• 社員のメール中毒が示す、危険な現代の企業生活

    Sally Percy ,

    ストレスは、現代の職場における大きな問題のひとつだ。では、ストレスを引き起こす主な要因の一つは何だろうか? どうやらそれは、一見ささいなものにみえる電子メールのようだ。いや、より正確に言えば、私たちが毎日受け取る数十通、あるいは数百通の"ささいな"メールだ。調査会社ラディカティ・グループの報告書によ ...

  • 避けられない仕事上のストレス 5つの対処法

    Shelcy V. Joseph , Contributor

    ストレスは諸刃の剣だ。就職時や卒業直前のように、モチベーションを保つのに役立つことがある反面、対処しきれないほどの負担になり、実害を及ぼすこともある。悪い類いのストレスに自ら好んで対処したい人などいない。だがストレスは決して避けられない生活の一部だ。予想外の解雇、異動、仕事の増加など、多くの変化を経 ...

  • 不安やうつから子供を救うヨガの可能性、研究結果が支持

    Alice G. Walton , CONTRIBUTOR

    米国では学校に通う子供たちも大きなストレスを抱えるようになっている。そうしたなか、これまでにも数々の研究によって、ヨガがメンタルヘルスの維持・改善に役立つ可能性があるとの結果が示されてきた。米テュレーン大学が実施、心理科学とその行動管理への適用に関する研究分野を専門に扱うジャーナル「Psycholo ...

  • ストレスの「感染」をマウスの脳で確認、人間も同じ?

    David DiSalvo , CONTRIBUTOR

    ストレスを自宅に持ち帰るのは、決して良いことではないと言われてきた。それが正しいことを裏付ける証拠となりそうな研究結果が、先ごろ英科学誌ネイチャー・ニューロサイエンスに発表された。研究結果によれば、ストレスは脳の特定の構造に変化を生じさせ、その変化が周囲にいる他者の脳にも同様に生じると考えられるとい ...

  • メンタルの強い人が持つ7つの習慣

    Jeff Boss , CONTRIBUTOR

    私は先日、ある公開討論会に登壇し、どのようにして起業家やスタートアップ創業者が「エリート」の思考法を身につけるかを議論した。私が指導するリーダーやチームの中には、メンタルの強さを職業と結びつけて考える人がいる。兵士やスポーツ選手など精神の強さが必要とされる人と、その他の人に二分しているのだ。しかし、 ...

  • 夜間の過食を招くのは日中のストレス、研究でメカニズムを確認

    David DiSalvo , CONTRIBUTOR

    ストレスが多かった日の夜は、あなたをキッチンに誘うホルモンにご用心──。ストレスと夜間の摂食との関係についての研究から、夜中の食べ過ぎを助長するホルモンの作用が、日中のストレスによって増幅することが明らかになった。私たち人間の体は、生活のほぼあらゆる場面でホルモンバランスの影響を受けている。食欲に関 ...

  • バランスの良い「人間関係のポートフォリオ」、できていますか?

    林 久美子 , Official Columnist

    心折れるリーダー、出勤できなくなる会社員……。日常生活のいたるところにストレスは潜み、いくつかの出来事がトリガーになって、ある日突然、ストレスに負けてしまう。もしかしたら、それは明日、あなたを襲うかもしれないのだ──。厚生労働省の平成28年の労働安全衛生調査によると、現在 ...

  • 人付き合いで疲れないための3つの「予防策」

    中井 信之 , Official Columnist

    ストレスは万病の元と言われる。2015年には、従業員50人以上の企業でストレスチェックシートの導入が義務付けられ、自分のストレスは自分で管理する時代となっている。そして、そのストレスを抱える原因は、仕事においては対人関係であることが多い。私たちは、電源のスイッチを入れたり、切ったりするように人との関 ...

  • 職場でできる「マインドフルネス」実践法4選

    Ashley Stahl , CONTRIBUTOR

    職場でのストレスを緩和し、企業文化を改善できるものがあれば、皆さんは試してみたいと思うだろうか?マインドフルネスにはこうした効果があることが分かっており、企業もそれに気が付き始めている。米医療保険大手のエトナは「マインドフルネスセンター」を設立しているし、米グーグルと米スポーツ用品大手のナイキは、瞑 ...

  • 経験者が勧める「ストレス・レベル」を下げる10の方法

    Kate Ashford , CONTRIBUTOR

    米国の労働者の60%以上が毎週の平日のうち、平均3日以上でストレスを感じているという。ストレスの原因となっているのは何なのだろうか?回答者の80%以上は、「仕事」だと答えた。自宅で過ごせる時間が減ることが主な理由だという。中小企業向けの給与処理関連サービスなどを手掛けるペイチェックス(Paychex ...

  • 子ども時代のトラウマは閉経期発症のうつ病の原因 追跡調査で明らかに

    Alice G. Walton , CONTRIBUTOR

    子どものころに経験したストレスと成人になってからの行動や心的状態、不安障害との関連性は、新たな研究結果が発表されるごとに明確になってきている。私たちが子どものころに経験することは、長年にわたって私たちの心身から消えることなく残る場合が多い。特に、何の治療も受けなかった場合にはそうなる傾向がある。ペン ...

  • 最もストレスのない職種、1位は超音波検査士

    Jeff Kauflin , FORBES STAFF

    ストレスは私たちの日常生活に大きな影響を及ぼす。米求人情報サイト、キャリアキャストによると、仕事の中には他の職種に比べ、働く人たちの不安感を大きく増すものがある。同社は先ごろ、約200の職種を対象に「仕事上必要な移動」「業界・職種の成長潜在力」「身体的な負担」など、ストレス要因として挙げられる11の ...

  • 職場でカッとなるその前に… ストレス環境で感情を操る秘訣

    Jeff Kauflin , FORBES STAFF

    大きなストレスを感じる時、人は往々にしてその場の感情に流され、後で後悔するような行動を取ってしまいがちだ。ハーバード大学医学大学院で講師を務める著名な心理学者スーザン・デービッドは新著『Emotional Agility(感情の敏捷性)』の中で、思考という内面的世界をコントロールするための貴重なアド ...

  • 健康な食事も「ストレス」で台無しに? 新たな研究結果

    Alice G. Walton , CONTRIBUTOR

    あなたは、あなたが食べたものでできている――ここ数年、この栄養学の鉄則に反する指摘が幾つかなされている。例えば、「何を」食べるかだけでなく、いつ食べるか、何を飲むか、日々どのような習慣を実践しているかも重要だという指摘などだ。こうしたなか、分子精神医学の学術誌「モレキュラー・サイカイアトリー(Mol ...

  • 休暇中に感じるストレスを吹き飛ばす5つの簡単な方法

    Jeena Cho , CONTRIBUTOR

    年末年始の休暇中には、招かざる客が訪れることもある。ストレスや不安、気分の落ち込みなどだ。色々とストレスを感じることもある時期だが、それでも休暇中は「陽気に過ごしたい」「幸せを感じたい」など、前向きな気持ちでいたいと思うものだ。対策を講じるための、簡単な方法を紹介する。休暇中のストレス対策1. 呼吸 ...

  • キャリアを台無しにする「職場不安」の克服法

    Ashley Stahl , CONTRIBUTOR

    「職場不安」はあなたが思っている以上に一般的な問題だ。放っておくと、自分の人生を支配されかねない。アメリカで不安障害に悩んでいる人は4,000万人にのぼるが、実際に治療を受けている人はその3分の1程度。不安は健康に悪影響を及ぼし、慢性的な疾患を引き起こす可能性がある。また、職場での生産性を下げ、同僚 ...

  • 「忙しすぎる」が口癖のあなたが知るべき12のこと

    Ann Latham , CONTRIBUTOR

    目が回るほど忙しい?やるべきことがあまりに多すぎる?──そう思うなら、今の状況を変えなくてはならない。そして、そうすべき理由は1ダース分ある。1. 1日は24時間しかない。それは誰にも変えられない。2. あなたの「やることリスト」に書かれていることの大半は、実現されないことだ。自分をからかうのはやめ ...

  • 燃え尽き状態を乗り越えるための7つの有効な方法

    Travis Bradberry , CONTRIBUTOR

    あなたが燃え尽きてしまうのは、仕事から何かを得ている以上に注ぎ込んでいると感じるときだ。報われない仕事をしていて、燃え尽き状態になることはある。だが、実際にはあなたが自分自身に対して気を配っていないときに、この状態に陥ることが多い。燃え尽きた状態になる前に、自分で何らかの行動を起こすべきタイミングを ...

  • あなたは大丈夫? 「極度の心配性」の5つの兆候と解決法

    Jan Bruce , CONTRIBUTOR

    私たちの多くは日々、軽度のストレスや不安に悩まされている。保険会社リバティー・ミューチュアル・インシュアランスが実施した調査によれば、38%の人は日常的な不安を抱えているという。不安とそれに伴う怒りがストレス反応を引き起こし、職場や家庭における正常な判断力を失わせる。過度な不安は、死につながることさ ...

  • 「マインドフルネス」は私たちをどう変える? 「瞑想」との違いは

    Alice G. Walton , CONTRIBUTOR

    瞑想を始めてみようと考える理由はさまざまあるが、中でも多いのは、感情的(情動的)反応を抑制したいというものだ。最近では、「マインドフルであること(マインドフルネス)」あるいは「“禅である”こと」が、「(情動的に)反応しないこと、またはそうした反応を減らすこと」と同義語のように ...

  • 「選挙ストレス障害」発症の米国人が増加、乗り切るための対処法は?

    Alice G. Walton , CONTRIBUTOR

    米国民は明らかに、ストレスでかなり参っている。アメリカ心理学会(APA)は10月13日、大統領選の影響で国民が受けているストレスに関する調査の中間結果を発表した。最終的な結果は、来年初めにも公開される予定だ。調査で分かった主な内容は、支持政党にかかわらず、調査対象者の半数以上が大きなストレスを感じて ...

  • 賢い女性たちを襲う「燃え尽き症候群」の原因と対策

    Paula Davis-Laack , CONTRIBUTOR

    次期米大統領候補のヒラリー・クリントンとタレントのシャロン・オズボーン、歌手のセレーナ・ゴメスの共通点はなんだろうか? それは、みな賢く、へとへとになるまで働いた経験がある、ということだ。燃え尽き症候群は、極度の疲労、皮肉な考え方と無力感が組み合わさって生じる慢性的なストレスだ。キャリアの早い段階に ...

  • 裸で眠ると健康でリッチになる、その4つの理由とは

    Travis Bradberry , CONTRIBUTOR

    裸で眠ると熟睡できてお金が貯まり、ストレスが減り、体重も減る──そう言われたら、あなたはどうするだろうか。これらの効果を得るための方法は、数えきれないほど紹介されている。だが、裸で眠ることより簡単に実行できるものはない。さらに、裸で眠ればその他の効果も得ることができる。実際に裸で眠っているという人は ...

  • 五輪選手のようにプレッシャーと闘う カギは「コントロール」

    Jason Selk , CONTRIBUTOR

    開催中のリオデジャネイロ五輪では、人生最大ともいえる夢をかなえたのだろう世界のトップアスリートたちが、戦いを続けている。挑戦の機会は4年に一度しかない──そう考えれば、彼らが受けているプレッシャーがどれほどのものかが分かるだろう。目標を達成できるチャンスは大半の選手にとって、恐らくたった一度しかない ...

  • アメリカ人の6割は「ワークライフバランスに悩み」

    Karsten Strauss , FORBES STAFF

    どんなに仕事が充実していても、働きすぎると燃え尽きてしまいかねない。では一体、仕事の大変さと、そのほかのことで得られる満足感のバランスをとる一番の方法は何だろうか––。言うまでもなく、その答えは人それぞれ。ある調査によると、多くのアメリカ人は自分にとってベストなバランスを見出 ...

  • お金の心配で見た目が老ける? 調査で明らかに

    Kate Ashford , CONTRIBUTOR

    お金の問題に関するストレスは、それがあるというだけでも十分によくないことだ。そうしたストレスは、夜よく眠れなくなるという以外にも、あなたにとってよくないことをもたらす可能性がある──あなたを老けさせるのだ(夜睡眠が十分に取れないから老ける、ということかもしれないが)。専門誌「リサーチ・オン・エイジン ...

  • 空腹だと6割増しでお金を使う? 衝動買いの9つの原因

    Maggie McGrath , Forbes Staff

    誰でも衝動買いをすることがある。あなたの場合、その衝動はどこから来るのだろうか?専門家たちは、支出を減らして貯蓄を増やせと言うが、自分の「買いたい」衝動が起こる根本的な原因が分からなければ、それは難しいかもしれない。最も一般的な衝動買いの原因とされるのは、以下の9つとされている。1. 酔っている、ま ...

  • 米「ストレス度が高いテック大手」ランキング、1位は?

    Karsten Strauss , FORBES STAFF

    目まぐるしく変化し、莫大な金額が動くテクノロジー業界で、成功に向かってのんびり進んで行かれると思っている人はほとんどいない。仕事はきつく、プロジェクトの大幅な変更や方針転換は日常茶飯事だ。アップルやグーグル、アマゾンなどで働くことは、ストレスのかかることだ。これらテクノロジー大手の中で、従業員に最も ...

  • 仕事で最もストレスを感じることは? 米求人サイトが調査

    Karsten Strauss , FORBES STAFF

    私たちの大半は、起きている時間のほとんどを仕事に費やしている。だから、家族や友人とのいざこざやお金の問題を除けば、私たちのストレスのかなりの部分は、仕事が原因だといっても過言ではない。米求人情報サイトのキャリアキャスト(CareerCast)は先ごろ、サイト利用者を対象に仕事とストレスに関するアンケ ...

  • 健全な職場のための新常識? 幸福度を高めるキーワード

    Forbes.com CONTRIBUTORS , CONTRIBUTOR

    新しい年にも慣れてきたころだ。よりバランスが取れ、物事を全体的に考え、先見の見通しを持って行動する職場を実現するために、今年は何を重視すべきか考えてみるのにいい時期だろう。米世論調査会社ギャラップの調査によると、同国企業の従業員の70%は職場に感情的なつながりを感じていない。雇用主は職場に健康的な感 ...