• 話題の「グルテンフリー食」、単なる流行の可能性も

    Niall McCarthy , CONTRIBUTOR

    小麦などの穀類に含まれるタンパク質の一種、グルテンへの免疫反応が原因の自己免疫疾患「セリアック病」と診断される米国人は2009年以降、大幅には増えていない。それにも関わらず、グルテンの摂取を避ける人が急増していることが分かった。セリアック病の人がグルテンを含んだものを食べると、免疫反応によって小腸に ...