• 社名変更の「コーチ」を待ち構える厳しい現実

    Pamela N. Danziger , CONTRIBUTOR

    企業にとって、社名変更は一大事だ。重要なブランド知名度を失い顧客を困惑させ、自らに差し迫った危険を招く可能性がある。米フォーチュン誌に以前に掲載された記事は企業の社名変更について、次のように述べている。「そのブランドにとって善かれあしかれ、企業が戦略を展開する中で、社名が変更されることはある&hel ...

  • コーチのケイト・スペード買収、アナリストらが歓迎する理由

    Grace L. Williams , CONTRIBUTOR

    高級服飾ブランドの米コーチは5月8日、同業のケイト・スペードを24億ドル(約2710億円)で買収すると発表した。両社はともに、今回の合意に前向きだったようだ。コーチのビクター・ルイス最高経営責任者(CEO)は発表文で、ケイト・スペードは「卓越したブランドであり続ける力を持つと同時に、ミレニアル世代の ...

  • 今、リーダーに求められている「脱リーダーシップ論」とは

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    ラグビーの「知性」と「野性」を巡る、コーチングディレクター中竹竜二の探求心2009年1月10日の「荒ぶる」中竹竜二には忘れられない試合がある。記憶は一足飛びに、冬の乾いた空気に「荒ぶる」が響き渡る、2009年1月10日の国立競技場へと遡る。大学選手権決勝戦、この日、早稲田大学は強豪帝京大学に勝利して ...

  • 苦戦続いたコーチ、北米で復活の兆し ブランドイメージ再構築へ

    Lauren Gensler , Forbes Staff

    販売不振に苦しみ、さまざまな戦略で挽回を目指してきた高級バッグ・小物のコーチ(COACH)だが、米国内はでようやくその成果が見え始めたようだ。同社は落ち込んでいた客足の回復を目指して、衣類や靴など取り扱う商品の幅を拡大。店舗のリニューアルを行う一方で、販促にかける費用などを縮減してきた。また、百貨店 ...