• シンギュラリティ大学CEOが語る、イノベーションに必要な条件

    肥田 美佐子 , JOURNALIST

    起業家精神を持った社員を評価せよ世界がすさまじい速さで変化し、誰もがテクノロジーを手にできるようになった今、企業が競争優位を保てる年数は確実に短くなっている。規制は緩和され、新規参入の壁は低くなり、スタートアップが次々とイノベーションを起こすー。そうした時代にカギとなるのは、破壊的イノベーションの創 ...

  • 「意志力、高度なビジョン、分野を超えた思考法」これがイーロン・マスクだ

    肥田 美佐子 , JOURNALIST

    米Forbesが選定した「世界で最もイノベーティブな企業ランキング2016」。昨年に続く1位にはテスラモーターズが輝いた。”真に破壊的”な起業家イーロン・マスクの現在地は。指数関数的に進化する最新の「エクスポネンシャル・テクノロジー」を駆使した、次世代の自動車・交通機関像-。 ...

  • 学生発、シンギュラリティ大学も認めた「自閉症」支援ウェアラブル

    Janet Burns , CONTRIBUTOR

    自閉症スペクトラム(ASD)の子供は、興奮したり「メルトダウン」(癇癪)を起こしたときに自分の感情をコントロールすることが困難なため、家族のサポートが不可欠だ。そこで、自閉症の子供を持つ親のために、メルトダウンが起こる予兆を知らせ、予防するウェアラブルデバイス「Reveal」が開発された。開発元企業 ...

  • 100億円かけて3年で30社! 東南アジアに新産業を興す日本人

    山本 智之 , Forbes JAPAN 編集部

    「大きなスケールでモノを考える」ー。シンギュラリティ大学創業者ピーター・ディアマンディスがあげる社会を変える優れた起業家に必要不可欠な能力。東南アジアでそれを地で行く日本人起業家がいる。エス・エム・エス創業者・諸藤周平だ。「『新しい産業をつくる』という壮大なミッションのもと、東南アジアという広い地域 ...

  • シンギュラリティ大学CEOが語る「未来をつくるテクノロジー」

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    人類の最も困難な課題に加速度的に進化するテクノロジーで取り組むため―。「未来に最も近い大学」を率いるロブ・ネイルCEOが未来のリーダー像を語る。[前編はこちら]米テスラモーターズのイーロン・マスク、グーグルの共同創業者ラリー・ペイジとセルゲイ・ブリン、フェイスブックのマーク・ザッカーバーグCEOらは ...

  • 世界のエリートが殺到する「未来に最も近い大学」の全貌

    肥田 美佐子 , JOURNALIST

    「エクスポネンシャル(飛躍的)・テクノロジー」を駆使し、人類の大きな課題を解決し、地球上の10億人にポジティブな影響を与える。シンギュラリティ大学は、こうした使命の下で、1〜3日の短期講座や10週間の集中研修・フィールドワークプログラムなど長期コースに加え、10週間の「シンギュラリティラボ・スタート ...

  • シンギュラリティ大学CEOが語る「新しいリーダーに必要なこと」

    肥田 美佐子 , JOURNALIST

    人類の最も困難な課題に加速度的に進化するテクノロジーで取り組むため―。「未来に最も近い大学」を率いるロブ・ネイルCEOが未来のリーダー像を語る。シンギュラリティ大学で心がけているのは、リーダーがテクノロジーや未来について新しい視点を見いだす一助となるような授業だ。未来をつくり上げていくにはどのような ...