• プロなら売名くらい当たり前 個の時代を生き抜くには

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    インターネットにより産業構造は大きく変化した。仮想通貨やVR、ギグエコノミーといった新たな概念が生み出され、インパクトが一般社会に届く頃には、すでに世の中の仕組みは変わっている。次なる起爆剤はAIだ。単純労働が代替されてしまうことはもとより、日本語という障壁によってある意味守られていた日本経済も、テ ...

  • マネジメントのコツ 対立を避けてはいけない

    Victor Lipman , CONTRIBUTOR

    私はまだ若手管理職だった頃、あるメンターから、マネジメントにおける自分の最大の弱点をはっきりと指摘された。「君が対立にうまく対処できるかどうか、私には分からない」と。「君は賢く、MBA保持者で、勤勉だ。これは全て、マネジメント向きの資質だ。だが、君が対立に対処する意欲があるかどうかが、私には分からな ...

  • 面接官に聞かれた驚きの質問 「今、うそをついていませんか?」

    Liz Ryan , CONTRIBUTOR

    以下は、読者のデーナから寄せられた便りと、それに対する私からの回答だ。先日、何年も前から履歴書にうそを書いているという男性からの便りを読んで、とてもがっかりしました。私は履歴書には真実しか書きません。面接でも同じです。私は数週間前に面接を受けました。面接官を務めた人事部のマネジャーに気に入られていな ...

  • 成功できない原因は自分にある? 見直すべき5つの態度

    Jeanne Croteau , CONTRIBUTOR

    誰でも「最大の敵は自分自身」という言葉を聞いたことがあるだろう。だが、それがどういう意味か、頻繁に考えてみることはあるだろうか。あなたは自分の可能性を最大限に生かすような生き方をしているだろうか? それとも、自分で自分の道を妨げるようなことをしているだろうか? もし後者に該当すると思うなら、自分の態 ...

  • 面接で自慢は逆効果 自分の正しい売り込み方

    Liz Ryan , CONTRIBUTOR

    以下は読者のレイから寄せられた便りと、私からの回答だ。私は転職活動の情報共有会に参加することがあります。そこでは、20年前に言われていたような時代遅れのアドバイスがいまだに共有されています。その一つが「採用面接では自分を売り込むべき」というものです。私には、面接官に自分の強みを押し売りして自慢するよ ...

  • 「人材獲得戦争」に勝つのはデジタルに強い会社

    Victor Lipman , CONTRIBUTOR

    かつてなく熾烈な争いとなっている「人材獲得戦争」で、企業が明確な優位性を得るためにできることが一つある。それは、会社をデジタル面で傑出した存在にすることだ。つまり、自動化技術や人工知能(AI)、職場の協働ツールなどの技術を完全装備すると同時に、従業員がデジタル分野の知識を深められるよう、訓練に大きな ...

  • キャリアチェンジに必要な7種類の人脈

    Caroline Ceniza-Levine , CONTRIBUTOR

    ネットワーキング(人脈作り)は、新たな仕事を探す上で欠かせない。しかし、自分が持つ既存のネットワークは、新たに進出したい分野では役に立たないかもしれない。既存のネットワークでは、あなたに対する期待値や認識が既にできているため、新たな分野で働く自分を想像しにくいかもしれない。そのため、キャリアチェンジ ...

  • 内定辞退もすぐに後悔、やっぱり雇ってもらうことは可能?

    Liz Ryan , CONTRIBUTOR

    以下は読者のジョーダンから寄せられた便りと、私からの回答だ。私は昨日、ある内定を断ってしまいました。今から考え直して、内定を受けることはできるでしょうか?この内定は悪くはなかったのですが、昨晩はこれよりもはるかに良い条件の別の内定が提示されることを期待していて、断ってしまいました。しかしその後リクル ...

  • 趣味をサイドビジネスに変えるための3か条

    Ryan Robinson , CONTRIBUTOR

    趣味をビジネスに変えるために必要なものは何だろう? ビジネス慣習についての確かな理解は必須だが、最も成功を収めるスタートアップの類いは、創業者が自らの情熱を注ぐプロジェクトから発展しているようだ。情熱は、成功を収めるために欠かせないモチベーションやイノベーションなどの要素を動かす原動力になる。その情 ...

  • 「起業には興味ない」人が才能を無駄にしている5つのサイン

    Liz Ryan , CONTRIBUTOR

    以下は、読者のトレバーから寄せられた便りと、それに対する私からの回答だ。私はこれまで、成功したスタートアップ企業3社で働いてきました。自分の仕事ぶりは優秀だと自負しています。「いつ自分の会社を立ち上げるの?」とよく言われますが、起業には興味がありません。自分で事業のアイデアを考え、投資家を探して従業 ...

  • 35歳限界説はどこへやら 増加する「ベテラン転職」

    藤本 あゆみ , Official Columnist

    突然ですが、転職しました。一つ前のコラムで、お金のデザインでPRの仕事をしていると書いたのですが、 縁あって3月16日より、Plug and Play Japanで新しい仕事を始めました。マーケティングとPRを担当します。安心してください、at Will Work は続きます(笑)。Plug and ...

  • 履歴書に空白があってもいい国、スウェーデンの働き方

    吉澤 智哉 , Official Columnist

    2016年3月、私は妻と2人の娘たち、一家4人でスウェーデンへ「移民」として引っ越してきた。日本での前職を生かしてこちらで職を得て、自動車の部品メーカーでエンジニアとして働いている。こちらに来て強く実感しているのは、働き方もキャリア形成も、ワークライフバランスも、どうやら日本とかなり異なるということ ...

  • 上司が有能か無能かを見抜く10のポイント

    Liz Ryan , CONTRIBUTOR

    以下は読者のルーベンから寄せられた便りと、私からの回答だ。私は今、自分のキャリアについて悩み、現状を変えるべきではと真剣に考えています。行き詰まりを感じています。何も新たに学んでおらず、前進できていないのです。上司のアレックスはいい人で、私と同僚を支援してくれますが、素晴らしい上司だと思っている人は ...

  • 昇進してから退職すべき5つの理由

    Liz Ryan , CONTRIBUTOR

    以下は読者のテリから寄せられた便りと、私からの回答だ。私は商業不動産企業で働いています。この業界は好きですが、今の仕事は大嫌いです。私は資産責任者で、この分野では働く企業によって状況ががらりと変わります。役職や給与、勤務時間などの条件が全て同じでも、ある不動産管理会社の仕事は素晴らしいのに、他社の環 ...

  • 「居心地の良さ」は大敵 一歩外へ踏み出す10の方法

    Liz Ryan , CONTRIBUTOR

    一枚の紙を取り出し、自分の問題点を書き出すことは有益なエクササイズになる。思いつくすべての問題点を挙げてみると、その内のいくつかは相互に関連していることがすぐにわかる。例えば、仕事に満足できておらず、交友関係もいまいちだったとする。すると、私生活に不満を持つ理由のひとつは、友人たちに会えていないこと ...

  • スペシャリストとゼネラリスト キャリアに有利なのはどちら?

    Caroline Ceniza-Levine , CONTRIBUTOR

    キャリアを急速に進展させる上で、スペシャリストとゼネラリストのどちらが有利なのだろう? 特定の分野やスキルを深めている方が良いのか、それとも幅広い知識とさまざまなスキルを身につけた方が良いのか?会社はスペシャリストに同じ役割ばかりさせるだろうか? また、ゼネラリストは薄っぺらいと思われ、スペシャリス ...

  • 今の仕事、もう自分に向いていない? 変化が必要な7つのサイン

    Caroline Ceniza-Levine , CONTRIBUTOR

    自分のキャリアが、正しい道を進んでいるかどうかは、どうすれば分かるのか? 自分の成長度が今の仕事を追い越してしまったかどうかを知るには? 自分が仕事上の停滞期にあることを示す兆候とは?私はこのような質問を何度も受けてきた。スマートで意欲的なプロフェッショナルでさえも、この疑問を抱いている。自分のキャ ...

  • 戦略的な人が成功のために実行する6つのこと

    Avery Blank , CONTRIBUTOR

    キャリアにおける目標達成のチャンスを拡大するためには、計画が必要だ。自分が望むものは何なのか、それを手に入れることを助けてくれるものは何なのかについて、戦略的に考えなくてはならない。戦略家が自らを成功に向けて位置づけるために行っているのは、次の6つのことだ。1. 望むものを明確にするキャリアにおいて ...

  • オプラ・ウィンフリーが贈る 人生とキャリア向上のアドバイス10選

    Frances Bridges , CONTRIBUTOR

    米メディア界の女王で大富豪のオプラ・ウィンフリーは先日、64歳の誕生日を迎えたが、そのパワーや影響力、賢さはいまだに健在だ。自分の人生を徹底的に見つめ、読書を重ね、マヤ・アンジェロウやダライ・ラマ14世、ネルソン・マンデラといった著名人との対談を通し、オプラは自己改善を続けてきた。対談では必ず、人生 ...

  • 全社を挙げてコミュニケーション訓練を導入すべき3つの理由

    Blake Morgan , Contributor

    顧客に逆ギレする電話対応係や、会社への不満をソーシャルメディアにぶちまける従業員、不明瞭なメールを巡って1日を無駄にするマーケティングチーム、顧客を怒らせ売り上げを台無しにする販売員──。こうした出来事はほぼ毎日のように起きており、そのほとんどに共通する原因はコミュニケーション訓練の不足だ。採用責任 ...

  • 日本IBMが20年かけてたどりついた「本気の女性活躍支援」の姿

    堀 香織 , CONTRIBUTOR

    1960年代から4年制大学卒業の女性を積極的に採用し、「女性が活躍できる会社」として長年認知されてきた日本IBMだが、本格的な女性活躍の分岐点はやはり98年のJapan Women’s Council(JWC)設立だろう。背景にあるのは、前年に米国本社が発表した国別IBMの女性管理職割合 ...

  • 16年間の専業主婦を経て復帰、時代を先取りした働き方とは

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    ブランクを乗り越え、時短や在宅勤務もしながら専門性を活かして働く。サイボウズの広報、江原なおみが体現しているのは、これから日本に必要になる“サステナブルな働き方”だ──。16年にわたる専業主婦期間を経て、江原なおみが仕事に復帰したのは2016年のことだった。江原は、1993年 ...

  • 採用面接で避けるべき「最悪な行動」5選

    Liz Ryan , CONTRIBUTOR

    就職希望者のほとんどは、面接での「パフォーマンス」が気になるものだ。質問に答える際にあたふたしてしまうのではないか、面接官が聞く特定の採用条件を自分が満たしていないのではないかと心配する。だが、面接官からささいなこと(例えば、その企業が使用している特定のツールの使用経験について)を尋ねられたとしても ...

  • 「優秀さの呪い」 デキる社員が会社を辞める理由

    Liz Ryan , CONTRIBUTOR

    以下は読者のコリンから寄せられた便りと、私からの回答だ。リズさんへ私は最近、10年勤めた会社を辞めました。最初は腰を据えて働けるような職場でしたが、しばらくすると状況は悪化しました。勤務を続けながら5か月間密かに転職活動を行い、やっと今の会社に就職できました。今の方がはるかに幸せで、変化を起こす意欲 ...

  • ワークライフバランス実現は「幻想」 私たちは何を目指すべきか

    Jessica Lutz , Contributor

    ライフコーディネーター、クリエーターとして数々の事業で成功を収めてきたマーサ・スチュワートは昨年末、米CNNテレビのインタビューで、自身はワークライフバランスを実現することができなかったと語った。「ワークライフバランスの実現は、最も難しいことの一つだ。そのバランス(が取れた状態)とは、私たちのほとん ...

  • 面接を制す「80対20」の法則 カギは強みと弱みの明確化

    Victor Lipman , CONTRIBUTOR

    私は読者からの便りをもらうのが好きだ。マネジメント講習では得られないような実戦的知見が得られるからだ。先日、私の少々変わったマネジメント手法に興味を持ったクリスティーナ・ネプスタッドから連絡を受けたときも、同じ気持ちだった。彼女は元ミス・カリフォルニアからビジネスコーチに転身した、少し型破りな経歴の ...

  • 出会った瞬間に「この人の下では働けない」と思ったら

    Liz Ryan , CONTRIBUTOR

    以下は読者のバージニアから寄せられた便りと、私からの回答だ。私は人事マネジャーで、勤めていた会社が買収されたので転職活動をしています。これまでいくつか面談し、先週もリクルーターの紹介で、ある会社の人事担当副社長のチャールズと面接をすることになりました。人事部アシスタントの案内でチャールズのオフィスに ...

  • 情熱を持てるキャリアを見つけるための4つのヒント

    Lilly Knoepp , FORBES STAFF

    ミレニアル世代は充実したキャリアを持ちたがる。そして、それはあまり高く評価されない。仕事で幸せになりたいなど、この世代はなんと大それたことを言うのだろう?──そんなところだろう。仕事で幸せになりたいという議論からは、次のポイントが抜け落ちてしまうことが多い。好きなことを仕事にできるという特権について ...

  • 夢の仕事を手に入れる方法 必要なのは「恐怖心」の克服

    Liz Ryan , CONTRIBUTOR

    人は子どもが小さいときには「何でも好きなものになりなさい」と言うのに、成長して中学に入学するころには、現実的になるよう説教を始める。こうやって大半の子どもは少しずつ、どんな大きな夢でもかなうことを信じなくなる。それでも、年齢を重ねてから夢をかなえることはできる。才能や個性、情熱を生かせて、やりがいも ...

  • その仕事、もう1年続けるべき? 答えが「ノー」である10のサイン

    Liz Ryan , CONTRIBUTOR

    年末年始は決断の時だ。同じ仕事をあと1年続けるか? それとも2018年はより良い仕事を探すべきか──?「この仕事を続ける価値があるか」を自問するには、今が最高のタイミングだ。心に留めておくべきなのは、人は実証済みの事柄に固執し、不慣れなものを避けがちだということ。転職は骨が折れる作業だ。今の仕事が自 ...