニングは、様々な分野で活用が進んでいる。しかし、その大部分はクラウドで処理されるものだ。そんな中、サンフランシスコ本拠の人工知能(AI)のスタートアップ「Skymind」は、ディープラーニングを直接ロボットに組み込もうとしている。Skymin ...

  • ウーバーに1兆円注ぐソフトバンクの「打算」とグーグルの思惑

    Biz Carson , Forbes Staff

    ソフトバンクはウーバーへの出資に向けた交渉に入っており、早ければここ2週間のうちに正式アナウンスが行われる見込みだ。出資額は50億ドルから70億ドル、もしくはそれ以上になる可能性もある。関係筋によるとソフトバンクはウーバーの出資元らに対し、株式の買い取り提案を進めており、同時に直接投資の道も模索中と ...

  • ソフトバンク、バイオ薬品Roivantに1200億円出資 創業者は32歳

    Matthew Herper , FORBES STAFF

    バイオ医薬品企業のRoivant Scienceは8月9日、ソフトバンク・ビジョン・ファンドが主導する調達ラウンドで、11億ドル(約1200億円)を調達したと発表した。出資元にはDexcel Pharmaも加わった。Roivant Scienceを率いるヴィヴェック・ラマスワミー(Vivek Ram ...

  • ソフトバンクを迎え撃つ中国企業 激戦のコワーキング市場の行方

    Rebecca Fannin , CONTRIBUTOR

    中国のコワーキングスペース市場は、かつてウーバーが参入を試みた頃のライドシェア市場に匹敵する激戦区となった。この市場では今後、M&Aや合従連衡の動きの活発化も見込まれる。7月28日、ソフトバンクと中国のプライベートエクイティHony Capital(弘毅投資)はウィーワーク(WeWork)に ...

  • ソフトバンク、中国企業と提携で「教育ロボット」事業本格化

    Yuji Ueda , CONTRIBUTOR

    7月6日、ソフトバンクコマース&サービス株式会社は、中国深センの教育ロボット企業、メイクブロック(Makeblock)と共同記者発表を開催。教育用ドローン「Airblock」を日本市場向けに投入することを発表した。メイクブロックは昨年末からソフトバンクと提携し、教育ロボットのmBotシリーズの販売を ...

  • ソフトバンクが考える、デジタルマーケティングの勝ち筋

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    これまでに500社以上の支援実績を持つ、ソフトバンクのデジタルマーケティング事業統括部。同事業を率いる藤平大輔統括部長に話を聞いた。「従来のデジタルマーケティングは“ウェブ上のユーザー行動”を追うだけだった。しかし、リアルとウェブの境目がなくなって ...

  • ソフトバンクが5億ドル出資の英VR企業CEO、「新しい世界」を語る

    Steven Bertoni , FORBES STAFF

    企業向けにシミュレーション技術やバーチャルリアリティ技術を提供する新興企業、英インプロバブル(Improbable)は5月11日、シリーズBラウンドでソフトバンク・グループから5億200万ドル(約571億円)を調達したと発表した。2016年にはフォーブスが選ぶ30歳未満の重要人物、「30アンダー30 ...

  • オフィスの電話が出先で取れる、発信できる ビジネスコミュニケーションの常識を覆すDialpad

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    "Kill The Desk Phone"というスローガンとともに、昨年12月にサービスをスタートさせたDialpad Japan。オフィスのデスクに不可欠なビジネスフォンおよび、部屋の片隅に存在する電話交換機(=PBX装置)を排除することができるDialpadに、旧態依然の電話番な ...

  • ソフトバンク、なぜ米投資会社を買収? 裏にある戦略と世界金融のトレンド

    Ely Razin , CONTRIBUTOR

    ソフトバンクは先月、米国の代替投資大手フォートレス・インベストメント・グループを33億ドル(約3700億円)で買収すると発表した。これを受け、日本の通信・IT大手であるソフトバンクが進む方向性についての疑問が数多く浮上している。だがその背景をひも解くと、商業用不動産や技術投資、日本経済といった、一見 ...

  • 孫正義、アリババ、鴻海の「アジア連合」が創出する米国の雇用

    Xiang Wang , CONTRIBUTOR

    鴻海精密工業のテリー・ゴウ(郭台銘)董事長は、新年の記者会見で米国に70億ドル(約7,895億円)を投じて液晶パネル工場を建設し、3〜5万人を雇用する計画を明らかにした。鴻海はiPhoneとiPadの最大のサプライヤーであり、ゴウは同社の創業者兼会長だ。66歳のゴウは台湾で2番目の富豪で、推定資産額 ...

  • ソフトバンクの孫社長、日本一の富豪に トランプ会談で株価急騰

    Chloe Sorvino , Forbes Staff

    ソフトバンクグループの孫正義社長が、今週の同社株急騰により総資産額を197億ドル(約2兆2,500億円)に増やし、日本一の富豪となった。きっかけとなったのは、6日にニューヨークのトランプ・タワーで行われたドナルド・トランプ次期米大統領との会談だった。両者は会談後にロビーに姿を現し、ソフトバンクが米国 ...

  • デジタル業界のキーマンが俯瞰する企業のマーケティング戦略

    土橋 克寿 , CONTRIBUTOR

    デジタル重視へとシフトする企業のマーケティング戦略ー。ソフトバンクのデジタルマーケティング部門を統括する藤平大輔氏に現状を聞いた。「欧米に比べ、日本のマーケティングは遅れていると言われています。それはよい商品をつくれば売れるんだという、商品開発力を重視する文化が非常に根強いからです。その流れで、マー ...

  • ソフトバンクによる「ツイッター買収」はなぜあり得るか?

    Marc Prosser , CONTRIBUTOR

    身売り先候補だった企業から次々と見切りを付けられたツイッターは、もはやIT業界の巨大な「お荷物」となり始めている。ツイッターは約1か月前、IT企業を中心とした大手数社に対し、身売りや合併の可能性について打診を始めた。ディズニーやグーグル、マイクロソフト、そしてセールスフォース・ドットコムが一時買収を ...

  • ソフトバンクらが136億円注ぐ「バイオテク企業」Zymergenの全貌

    Alex Konrad , Forbes Staff

    遺伝子を組み替えて微生物を生産する技術を持ったバイオテク企業には、投資家たちが熱い視線を注いでいる。この分野のリーディング企業であるZymergen(ザイマージェン)は、このほど巨額の資金調達を実施したことを明らかにした。カリフォルニア州エメリービルにあるZymergenの研究所に防護服を着て入ると ...

  • ソフトバンクのARM買収、半導体業界の好機となるか

    Shreya Agarwal , FORBES STUFF

    ソフトバンクグループが7月18日、英半導体設計大手ARM(アーム)ホールディングスを320億ドル(約3兆3,990億円)で買収すると発表したことを受け、ARMの米上場株は同日の取引で41%急伸。同時にその他の半導体メーカーの株価も、米英の両市場で上昇した。株価が最も上昇した企業の一つが、プロセッサ設 ...

  • ニケシュ・アローラ電撃辞任の舞台裏、持ち株は「売却済み」発言も

    Steve Schaefer , FORBES STAFF

    グーグルの上級副社長だったニケシュ・アローラは2014年、バイスチェアマンとしてソフトバンクに入社した。2015年には代表取締役副社長に就任し、孫正義社長の後継者となるはずだった。しかし、ソフトバンクは6月21日、アローラの辞任を発表。同社の顧問に就任することを明かした。数か月前には、ソフトバンク株 ...

  • 「未来の孫正義」を目指す若者たち〜20代起業家最前線〜後編

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    前編はこちら「国境ではなく市場を見る」グーグルやフェイスブックの創業者がそうであったように、グローバルに打って出ようとする“エンジニア社長”も若き起業家の特徴のひとつだ。トランスリミットは、高場はもちろん、社員の9割をエンジニアが占める。「世界でプレイされるものを僕たちはつく ...

  • 「未来の孫正義」を目指す若者たち〜20代起業家最前線〜前編

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    自動車の走行ビッグデータを収集・解析し、自動車保険などのサービスへ展開するプラットフォーム事業を手がける「スマートドライブ」を2013年に起業した北川烈(26)の履歴書は、まるでエリートコースへの滑走路のようだ。慶應義塾大学商学部で金融工学を学び、見聞を広めるためにボストンへ留学、さらに東京大学大学 ...

  • 配車サービス大手4社 提携でウーバーに対抗へ

    Saritha Rai , Contributor

    タクシー配車サービスの4大スタートアップがこのほど、共通のライバルである世界最大手のウーバーと対抗することを目的に、戦略的パートナーシップを締結した。4社は総人口が世界最多のインドと2位の中国をはじめ、世界の全人口の半数近くを擁する市場でサービスを展開することになる。インドで最も利用者の多いタクシー ...