• 米ローカルスーパーの店員がみなイキイキしている理由

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    1916年に創業。100年以上の歴史を持つ、スーパーマーケットチェーンの「Wegmans(ウェグマンズ)」。同社はニューヨークなど6州に92店舗を展開している。ウェグマンズは米フォーブスが2017年に発表した「America’s Best Employers」で、10位に選ばれている。ウ ...

  • デフレ傾向の食品業界で好調、「自然食品」流通大手の強みとは

    Maggie McGrath , Forbes Staff

    アメリカではこのところ、キャンベル・スープから食品販売大手のスーパーバリューに至るまで、幅広い食品関連企業が市場予想を下回る決算内容や業績見通しを報告している。そんな中、自然食品の流通会社ユナイテッド・ナチュラルフーズ(UNFI)が、その流れに逆らっている。同社の第4四半期(7月~9月期)の収益はウ ...

  • アメリカ進出を狙う南アの「スーパーマーケット王」

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    確かな商品を低価格でー。南アフリカで食料品チェーン「ショップライト」と衣料品大手「ペップ」を経営するクリスト・ヴィーサ会長(74)の経営戦略はいたって単純だ。だが、それで両社合わせて、30カ国9,000店舗を展開するまでに成長した。年間利益は20億ドルに達する。いまや、ヴィーサは同国で2番目の富豪で ...

  • 「調理済みの食品」の売上増加、ミレニアル世代のスーパーとの付き合い方

    Maggie McGrath , Forbes Staff

    1年前、消費者がレストランで使う金額がついに食料品店の売上額を上回った。そんな中発表されたある二つの報告書は、食料品の買い物の未来は、レストランでも食料品店(グローサリー)でもなく、その両方を掛け合わせた「グローセラン(Grocerant)」が主流になる可能性があると示唆した。調査会社NPDグループ ...

  • グーグルがスーパーマーケットの強敵に?食料品の買い方を変えるサービスを拡大

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    米国の平均的なスーパーマーケットの面積は4,274平方メートル。平均的なミレニアル世代の若者たちは、そうしたスーパーまで車を走らせ、駐車し、そこから15メートル近く歩いてカートを確保し、必要な食料品を選びながら歩き回ってカートの中に積み上げ、レジの前に並び、また15メートル歩いて車に戻って家に帰り、 ...