• わずか5秒で設置、クレジットカード「窃盗ツール」の脅威

    Lee Mathews , CONTRIBUTOR

    カード情報を盗み取られるスキミング被害の脅威は以前から指摘されている。クレジットカードやデビットカードを利用するならば常に注意を払う必要がある。しかも、薄暗い場所に設置されたATMなど、いかにも危険そうな場所だけで被害に遭うとは限らないのだ。スキミングに使用するツールは犯罪者たちが白昼堂々と、スーパ ...

  • ピーター・ティール支援の「ミレニアル向けクレジットカード」Petal

    Lauren Gensler , Forbes Staff

    若者や既存のクレジットカードを持てない人々に、独自のカードを提供するフィンテック企業が「Petal」が、1300万ドル(約15億円)の資金調達を行った。今回のシリーズA資金調達をリードしたのは、ピーター・ティールが運営するベンチャーキャピタルの「Valar Ventures」だ。Petalは調達資金 ...

  • ペイパルマフィアが創業の決済企業「Affirm」が新ユニコーンに

    Lauren Gensler , Forbes Staff

    Eコマースでの買い物の際に即時ローンを提供するフィンテック企業「Affirm」が、新たに2億ドル(約227億円)を調達した。同社は主に、クレジットカードを持たない若い世代をターゲットとしている。Affirmはサンフランシスコ本拠の企業。今回のシリーズE資金調達はシンガポール政府投資公社(GIC)がリ ...

  • クレジットカードは「神社で選ぶ」時代がやってくる!?

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    「古事記」や「日本書紀」に書かれている、日本建国に挺身したとされている武甕槌大神(タケミカヅチノオオカミ)を祀る、茨城県・鹿嶋市にある「鹿島神宮」。神武天皇元年(=紀元前660年)に創建された、全国にある鹿島神社の総本社だ。この鹿島神宮が、三越伊勢丹グループのクレジットカード会社エムアイカードとの提 ...

  • 目指すは「キャッシュレス・ジャパン」-ビザ・ワールドワイド・ジャパン社長

    大木戸 歩 , Forbes JAPAN 編集部

    中国人観光客が増え、街中で中国語のアナウンスを耳にする機会が増えた。東京オリンピックに向けて、国土交通省は道路案内標識のローマ字表記を、外国人に分かりやすく改める。インバウンド市場が盛り上がる今、カードの普及には追い風が吹いているように見える。昨秋、ビザ・ワールドワイド・ジャパンのトップに就任したジ ...

  • 米国人の5人に一人、死んでも借金が残ると予測

    Lauren Gensler , Forbes Staff

    借金を抱えるアメリカ人の5人に1人以上が、死ぬまで全額を返済し終えることが出来ないと予測していることが、調査データで明らかになった。米クレジットカード関連情報サイト「CreditCards.com」の調査によると、21%の人々が借金ですべてを失うと考えている。また、調査に答えた人の約半数が、少なくと ...