• コーヒーの淹れ方にも「仕事ぶり」や「性格」が出る

    堀 香織 , CONTRIBUTOR

    コーヒーブランド「% ARABICA」の京都、クウェート、ドバイ店、ウーバーの日本オフィスなどを手がけた建築家・加藤匡毅氏。クリエイティビティを醸成させる大切な時間と空間について聞いた。店舗やオフィス、ときには住宅など、建築・インテリアから音響設計に至るまでを手がける空間デザイナーをしています。最近 ...

  • 長期的な健康効果が科学的に確認された10の食品

    Alice G. Walton , CONTRIBUTOR

    世界各国で現在、主な死因に挙げられる病気の多くが、健康に良くない食生活と関連している。これは、多くの人たちの食生活が「西洋化」したこととも関わりがある。そうした中で、長期的な健康の維持に関連があると見られるものについてはこれまで、さまざまな研究が行われてきた。健康の維持や回復に効果があることが科学的 ...

  • 善悪あるコーヒーの健康「効果」、理解しておきたい本当のところ

    David DiSalvo , CONTRIBUTOR

    健康への影響に関する研究のうち、コーヒーほど示される結果に違いがあるものは珍しい。そこで、コーヒーを飲むことが私たちの体にもたらす影響のうち、良いニュースとそうではないものについて、主なものをまとめて紹介する。朗報1:長生きできる?早期死亡の可能性が、コーヒーを1日2~4杯飲むことで低下していると見 ...

  • コーヒーのテイクアウト率、最も高いのは「忙しい」日本

    Niall McCarthy , CONTRIBUTOR

    コーヒーを持ち帰りにするか、それとも店内でゆっくり飲むか、どちらを好む人が多いかは国によって大きく異なる。コーヒーをテイクアウトで注文する人の割合は、忙しく慌ただしい一日を過ごす人が多い国で高くなり、イタリアやスペインのようにゆったりとした雰囲気の国では低くなっていることが分かった。市場調査会社NP ...

  • 少量のコーヒーが肝臓を救う? 硬変のリスクを避ける効果確認

    David DiSalvo , CONTRIBUTOR

    コーヒーを飲む習慣を肯定してくれる情報は、コーヒー好きにとってはいつでも大歓迎だ。コーヒーは「主要臓器の機能を保護してくれる」と聞けば、この人たちはどう思うだろうか?肝臓は血液中に入ったあらゆるものをろ過するという重要な役割を果たす。また、肝臓が持つ機能は500近くに上り、これを上回る数の機能を持つ ...

  • 双尾の人魚からプリンセスへ スターバックスの誕生とロゴ変遷の歴史

    Ronald Holden , CONTRIBUTOR

    スターバックスのロゴを始めて描いた人物は、グラフィックデザイナーのテリー・ヘクラーだった。時代は1970年代初頭。米国では当時、コーヒーといえばフォルジャーズやヒルス・ブラザーズのブリキ缶入り製品が主流だった。スターバックスの創業者たちが何度もアイデアを出し合い、同社黎明期のアイデンティティーを作り ...

  • 三菱製ロボットがコーヒーを淹れる「Cafe X」 世界展開を開始

    Aaron Tilley , Forbes Staff

    大きなガラスの向こうで、6軸アームのロボットがコーヒーの入ったカップを前後に動かしている。後ろに置かれた2つのコーヒーマシンが、豆をひき、エスプレッソとミルクを注ぐ――。三菱電機が産業用途向けに設計したロボットアームは、カップをガラスの近くに置き、客を待つ。客がスマホに送られた4桁のコードを入力する ...

  • コーヒー1杯に12ドル スタバが挑む高級チェーン、業界改革なるか

    Bryan Pearson , CONTRIBUTOR

    先日退任が発表されたスターバックスのハワード・シュルツ最高経営責任者(CEO)は今後、1杯12ドル(約1,400円)の高級コーヒーを提供する新規チェーンの立ち上げに取り組む予定だ。「スターバックス・リザーブ・ロースタリー」初の店舗は2年前、シアトルにオープンした。「コーヒーのシュライン(聖堂)」を自 ...

  • 退任表明のスタバCEO、今後は「米国のためにも活動」 政界進出は否定

    Maggie McGrath , Forbes Staff

    スターバックスは12月1日、ハワード・シュルツ最高経営責任者(CEO)が2017年4月3日付けで退任することを発表した。その後は常勤会長として同社にとどまり、新たな戦略的イニシアチブを取る役割と、高級コーヒー豆を扱うラインの「スターバックス・リザーブ・ロースタリー」の事業拡大に専念する。後任には、ケ ...

  • 米中で好調のスタバ、欧州事業は伸び悩み 「氷ばかりでコーヒーが足りない」?

    Maggie McGrath , Forbes Staff

    スターバックスが7月21日に発表した2016年第3四半期(4~6月期)の決算は、氷ばかりでコーヒーが足りないアイスコーヒーのようだった。つまり、何もない訳ではないが、それで足りているという訳でもない、という結果だ。それを反映するかのように、同社の株価は同日の時間外取引で下げに転じた。世界全体での純利 ...

  • 進化する「第3のコーヒー」の波、ベイエリアから各地へ

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    いま、世界的に「コーヒー」がアツい。日本でも昨年、“コーヒー界のアップル”こと米人気店「ブルーボトルコーヒー」の上陸が話題になった。特に、アメリカでは「第3の波」と呼ばれる、新手のコーヒー店が次々と誕生している。コーヒーをお洒落に効率よく提供するスターバックスやタリーズといっ ...

  • 「脳」を健康に保つための7つの習慣〜食事編〜

    Alice G. Walton , CONTRIBUTOR

    私たちの体の中にある臓器はすべて、それぞれが重要な役割を果たしている。だが、それらの中で圧倒的な重要性を持つのが「脳」だ。それは、脳は私たちが眠っている間を含めて常に休むことなく、非常に活発に働いているからだ。脳は大量のエネルギーを消費し、機能し続けるために一定の量と種類の栄養素を必要とする。その脳 ...

  • コーヒーの結腸がん予防効果、イスラエルで確認 カフェイン抜きも有効

    Alice G. Walton , CONTRIBUTOR

    コーヒー好きの人たちにとっては10年ほど前から、朗報が続いている。コーヒーに関する「罪の疑い」はここ数年で解消され、以前のように罪悪感を持ちながら楽しむ必要がなくなったばかりでなく、いまや健康に良い食品だと宣言されたと言ってもよいほどだ。コーヒーが心臓病や一部のがん、糖尿病、うつ、パーキンソン病、認 ...

  • 価格はスタバの約2倍、ザッカーバーグも虜の「フィルズコーヒー」

    Ryan Mac , Forbes Staff

    フェイスブックのマーク・ザッカーバーグCEOとプリシラ・チャンは2012年5月、親しい人だけを招き内輪の結婚パーティーを行った。限られた人だけが参加を許された場で、コーヒーを振る舞っていたのは、フィルズコーヒー(Philz Coffee)の経営者親子だった。ザッカーバーグは翌日のブランチでも、彼らの ...

  • イタリア進出を発表のスタバ、克服すべき6つの課題とは

    Katie Sola , FORBES STAFF

    米コーヒーチェーン大手のスターバックスは2月29日、イタリア・ミラノに同国初の店舗をオープンすると発表し、注目を集めた。同社のハワード・シュルツCEOはイタリアのカフェに影響を受けて、コーヒーショップを開業したと語っている。だが、コーヒーに対する同社のアプローチは、イタリアのカフェ文化とは大きく異な ...