• イーロン・マスクx前澤友作 アーティストが見る月面の姿とは

    Benjamin Wolff , Contributor

    1775年7月30日、ジェームス・クック船長は、南極海を通って地球を周回する3年間の航海を終えて英ポーツマス港に帰港し、英雄として迎えられた。帆船「レゾリューション号」には若き芸術家ウィリアム・ホッジスも乗船。航海の間、ホッジスは絵筆を取り、タヒチやイースター島、そしてポリネシアの先住民や動植物の姿 ...

  • 「大富豪」を宇宙に送るスペースXに求められること

    Ellis Talton and Remington Tonar ,

    ジョン・F・ケネディ米大統領は56年前の9月、テキサス州ヒューストンにあるライス大学で行った演説の中で次のように述べた──。「私たちは月に行くことにした」「私たちはこの10年のうちに月へ行くことにした…それらがたやすいことだからではなく、困難だからだ」そして、日本の衣料品通販サイト大手 ...

  • スペースXの「再利用可能な宇宙船」計画、目標を変更か

    Loren Thompson , CONTRIBUTOR

    イーロン・マスク率いるスペース・エクスプロレーション・テクノロジーズ(スペースX)は、誰も考えていた以上に低料金での打ち上げサービスを提供、市場を“破壊”した。だが、同社が行ったことはそれだけではない。スペースXは他社に先駆けて開発した幾つもの技術によって人々の間に、宇宙産業 ...

  • 誰もが働きたい人気テック企業トップ10

    Jeff Kauflin , Forbes Staff

    テクノロジー分野は、常に人気業界というわけではなかった。20年前は、数学や工学に優れた人材でも、米国で一般に高く評価されることはなかった。しかし現在は、誰もが今一番熱いテック各社で働きたがっている。こうした企業は極めてダイナミックで、他のどの分野の企業よりも成長が早いからだ。求人情報サイトのハイヤー ...

  • E・マスクのスペースXとテスラ起業に学ぶ、成功のための4か条

    Luis E.Romero , CONTRIBUTOR

    読者の皆さんは、仕事の一環で、成功した起業家と知り合ったことがあるあるかもしれない。しかし、類いまれな才能を持つ起業家に出会ったことはあるだろうか?専門家が不可能としたアイデアを実現する魔法使いのような起業家や、懐疑的な人も信者に変えてしまう精神的指導者のような人物だ。こうした起業家の一人がイーロン ...

  • イーロン・マスクが描く「火星移住」計画 100万人規模を視野に

    Alex Knapp , Forbes Staff

    スペースXの創業者兼CEOであるイーロン・マスクは、2012年に打ち出した火星移住計画の最新状況について語った。マスクは「人類が地球にとどまっていたら滅亡は避けられず、他の惑星への移住が生き残る唯一の方法だ」と信じている。しかし、なぜ地球から近い月ではなく、火星でないといけないのか。この点について、 ...

  • 20歳の女子大生が「スペースX」のインターンになれた4つの理由

    Hilary Brueck , Contributor

    ジョージア工科大学で学ぶ20歳のドーン・アンドリューズはこれまで夏休みのアルバイトにベビーシッターをしていたが、今年は全く違う分野で働くという。航空宇宙工学専攻の彼女は、ロサンゼルス郊外のスペースX本社でインターンとして働くことになったのだ。インターンシップを推進する「Brooke Owens Fe ...

  • スペースX「再利用ロケット成功」で見えた宇宙開発の巨大な進化

    Alex Knapp , Forbes Staff

    スペースXは3月30日、再利用したロケットを打ち上げ、通信衛星を軌道に投入することに民間企業として初めて成功した。今回使用した「ファルコン9」ロケットの1段目ロケットは、昨年4月に打ち上げて回収したものだ。ロケットは、通信衛星「SES-10」を軌道に乗せた後、スペースXのドローン船「Of Cours ...

  • 時速1100キロ超の交通システム「ハイパーループ」、年内に本格試験走行へ

    Sam Abuelsamid , CONTRIBUTOR

    金属製のチューブの中を、空中浮上式の車両が超高速で走る――これが都市間を結ぶ交通機関の“未来“なのか。“ハイパーループ“というこの次世代交通機関の構想は、2013年、イーロン・マスクによって初めて公表された。目下開発が進められており、初となるフルスピー ...