• これもトランプ効果? ジャーナリスト志望の米大学生が急増中

    Paul Fletcher , Contributor

    米国ではドナルド・トランプ政権の誕生以降、「フェイクニュース」に対する批判が高まる一方で、ニューヨーク・タイムズ(NYT)やウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)などの大手紙は、購読者数を伸ばしていることが広く知られている。しかし、ここに来て新たな"トランプ効果"が見えてきた──。ジャーナリスト ...

  • 音楽と新聞、スポティファイとNYタイムズ提携に浮かぶ「暗雲」  

    Cherie Hu , CONTRIBUTOR

    ニューヨーク・タイムズ(NYT)は、デジタル版の「All Accessプラン」契約者向けにスポティファイの「プレミアムプラン」を無料で提供する取組みを開始した。「All Accessプラン」の通常料金は週当たり3.75ドルだが、スポティファイがセットになった新プランは初年度が週5ドルとかなりお得だ( ...

  • 米国にはびこる偽ニュースの「恐ろしい」実態

    Zack O'Malley Greenburg , Forbes Staff

    皆さんは、次のニュースに聞き覚えがあるだろうか。「リチャード・ブランソン、ツェッペリン再結成ツアーに8億ドル提示」「テイラー・スウィフトの年収、3億6,500万ドルに到達」「プリンス未公開音源、ジェイ・Zが4,000万ドルで購入希望」──あったとしたら残念だが、これらはどれも実際に起きた出来事ではな ...

  • NYタイムズ、31億円でガジェット系メディア買収 創業者はギズモード出身

    Dana Feldman , CONTRIBUTOR

    ニューヨーク・タイムズは10月24日、創業5年のオンラインメディア企業「ワイヤーカッター(The Wirecutter)」を買収すると発表した。ワイヤーカッターはギズモードやワイヤードの元編集者で、テクノロジー系ジャーナリストのブライアン・ラムが設立したメディア。様々なガジットに関する口コミ情報を掲 ...

  • アメリカで復活を遂げる地元紙の裏側

    Zack O'Malley Greenburg , Forbes Staff

    ノースカロライナ州ヘンダーソンビルの街角。年代物のスポーツカーが並ぶ中古車販売店の奥に、未来の地方ジャーナリズムの先駆けとなるトレーラーハウスがある。それは、Hendersonville Lightningの本社だ。発行部数2,000部、1号につき75セントで毎週発売している。2012年にベテラン新 ...