• コカ・コーラ、AI自販機を展開へ どこでも買える便利さを提供

    Great Speculations , CONTRIBUTOR GROUP

    コカ・コーラは近く、人工知能(AI)を搭載した「スマート自動販売機」の設置をニュージーランドで開始する。その後は米国でも、同タイプの自販機を展開していく計画だ。スマート自販機はクラウドに接続され、デジタル制御・管理される。これにより、コカ・コーラはこの自販機で販売する商品の価格を遠隔操作で変更できる ...

  • コカ・コーラ、スタートアップ支援で競争力を強化

    Great Speculations , CONTRIBUTOR GROUP

    新たなテクノロジーは、消費財メーカーにさまざまな影響を及ぼしている。その中でも、利便性の向上やパーソナライゼーションによる消費者の顧客体験の向上、生産や従業員の研修プロセスの効率化など、テクノロジーはビジネスのあらゆる側面に貢献している。米飲料大手コカ・コーラは約3年前から、競合他社に先駆けて新技術 ...

  • コカ・コーラを襲う数々の問題、原因の多くは「ネット販売」

    Great Speculations , CONTRIBUTOR GROUP

    米飲料大手コカ・コーラの最高経営責任者(CEO)は先ごろ応じた米ブルームバーグとのインタビューの中で、オンラインショッピングの利用者の増加が、自社の売り上げにいかに影響を及ぼしているかについて語った。米国内ではショッピングモールへの客足の減少が、コカ・コーラの売り上げの減少につながっている。小売店や ...

  • コカ・コーラ新人事に困惑の声 CMO職廃止し「最高成長責任者」新設

    Blake Morgan , Contributor

    コカ・コーラは先月、CMO(最高マーケティング責任者)職の廃止と、「CGO(最高成長責任者)」の役職新設を発表した。だがその楽観的な役職名とは裏腹に、炭酸飲料市場は今、全く成長していない。炭酸飲料の消費量は昨年、30年ぶりの低水準に落ち込んだ。消費者が変わる中、CGOはコカ・コーラを救えるのだろうか ...

  • セレーナ・ゴメス、コカ・コーラ画像でインスタ新記録 広告戦略が奏功

    Hugh McIntyre , CONTRIBUTOR

    米歌手のセレーナ・ゴメスがインスタグラムの公式アカウントに投稿した写真が13日、同サイト史上最多の「いいね」を獲得した。写真は、ラベルに自身の曲の歌詞がプリントされたコカ・コーラを飲むセレーナを写したもの。記録樹立は、コカ・コーラ社にとっても夢のような出来事となった。写真はこれまでに4,100万を超 ...

  • コカ・コーラ「12歳未満へのマーケティング自粛」は口先だけ?

    Nancy Fink Huehnergarth , CONTRIBUTOR

    米公益科学センター(CSPI)は新たに発表した報告書で、飲料大手コカ・コーラが日常的に、自ら定めたガイドラインの順守を巧みに免れていると指摘した。コカ・コーラでは「責任あるマーケティングを追求すべく、12歳未満の児童をマーケティング活動の直接の対象にしない」方針を掲げ、「12歳未満の児童がオーディエ ...

  • 米有名ブランドが「愛国心」を売り出した本当の訳とは

    Will Burns , CONTRIBUTOR

    ビール世界最大手のアンハイザー・ブッシュ・インベブ(ABインベブ)は先ごろ、主力商品のビール「バドワイザー」の名称を「アメリカ」に変更した。また、「コカ・コーラ」の缶は、「I’m proud to be an American(米国人であることは誇りだ)」と書きこんだデザインに変更される ...

  • 国内市場が萎むコカ・コーラとペプシコ 途上国に照準

    Nancy Fink Huehnergarth , CONTRIBUTOR

    米飲料大手コカ・コーラとペプシコは毎年、低所得国の炭酸飲料の消費量を増やそうと巨額の投資を行っている。コカ・コーラは発展途上国に400億ドル(4兆5,000億円)以上を投資する計画だ。米非営利団体、公益科学センター(CSPI)が2月9日に公表した報告書によると、主な投資先はアフリカやインド、メキシコ ...

  • コカ・コーラが肥満対策の研究組織を閉鎖

    Nancy Fink Huehnergarth , CONTRIBUTOR

    コカ・コーラ社との癒着が発覚した肥満対策の研究組織『Global Energy Balance Network (GEBN)』が11月末日をもって解散した。GEBNのウェブサイトには次のように書かれている。「予算不足により本日をもってGEBNは事業を停止します。創設以来、会員の皆様から賜ったエネルギ ...

  • 中国で人気の「消費財ブランド」ランキング P&Gが1位に

    Johan Nylander , CONTRIBUTOR

    中国で最も人気の消費財ブランドはプロクター・アンド・ギャンブル(P&G)だ。調査会社Kantar Worldpanelが実施した中国都市部家庭の購買行動調査によると、同社の中国都市部世帯への浸透率(商品を購入したことのあるユーザーの割合)は95.5%。今年10月上旬までの1年間で、P& ...