• 米国連大使サマンサ・パワーが語る「情熱の源」、声を届ける立場は名誉なこと

    Moira Forbes , FORBES STAFF

    テロや病気、戦争や虐殺など、世界の脅威は増すばかりに思える。サマンサ・パワーは米史上最年少の国連大使として、この複雑かつ危険な世界でアメリカを代表して外交に取り組んでいる。ピューリッツァー賞の受賞歴もあるパワーは、ジャーナリストとしてのキャリアを経て、オバマ政権の国家安全保障会議のメンバーに入った。 ...