• イーロン・マスクが描く「火星移住」計画 100万人規模を視野に

    Alex Knapp , Forbes Staff

    スペースXの創業者兼CEOであるイーロン・マスクは、2012年に打ち出した火星移住計画の最新状況について語った。マスクは「人類が地球にとどまっていたら滅亡は避けられず、他の惑星への移住が生き残る唯一の方法だ」と信じている。しかし、なぜ地球から近い月ではなく、火星でないといけないのか。この点について、 ...

  • 20歳の女子大生が「スペースX」のインターンになれた4つの理由

    Hilary Brueck , Contributor

    ジョージア工科大学で学ぶ20歳のドーン・アンドリューズはこれまで夏休みのアルバイトにベビーシッターをしていたが、今年は全く違う分野で働くという。航空宇宙工学専攻の彼女は、ロサンゼルス郊外のスペースX本社でインターンとして働くことになったのだ。インターンシップを推進する「Brooke Owens Fe ...

  • スペースX「再利用ロケット成功」で見えた宇宙開発の巨大な進化

    Alex Knapp , Forbes Staff

    スペースXは3月30日、再利用したロケットを打ち上げ、通信衛星を軌道に投入することに民間企業として初めて成功した。今回使用した「ファルコン9」ロケットの1段目ロケットは、昨年4月に打ち上げて回収したものだ。ロケットは、通信衛星「SES-10」を軌道に乗せた後、スペースXのドローン船「Of Cours ...

  • 時速1100キロ超の交通システム「ハイパーループ」、年内に本格試験走行へ

    Sam Abuelsamid , CONTRIBUTOR

    金属製のチューブの中を、空中浮上式の車両が超高速で走る――これが都市間を結ぶ交通機関の“未来“なのか。“ハイパーループ“というこの次世代交通機関の構想は、2013年、イーロン・マスクによって初めて公表された。目下開発が進められており、初となるフルスピー ...