• ピーター・ティール出資のIoTセキュリティQadium 4千万ドルを調達

    Thomas Fox-Brewster , FORBES STAFF

    大物投資家のピーター・ティールが支援することで知られるサイバーセキュリティ企業「Qadium」が4000万ドル(約44億円)のシリーズB資金調達を実施した。同社CEOのティム・ジュニオは元CIAのアナリストで、ネットワークに接続されたあらゆるデバイスを1時間以内に検知可能にすることをゴールとしている ...

  • クロームの「翻訳プラグイン」に潜む悪質ウイルスが発見

    Lee Mathews , CONTRIBUTOR

    グーグルのブラウザ「クローム(Chrome)」のプラグインを乗っ取り、不正な広告を表示させるハッカー攻撃が明らかになった。ハッカーに乗っ取られたのはグーグルクローム向けの翻訳プラグイン「Copyfish」だ。大人気のプラグインとは言い難いが、その3万人のユーザーに対して広告を表示すれば、比較的短期間 ...

  • 世界規模の身代金ウイルス攻撃 「成功報酬型モデル」で拡散か

    Thomas Fox-Brewster , FORBES STAFF

    ロシアを中心に大規模なウイルス攻撃が広まっている。カスペルスキーによると少なくとも2000に及ぶ組織が影響を受けており、被害はウクライナやロシア、英国、そして米国にも拡大中だ。今回のウイルスは以前から存在したPetyaの亜種で、NotPetyaと呼ばれるものとされる。イギリスの広告大手WPPやロシア ...

  • VPNへの関心、米国で急上昇 プライバシー保護撤廃で不安拡大

    Enrique Dans , CONTRIBUTOR

    米国で最近、既存のプライバシー保護規定を撤廃し、インターネット接続業者(プロバイダー)による顧客の閲覧データ販売を容認する決議案が、上下両院で可決された。これを受けネット利用者の間ではVPN(仮想プライベートネットワーク)に関する検索数が急増しており、VPN利用者数は飛躍的に増える見込みだ。VPNは ...

  • サイバーセキュリティを経営課題と捉える時代 日本企業を狙うマルウェアへの対応策とは

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    ここ数年、日本企業をターゲットにした標的型サイバー攻撃が急激に増えている。そんななかで、 Office 2007のサポートが2017年10月10日に終了する。企業は、サイバー攻撃にどのように備えるべきなのか。本誌副編集長の谷本有香が、セキュリティの専門家であるIPAの松坂志、J ...

  • ネット検閲を通知するアプリ 「自由を推進する団体」が開発

    Lee Mathews , CONTRIBUTOR

    ここ数年でTor(トーア)プロジェクトの名前をニュースで見聞きする機会が増えている。Torのミッションは「無償でオープンな匿名化技術を開発し、人権の保護と人々の自由を推進すること」だ。そのTorプロジェクトが生んだソフトウェアの一つにOONIがある。OONIを使うとユーザーは自分のオンライン活動が監 ...

  • PwC「グロバール情報セキュリティ調査」が教える日本の課題

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    PwCコンサルティングは2016年11月、「グローバル情報セキュリティ調査2017」を発表した。サイバー攻撃の件数が増加する中、セキュリティ対策の重要性は日に日に増している。世界でサイバーテロへの不安が広がる今、サイバー空間におけるセキュリティの重要性は日に日に増している。では、企業が多くの予算を割 ...

  • 史上最悪のウェブ広告詐欺 連日「5億円」以上の被害が発生中

    Thomas Fox-Brewster , FORBES STAFF

    ロシアの犯罪集団が毎日300万ドル~500万ドル(約3億5,200万円~5億8,700万円)の広告収入を不正に得ていると、セキュリティ企業White Opsが12月20日に発表した。ボットを使って人間が広告動画を視聴したかのように見せかける手口で、これまでに発覚しているデジタル広告詐欺では最大規模だ ...

  • ハリウッドセレブら130名のヌード等、奪取のハッカー 禁固5年に

    Lee Mathews , CONTRIBUTOR

    バハマ在住のアロンゾ・ノウルズ(24)は昨年12月、不正な手段で得た19の台本を7万5,000ドル(約853万円)で販売しようとした。しかし、買い手の正体はおとり捜査官で、彼は禁固5年の判決を受けた。ノウルズは少なくともセレブとその友人たち130人のEメールアカウントとコンピュータに不正にアクセスし ...

  • ザッカーバーグがハッキング被害 今年3度目、プロフィールが改ざん

    Lee Mathews , CONTRIBUTOR

    マーク・ザッカーバーグが今年3回目のハッキング被害に遭った。ハッカー集団のOurMineが犯行声明を出している。今回の標的になったのはザッカーバーグのピンタレストのアカウントだ。OurMineは今年6月にもザッカーバーグのアカウントを攻撃し、ツイッターとピンタレストのアカウントへの侵入に成功していた ...

  • 進化するテクノロジーと高まるサイバーリスクにどう向きあうか

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    テクノロジーが目覚ましい進化を続ける昨今だが、どのようにビジネスに生かせばよいのか。今年6月、「Businnovare(ビジノヴェア)PwC Technology Day」に各分野の有識者たちが集まり、議論を交わした。加速度的に進化するテクノロジーは、どんなビジネス・インパクトをもたらすのか。PwC ...

  • タニウム幹部が語る「サイバーセキュリティ」最前線

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    いよいよ日本に本格導入が始まった、まったく新しい発想のセキュリティ危機管理システム、タニウム・プラットフォーム。今までのウイルス・マルウェア駆除システムとどこが違うのか。来日中の同社幹部に、彼らが示す「発想の転換」を聞いた。2015年度のガートナー報告によると、情報セキュリティ技術業界が昨年度サイバ ...

  • サイバー犯罪対策のコスト、2019年には2兆ドルの大台突破も?

    Forbes.com CONTRIBUTORS , CONTRIBUTOR

    のっけから恐縮だが、「クライム・ウェーヴ(犯罪の急増)」という表現では生ぬるすぎたかもしれない。サイバー犯罪対策として企業が負担を余儀なくされているコストの急激な増加を考えたなら、「エピデミック(伝染病の蔓延なみの猛ペース)」という言葉こそがふさわしそうだ。IBMのバージニア・ロメッティ会長兼社長兼 ...