• アップルウォッチ売上好調 「前年比50%増」とティム・クック発言

    David Phelan , CONTRIBUTOR

    アップルCEOのティム・クックは、8月1日の第2四半期決算発表の場で、「アップルウォッチの売上が前年度比50%の伸びとなった」と述べた。また、アップルウォッチは競合製品に大幅な差をつけ、世界で最も売れるスマートウォッチとなったと宣言した。実際の数字は明かさなかったが、これはいつものことだ。しかし、ク ...

  • 海外出張をサポートする、ルイ・ヴィトン初のコネクテッドウォッチ

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    男性にとって、腕時計はアクセサリーでもある。海外出張の際にきちんとした時計を持っていく人が多いのは、ビジネス相手に対する礼儀であると同時に、時計を通して自分をアピールする狙いもある。また海外のホテルやレストランでは、時計をみて客筋を判断することも少なくないため、手を抜いてはいけないのだ。しかしながら ...

  • 「フル充電で40時間使える」ファーウェイのスマートウォッチの実力

    Ryan Whitwam , CONTRIBUTOR

    遅延が生じていたグーグルのスマートウォッチOS「Android Wear 2.0」がようやくリリースされ、スマートウォッチ市場が活気づいてきた。スマートウォッチの可能性はまだ未知数だが、購入するのであれば自分のニーズに合った製品を選びたいものだ。ファーウェイは、2015年に「ファーウェイウォッチ」を ...

  • 7期連続赤字の台湾HTC「スマートウォッチ」発売を断念か

    Ralph Jennings , CONTRIBUTOR

    台湾のHTCは予定されていたスマートウォッチの発表を見合わせた模様だ。2年前に同社はスポーツ衣料ブランドのアンダーアーマーと提携し、アスリート向けデバイスのリリースをアナウンスしていた。しかし、ニュースメディア「Wearable.com」は、その計画は頓挫したと伝えている。アナリストらはウェアラブル ...

  • スマートウォッチが売れない 米「フォッシル」株価20%急落

    Ryan Whitwam , CONTRIBUTOR

    スマートウォッチが登場して数年が経つが、一般ユーザーに受け入れられたとは言い難い。米国の時計メーカー「フォッシル」もこの事実に直面した。フォッシルは2月14日に四半期決算を発表。翌日朝の株価は20%の急落となった。業績悪化の最大の要因は、Android Wear搭載のスマートウォッチシリーズだった。 ...

  • グーグルの新スマートウォッチ2機種が「残念」な理由 

    Ryan Whitwam , CONTRIBUTOR

    グーグルがウェアラブルデバイス向けOS「Android Wear 2.0」のリリースをアナウンスした。ウェアラブル領域では苦戦も伝えられるグーグルだが、今回のOSの刷新に合わせ、2機種のグーグル製スマートウォッチが発売される。ベンチャービートの報道によると、製品は韓国のLG社製で「LG Watch ...

  • Fitbitが独自アプリストア開設 「企業向けヘルスケア事業」強化

    Parmy Olson , FORBES STAFF

    先日、スマートウォッチのペブル(Pebble)を買収したFitbitの今後の戦略が見えてきた。Fitbitはペブルのソフトフェア技術を利用し、アプリのエコシステムを構築しようとしている。Fitbit社CEOのジェームズ・パークはCESでの記者会見で、間もなく独自のアプリストアを開設する意向を表明した ...

  • 買収説のスマートウォッチ「ペブル」を今こそ買うべき理由

    Anthony Karcz , CONTRIBUTOR

    ペブルはスマートウォッチの分野でアップルとも張り合えるほどのメーカーだ。しかし、そのペブルがウェアラブル機器メーカーFitBit に買収される可能性があると12月1日に報じられた。これが実現すれば、FitBitは自らのスマートウォッチを前面に押し出すべくペブルの製品ラインをつぶしてしまうだろう。筆者 ...

  • ハイテク下着から睡眠マットまで、次世代のウェアラブルはこんなにすごい

    Nicole Leinbach-Reyhle , Contributor

    スマートウォッチやヘッドフォン、アイウェアなどのウェアラブルデバイス市場は拡大を続けており、サムスンやアップルなどの大手メーカーが次々と製品を発表している。だが消費者はそこまで急いでこの波に乗ってはいないようで、アップルウォッチの売上も事前予想を下回った。それでも2015年にウェアラブル関連に費やさ ...

  • まだまだ目が離せないウェアラブルデバイス4選

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    Apple Watchの登場から、スマートウォッチへの関心が高まった2015年。今年も引き続き注目ジャンルであることは間違いない。また同時に進歩がめざましいウェアラブルデバイス全般からも目が離せない。肌身離さず持ち運んで時間を有効に活用するためのタブレットを含め、ガジェットをうまく選ぶことで能率よく ...

  • インド初の国産スマートウォッチ「JUXT」が発売

    Forbes.com CONTRIBUTORS , CONTRIBUTOR

    腕時計には今、単に時刻を知らせる以上のさまざまな機能が求められている。インド最大の財閥、タタ・グループ傘下のタイタンが初の国産スマートウォッチの開発に乗り出したのはそのためだ。同社が先ごろ発表した「ジャクスト」(JUXT)は、電話の着信のほか、メールの受信やソーシャルメディアで受け取ったメッセージも ...

  • 株価低迷のウェアラブルの王者、Fitbitが背負う「成功の代償」

    Forbes.com CONTRIBUTORS , CONTRIBUTOR

    昨年6月、ウェアラブルテクノロジー企業として初のIPOを実施したFitbitの株価が低迷にあえいでいる。今月初旬、米国のCESでスマートウォッチFitbit Blazeを発表した直後に同社株は18%下落。1月11日には18.50ドルまで値下がりし、最低株価を更新した。Fitbitはスマートウォッチの ...

  • アップルウォッチ 「初代iPhoneを上回る売上」説が浮上

    Aaron Tilley , Forbes Staff

    マーケット調査機関のJuniper Researchは1月12日、Apple Watchが2015年に世界で出荷されたスマートウォッチの52%を占めたと発表した。アップルからの公式な発表はないが、発売されたのが4月であるにもかかわらずこの結果を出せたことは見事と言える。一方グーグルのAndroid ...

  • アップルウォッチを猛追のPebble 健康トラッキング機能を強化

    Forbes.com CONTRIBUTORS , CONTRIBUTOR

    昨年末のクリスマス商戦からスマートウォッチPebbleの大攻勢が始まった。同社は円形デザインのPebble Time Roundを発表したほか、大幅な製品アップデートを行った。アップルのような大企業と競合するPebbleにとって、これらの取組みが成功するか否かは会社の命運を左右する。Pebbleがリ ...