• スマートスピーカーが自宅を盗聴? 消費者の不信感、普及の壁に

    Blake Morgan , Contributor

    デジタルアシスタントはあらゆる場所に登場している。アマゾンの「エコー」やグーグルの「グーグルホーム」、アップルの「ホームポッド」といった家庭用スマートスピーカーを持つ人は増えており、こうした機器のすぐそばで各自の生活や好み、予定について話している。これは企業にとって、顧客の声を聞く機会となる。企業が ...

  • 音声アシスタント所有者の22%が「ボイスで買い物」 米調査

    John Koetsier , Contributor

    アドビの報告によると、家電の未来を担うのは「ボイス」だ──。同社の資料によると、スマートスピーカーのアメリカにおける売上は2017年の第4四半期に前年同期比2倍に達し、公共の場であってもデバイスに向かって話しかけることに慣れてきた人が増えている。音声コントロールでショッピングを楽しむ人も増加している ...

  • グーグル対アマゾン「音声アシスタント戦争」の勝者はどっちだ?

    Kevin Murnane , CONTRIBUTOR

    グーグルアシスタントの強みと言えば、世界トップクラスの検索エンジンと音声認識技術、豊富なアプリといった最強のエコシステムの上に成り立った機能であることだ。グーグルアシスタントは、Androidスマホやグーグルホーム、メッセージングアプリ「Allo」に対応しているが、残念ながら現状では端末によって機能 ...

  • 「グーグルホーム」はアマゾンエコーより優秀 米国人記者の独断

    Paul Armstrong , CONTRIBUTOR

    筆者がグーグルのスマートスピーカー「グーグルホーム」を48時間使ってみて分かったのは、アマゾンの「エコー」がいかに遅れているかということだ──。グーグルホームも完璧とは言い難いが、言語認識能力はエコーよりはるかに高い。簡単なテストを行ってみると、その差は歴然だ。アマゾンエコーのエントリー機種「エコー ...

  • グーグルホームのAIが超進化 利用者の「声の聞き分け」に対応

    Kevin Murnane , CONTRIBUTOR

    グーグルの強みと言えば、デバイスをまたいでユーザーの情報を利用可能なことだ。例えば個々人のカレンダーやメールのデータ、ブラウザの閲覧履歴等はアカウントにひもづけられ、様々なデバイスからアクセス可能だ。しかし、スマートスピーカーのグーグルホームだけは違っていた。これまではセットアップしたユーザーのアカ ...