• セリーナが全米OP決勝で激怒 感情を制御するにはどうすれば?

    George Bradt , CONTRIBUTOR

    全米オープンテニス決勝に出場したセリーナ・ウィリアムズは、主審に対する反応によりポイントやゲームだけでなく、試合と優勝のタイトルさえ失った──。彼女と同じ過ちを犯してはいけない。自分ではコントロール不能な出来事もあるが、そうした出来事にどう対処するかはあなたが制御できるし、しなければならない。セリー ...

  • 就職活動で落ち込んだとき、覚えておくべき3つのこと

    Vicky Valet , Forbes Staff

    あなたは夢の仕事を胸に抱き、履歴書を更新して、面接で聞かれそうな難しい質問への答えも用意し、就職活動の準備は万端な状態かもしれない。しかし、労働市場がどんなに求職者に有利な状況であっても、内定を獲得するまで一度もつらい経験をしなくて済むとは考えにくい。人材コンサルティング企業ロバート・ハーフの上級エ ...

  • 「自己不信」を克服する5つの方法

    Annabel Acton , Contributor

    イノベーターでも起業家でも、スタートアップ企業で働く従業員でも大手企業の中で自らの信念を貫こうとする人でも、誰でも自分自身に対する不信感(自己不信)に悩まされることがある。自分自身に疑いを持つ気持ちは、私たちを守るためのメカニズムだ。例えば同僚たちの前で愚かな人間に見られるような行動を取らないために ...

  • 職場でカッとなるその前に… ストレス環境で感情を操る秘訣

    Jeff Kauflin , FORBES STAFF

    大きなストレスを感じる時、人は往々にしてその場の感情に流され、後で後悔するような行動を取ってしまいがちだ。ハーバード大学医学大学院で講師を務める著名な心理学者スーザン・デービッドは新著『Emotional Agility(感情の敏捷性)』の中で、思考という内面的世界をコントロールするための貴重なアド ...

  • 他人の成功を恨まないために意識するべき6つのこと

    Amy Morin , CONTRIBUTOR

    誰かを恨んだり不快に思ったりする感情は、人生に害を及ぼし得る。筆者は心理療法士としてこれまで、互いに相手を出し抜こうと張り合うカップルや、誰か一人が成功したことをねたんで崩壊する家族を幾度となく見てきた。今の時代、他人の成功を不快に思わないでいるのは難しい。ソーシャルメディアを2分も見ていれば、自分 ...

  • 五輪選手のようにプレッシャーと闘う カギは「コントロール」

    Jason Selk , CONTRIBUTOR

    開催中のリオデジャネイロ五輪では、人生最大ともいえる夢をかなえたのだろう世界のトップアスリートたちが、戦いを続けている。挑戦の機会は4年に一度しかない──そう考えれば、彼らが受けているプレッシャーがどれほどのものかが分かるだろう。目標を達成できるチャンスは大半の選手にとって、恐らくたった一度しかない ...