• あなたは飲める? スウェーデンの「下水ビール」 国内外で反響呼ぶ

    Eustacia Huen , CONTRIBUTOR

    多くの人が愛するビールだが、1パイント(約470ミリリットル)を製造するのに約76リットルの水が必要なことを考えると、環境に優しい飲み物とは言えない。だが皆さんは、いくらサステナビリティー(持続可能性)のためとはいえ、浄化された下水で作られたビールを飲めるだろうか?スウェーデンのビール製造企業ニーヤ ...

  • スウェーデンの会社に退職金も手当も存在しない理由

    吉澤 智哉 , Official Columnist

    スウェーデンの企業で転勤は存在するのか。もちろんある。ただし、会社側からの一方的な命令を、渋々承諾するということはありえない。仮に転勤の打診を断ったところで、出世に響いたり、社内での立場が悪くなったりということもない。少なくともスウェーデンでは、自分が住む場所として選んだ土地で仕事を見つけるのが、一 ...

  • 履歴書に空白があってもいい国、スウェーデンの働き方

    吉澤 智哉 , Official Columnist

    2016年3月、私は妻と2人の娘たち、一家4人でスウェーデンへ「移民」として引っ越してきた。日本での前職を生かしてこちらで職を得て、自動車の部品メーカーでエンジニアとして働いている。こちらに来て強く実感しているのは、働き方もキャリア形成も、ワークライフバランスも、どうやら日本とかなり異なるということ ...

  • 私が家族でのスウェーデン移住を決めた理由

    吉澤 智哉 , Official Columnist

    私が家族とともにスウェーデンへの移住を決めたのは2015年12月、34歳の時だった。東京にマイホームを購入したばかりのサラリーマンだったが、妻と話し合いながら、つねづね抱えていた疑問を解消するため、迷わずスウェーデンへの移住を選択した。周囲からはいろいろなことを言われたが、私と妻には何の不安もなく、 ...

  • 小売業界のレジェンド、イケア創業者の「革新を生む10の価値観」

    Neil Stern , CONTRIBUTOR

    「レジェンド」というのは、何かにつけてよく使われる言葉だ。特に、亡くなったばかりの人について話すときには頻繁に用いられる。ただ、この言葉で表すのが本当に適切だという人は数少ない。だが、そう呼ばれるだけの十分な資格を持つのが、先ごろ死去した「小売業界のレジェンド」、スウェーデンの家具大手イケアの創業者 ...

  • トランプ発言で困惑のスウェーデンは「危険な国」?

    David Schrieberg , CONTRIBUTOR

    ドナルド・トランプ米大統領の「事実を作り出したがる傾向」が、スウェーデンを混乱させている。同国はトランプが2月18日に行った集会での演説、そしてツイッターへの投稿によって広められた「誤った情報」に即座に反論した。スウェーデンには、抑圧された人たちの避難先としての長い歴史がある。だが、政府はそうしたこ ...

  • 米イケア、最大4か月の有給育児休暇を導入 本国では480日間

    Clare O'Connor , Forbes Staff

    スウェーデンの家具チェーン、イケア(IKEA)が米国で最大4か月の有給育児休暇の導入に乗り出す。性別を問わず米国の全従業員が対象で、月給ベースの従業員、時給ベースの従業員の双方が利用可能。出産や養子縁組み等の形式は問わず、全ての親になる雇用者を対象としている。米国ではテック業界や大手企業の間で有給育 ...

  • 物流の未来を担う「Eハイウェイ」 スウェーデンで実験開始

    Federico Guerrini , Contributor

    スウェーデンが公道において世界で初めて電気トラック向けのEハイウェイを試験的に導入した。カリフォルニアでも計画が進行中だ。Eハイウェイとは、路面電車のように架線を設置して専用のトラックを走らせるもの。スウェーデン政府がストックホルム北部のE16ハイウェイに開設した軌道を、2台のディーゼルハイブリッド ...

  • Spotifyが本社移転か スウェーデンの「高すぎる税金」から避難

    Hugh McIntyre , CONTRIBUTOR

    音楽ストリーミングサービス最大手のスポティファイ(Spotify)は、近年、音楽業界で最も成功しているスタートアップのひとつであり、スウェーデンが誇る企業だ。スウェーデンは首都ストックホルムをスタートアップやテック企業、また、あらゆるイノベーションのハブにしようと取り組んでおり、スポティファイの輝か ...

  • 3Dスキャンで「靴選び」を変える25歳の女性起業家

    Clare O'Connor , Forbes Staff

    「女性の半数は、足に合わない靴を買い続けています」と、25歳のキャロライン・ヴァルドは言う。彼女はスウェーデンのストックホルムを拠点とするVolumental社を運営。3Dスキャンを利用したテクノロジーで、人々の靴選びに革新を起こすことを目標としている。フォーブスが初めて発表した「30アンダー30ヨ ...