• 一流大学20校に合格した米高校生、選んだのはスタンフォード大

    Susan Adams , Forbes Staff

    出願した一流大学20校全てに合格した米ヒューストンの高校生マイケル・ブラウン(17)は、ハーバードやエール、ジョージタウンを蹴り、スタンフォードを進学先に選んだ。4月中旬に私が話を聞いたとき、ブラウンは既にペンシルベニア、ポモナ、ウィリアムズといった超難関校を候補から外し、上記の4校に選択肢を絞って ...

  • 一流大学20校に合格、2800万円もの奨学金を得た米高校生

    Susan Adams , Forbes Staff

    米ヒューストンのラマー高校に通うマイケル・ブラウン(17)が作文好きだったのは幸いだ。彼は、出願した一流大学20校全てに合格し、計26万ドル(約2800万円)もの奨学金を得るために、50本以上のエッセーを書く必要があった。「ストーリーを語りながら、何か大切なことを伝えようとするのが好きなんです」。ブ ...

  • 名門スタンフォードが首位、米大学ランキングTOP50

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    全米の名だたる大学を選定するフォーブス誌「アメリカ大学ランキング」。今年も上位660校が教育と経営の両面から選ばれた。2016年版で栄冠に輝いたのは、西海岸の名門スタンフォード大学。HP(ヒューレット・パッカード)からスナップチャットの創業者まで、同大学は数々の卓越した起業家を生み出してきた。加えて ...

  • スタンフォード大学ティナ・シーリグ教授が語る「情熱とスキルと市場の重なるところ」

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    世界的ベストセラー『20歳のときに知っておきたかったこと』で知られるティナ・シーリグ教授。起業家育成のエキスパートは「使命」について何を語るのだろうか。たとえば、強烈な嵐が過ぎ去ったとき、地上に生え続けている木と、そうでなく倒れてしまっている木があります。それはなぜでしょうか。多くの人は、簡単にその ...

  • ナイキ創業者、スタンフォード大学に4億ドル寄付の狙い

    Ryan Mac , Forbes Staff

    ナイキ創業者で会長のフィル・ナイトは2月24日、米スタンフォード大学と共同で、大学院生を対象とした7億5,000万ドル(約845億9,000万円)の奨学プログラム基金を設立すると発表した。これは、英オックスフォード大学のローズ奨学制度に倣ったものだ。スタンフォード大学ビジネススクール出身のナイトは、 ...

  • 「リアルな知識」だけが実務で意味を持つ [先駆者たちが語る 最高の失敗]

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    研究者になって初めて“勝ち組”だ—。世界でも有数の大学院の博士課程で学ぶとき、そう言われるものです。一流の教育機関で研究者になって、後進の指導に当たる。つまり、大学に生涯を捧げるように求められるのです。この考え方は、まちがっていると思います。ただ、まだ若かった頃の ...

  • 日本は「米国式経営」を模倣すべきではない[世界の権威に聞く「最新・企業経営論」]

    肥田 美佐子 , JOURNALIST

    "今もこれからも社員が「競争優位確保のための大切な源泉」であることに変わりはない。" 米国西海岸屈指の経営学者といえば、スタンフォード大学ビジネススクールのジェフリー・フェファー教授をおいてほかにはいない。同大学の教壇に立って35年余り。「人材重視の経営」が結果的に企業の収益増につながることを書いた ...