• いつの時代もブランドの顔 「ドレスウォッチ」新作6選

    福留 亮司 , CONTRIBUTOR

    時計とは、不思議な工業製品である。機械式時計に限っていえば、その仕組みの大半が1世紀も前に開発されたものだからだ。つまり、精度や仕上げは格段に進化しているものの、100年前のものと現在のモデルを同一線上で語ることができるのである。 そんな背景を持っている時計だからこそ、人々は世代を超えて語り合う。い ...

  • 時計の可能性を広げるイノベーティブな腕時計

    福留 亮司 , CONTRIBUTOR

    現在の腕時計の主流である機械式時計は、13世紀に誕生したといわれている。地球の重力を利用し、錘りを動力とした「重錘時計」がその始まりということだ。それが一気に発展したのは、18~19世紀にかけてである。天才アブラアン・ルイ・ブレゲをはじめとした優秀な時計師たちにより、トゥールビヨン、永久カレンダーな ...

  • 機械式時計の魅力が詰まった高度な技術「超複雑機構」

    福留 亮司 , CONTRIBUTOR

    時計の価格を決める際、もっとも重要となるのはケース素材ではなく、そのケースに収められた機構である。もちろん、プラチナ、ゴールドといった高級素材を使用することで価格はアップするのだが、全体に占める割合は機構には及ばない。それは、大前提としては機械式であること。機械式時計は、職人の手で一つひとつ機械が組 ...

  • 実力がないと作れない「スケルトンウォッチ」の魅力

    福留 亮司 , CONTRIBUTOR

    機械式時計の最大の魅力は、数百もの部品によって組み立てられたムーブメントである。精巧に作られた部品が、有機的に連絡し合うことで時刻を表示する。その動きに、機械にも関わらず人間的な温かみを感じるからである。熱心な時計ファンともなれば、時計を腕に着けるだけでは飽き足らず、耳を澄ましてゼンマイが巻き上がる ...

  • ダイヤルに表現されたもう一つの暦、ムーンフェイズ百花繚乱

    福留 亮司 , CONTRIBUTOR

    今年のSIHHとバーゼルでは、ダイヤル上にお月様が載ったムーンフェイズ・モデルの多さも目についた。古くから太陽暦を採用していた西洋に比べ、近代まで月の運行を元にした太陰太陽暦が用いられた日本では、比較的親近感のあるモデルでもある。では、腕時計に搭載されているムーンフェイズ機構とはどのようなものなのか ...

  • 素材が増えて可能性が広がる─ 美しきコンビケースモデル4選

    福留 亮司 , CONTRIBUTOR

    一昔前は比較的所有率も高く、“コンビモデル”は主流な腕時計のひとつだった。コンビモデルとは、ゴールドとシルバーなど異なる色、素材を組み合わせた腕時計のことで、フルゴールドよりも控えめながら、少し華やいだ雰囲気を作り出すということで人気を博していた。当時はほぼステンレススチール ...

  • 定着した「ビジネスにも最適」な小径モデル、30mm台の腕時計5選

    福留 亮司 , CONTRIBUTOR

    20世紀中は、直径30mm台の腕時計が主流だった。30mm台後半でも大型だったが、今世紀に入り、その流れはどんどん大型に。45mm、47mmといったモデルが登場し、腕時計は大きく、華やかになっていった。それに呼応するように、世界的な時計ブームが起こり、さまざまなモデルが誕生してきた。そのなかには、数 ...

  • 今年最大の時計トレンド、「復刻モデル」と「クラシックデザイン」

    福留 亮司 , CONTRIBUTOR

    2000年代の大型化、複雑化の反動、そして、リーマンショックの影響もあり、ここ数年、時計界では「バック・トゥ・ザ・ベーシック」という言葉が聞かれるようになった。そうなると、まず出てくるのが復刻モデルである。ヴィンテージ時計のファンも少なからずいるように、クラシックなデザインを持つこのカテゴリーは、常 ...