• 今の会社に長居し過ぎたことを示す4つのサイン

    J. Maureen Henderson , CONTRIBUTOR

    職を転々とすることの影響は、よく語られる話題だ。「転職が多い人は気まぐれで信頼できないと思われる?」「ほんの短期間の職歴も、履歴書に書くべき?」「どれ程の期間働けば本気度が示せる?」──しかし逆の状況、つまり同じ会社で同じ仕事を長期間続けることは、あまり語られない話題だ。転職を繰り返すことが一般的に ...

  • キャリアで前進できない人が持つ5つの悪習

    Liz Ryan , CONTRIBUTOR

    以下は読者のレジーから寄せられた便りと、私からの回答だ。私は約4年前から、将来性のない仕事を辞められないでいます。上司はマネジャーとしての資質がない人ですが、最高経営責任者(CEO)のいとこです。上司は自分が解雇されないことを知っています。私は彼の半分の給与で、彼に代わって仕事をしています。CEOの ...

  • あなたをだましこき使う悪徳企業 見分ける10のポイント

    Liz Ryan , CONTRIBUTOR

    以下は読者のグロリアから寄せられた便りと、私からの回答だ。どうしても就きたい職があり、これまで4回面接を受けました。将来有望なスタートアップ企業です。ところが一向に内定をもらえません。初回の面接から2回目までは4週間も待たされました。その後さらに、従業員らの前でプレゼンをしました。3回目の面接だった ...

  • 20歳のときに知っておきたかった10のこと

    Frances Bridges , CONTRIBUTOR

    最近30歳の誕生日を迎えた私は、20代を振り返ってこれまでに学んだ教訓を思い返し、今後10年に思いをはせてみた。年齢を重ねるにつれ学ぶことが一つあるとすれば、それは自分がしていることを完全に理解している人などいない、ということだ。未知のものにどう対処するか、そして何度失敗しても立ち上がることが、人生 ...

  • 低すぎる現給与額、リクルーターに伝えたら一生薄給のまま?

    Liz Ryan , CONTRIBUTOR

    以下は読者のマリアから寄せられた便りと、私からの回答だ。現在転職活動中ですが、うまく行っていません。スキルはあるので、リクルーターからの問い合わせは多く受けます。普通は最低6万ドル(約670万円)の年収をもらえるはずの仕事なのに、私が現在4万2000ドル(約470万円)しか稼いでいないことが分かると ...

  • 経験3年以下でも年収1000万円 米国の「初心者向け」テック職6選

    Jeff Kauflin , Forbes Staff

    大学生の多くが帰省してゆっくりと時間を過ごす年末は、キャリアをじっくり考える絶好の機会でもある。仕事を選ぶ上で、給与だけを決定打とすることがあってはならないが、年収が重要な要素となることも多い。米キャリア情報サイト、コンパラブリー(Comparably)は先日、米国で9万ドル(約1000万円)以上の ...

  • 「望む仕事」でなく「今の仕事」に集中するべき理由

    J. Maureen Henderson , CONTRIBUTOR

    「今の仕事に合わせた服ではなく、望む仕事に合わせた服を着よう」。これは、上昇志向の若手社員がビジネス上の美学を養ううえでの姿勢を説く上で、長年にわたって使われてきた言葉だ。職場環境はますますカジュアルになっており、あなたが望む仕事に就く人は最近ではパーカーに短パンという恰好で出勤しているかもしれない ...

  • 面接で緊張する人に贈る10のアドバイス

    Liz Ryan , CONTRIBUTOR

    採用面接では、ほぼ誰もが緊張するものだ。面接の場は人工的な状況だ。実生活では、相手のつまらない冗談に力いっぱい笑ってみせたり、赤の他人にうやうやしい態度を取ったりすることなどない。面接では、質問に答えて良い印象を与えつつ、自分が本当にこの会社に入社したいかを判断するための情報も集めなければいけない。 ...

  • 辞表提出と解雇待ち、賢い選択はどっち?

    Liz Ryan , CONTRIBUTOR

    以下は読者のグレッチェンから寄せられた便りと、私からの回答だ。今の仕事が嫌いで、仕事にも嫌われています。これまで8か月、1年間は勤め続けようと頑張ってきましたが、もう無理そうです。職務内容、勤務時間、キャリアパスについて、会社から完全に騙されました。この会社にはキャリアパスなど存在しません。8か月前 ...

  • 「自分の仕事が世界を良くする」と感じる米国の職業トップ10

    Karsten Strauss , FORBES STAFF

    職業人の多くは、自分が世界に与える影響を概ね肯定的に感じている。だが、そのように感じる人が最も多い職業は何だろうか?その答えを探るために、フォーブスは報酬調査サイト「ペイスケール(PayScale)」による調査を参照した。同サイトは2015年10月から2017年10月にかけ、137万2068人の職業 ...

  • 就職に強い米法科大学院ランキング 首位は新卒年収2000万円超

    Jeff Kauflin , Forbes Staff

    弁護士としてのキャリアを考える人にとって、ロースクール(法科大学院)の調査は重要なプロセスだ。そうした人の学校選びの参考にしてもらうべく、キャリアの展望が最も明るい米国の法科大学院をまとめたランキングが、試験対策などの大学進学関連サービスを提供する米企業プリンストン・レビューにより発表された。同社は ...

  • 30歳前に達成すべき10のキャリア目標

    Liz Ryan , CONTRIBUTOR

    以下は読者のコンスタンティンから寄せられた便りと、私からの回答だ。私は5月に大学を卒業し、初めて「本物の」仕事をしています。今のところ順調ですが、昇進の機会が見えません。今はまだその準備ができていないので良いのですが、もし昇進できる状態だったら不満を感じていると思います。私の上司は35歳前後で、この ...

  • 米国で給与が急増する職業トップ10

    Karsten Strauss , FORBES STAFF

    労働市場では、需要と供給のバランスによって、その職業の給与が増減する。さまざまな産業分野の職業85種の平均給与を継続調査しているキャリア情報サイトのグラスドアは最近、継続調査の対象としている多種多様な職業85種のうち、2016年9月からの1年間の給与増加率が最も高い職業を分析した結果を発表した。グラ ...

  • 職場での不機嫌は「辞め時」のサイン

    J. Maureen Henderson , CONTRIBUTOR

    仕事で難題に直面することは誰にでもある。プロジェクトの中には他よりも手間がかかるものもあり、締切りに間に合わせるためにラストスパートをかけてストレスがたまることや、時間がゆっくりとしか進まないように感じる停滞期もある。では、一時的なけん怠期と、転職活動を始めるべき兆候である慢性的な停滞期はどう見分け ...

  • 昇進できる人が持つ9つの特徴

    William Arruda , CONTRIBUTOR

    私が自己ブランド作りを支援するクライアントとキャリア上の目標について話す際、常に熱い義論となる話題が、昇進だ。キャリア向上の道において昇進は最も重要な節目の一つだが、保証されたものではない。キャリアが上昇するにつれ昇進はますます難しくなり、次のステップへの競争が急に激化するように感じるだろう。近年の ...

  • 求職中でなくとも求人情報をチェックすべき4つの理由

    Caroline Ceniza-Levine , CONTRIBUTOR

    求人情報が役立つのは職探しの時だけではない。今の会社に満足していたとしてもさまざまな機会にはアンテナを張っておくべきで、求人情報はそのためにも役立つ上に、キャリア計画や発展にも利用できる。就職活動中でなくとも求人情報をキャリアに役立てる4つの方法は次のとおり。就職時の求人情報と現状を比較する。自分は ...

  • 高収入につながる修士号トップ10

    Jeff Kauflin , Forbes Staff

    修士号の取得は大きな投資だ。学費がかかることに加え、フルタイムで大学院に通う場合はその間の収入もなくなる。しかし同時に、修士号の取得はキャリアアップやキャリア転換の素晴らしい方法にもなり得る。報酬情報サイトのペイスケールは、13万4309人の過去2年間の給与情報を分析し、キャリア初期(勤務年数0~5 ...

  • 高収入につながる学士号トップ10

    Jeff Kauflin , Forbes Staff

    米大学生は今年も秋になると、大学での専攻選びに悩むことになる。収入という要素は、選考を選ぶうえでの唯一の判断基準にしてはいけないものの、無視すべきではないだろう。報酬調査サイト「ペイスケール」は、キャリア初期(職務経験3年)と中期(職務経験20年)の給与が高い専攻分野のランキングを発表した。上位には ...

  • 突然の失業、パニックになる前にすべき5つのこと

    Ashley Stahl , CONTRIBUTOR

    職を失うことは、その状況にかかわらず、決して楽な出来事ではない。大規模な人員削減、チーム内ポジションの消失など、理由はどうあれ、失業は大きな苦痛を伴う。私はキャリアコーチとして、失業したクライアントを引き受けることが多々ある。安定した日々を送り、今後の計画もあったのに、突然人事に呼ばれて職場を去るこ ...

  • テニス界の女王、シャラポワが語る幼少期と読者へのアドバイス

    Dan Schawbel , Contributor

    私は先日、元世界ランキング1位のテニス選手で自伝『Unstoppable: My Life So Far』を執筆したマリア・シャラポワを取材し、移民としてテニス界で活躍するまでに直面した壁や、幼少期に最も影響を受けた人物、朝の習慣、キャリア上のアドバイスを聞いた。ロシアのニャガン出身のシャラポワは、 ...

  • 偽りの自分を押し通すのをやめるべき理由

    Lisa Quast , CONTRIBUTOR

    インターネット上には近頃、虚勢を張ることで成功をつかむ方法を伝授する記事があふれている。例えば、自分を実際より賢く見せる方法、会議で自分をより重要な存在に見せる方法、本当はよく知らない話題についてあたかも知識があるかのように話す方法、「パワーポーズ」をとったり会議で大きな物理的空間を占有したりして威 ...

  • 望み通りに進まないキャリアを救う7つのヒント

    Lisa Quast , CONTRIBUTOR

    自分のキャリアが期待通りに進まない? 望んでいた昇進が得られなかった、あるいは、より高レベルな夢の仕事に就こうと面接を繰り返すも全くうまくいかない──そのような時は、いら立ちを募らせるのでなく、分析と戦略立案が大切だ。1. 探偵モードに入る自分が就きたいポジションの要件は何か? 仕事内容や、似たポジ ...

  • キャリア転換を恐れない米ミレニアル世代 人気の転職先業界は?

    Karsten Strauss , FORBES STAFF

    私たちは常に、自分とは違う世代の人々に疑いのまなざしを向け、共通点や(恐らくそれ以上に)相違点を見いだしている。1980年から96年の間に生まれた「ミレニアル世代」と、それ以降の「ジェネレーションZ」世代を見てみると、他世代とは明らかに違う点が1つある。若者世代は、幸せになるためにキャリアの大転換も ...

  • 「破産」せずに夢を実現するために必要な9か条

    Liz Frazier Peck , Contributor

    「夢を追うべきだ」「諦めなければ夢はかなう」──私たちはこうした言葉を常に耳にしている。だが、実現するためには忍耐と計画、いくつかの現実的な問題についての確認が必要だ。もちろん、懸命な努力も欠かせない。破産せずに夢を実現するためには、次に挙げる9つのことを覚えておくことが重要だ。1. 仕事を辞めない ...

  • 「サンドイッチ」式フィードバックはもうやめよう

    Alisa Cohn , CONTRIBUTOR

    マネジメントに関する法則とされるものの中で、私が嫌いなものの上位に入るのが「サンドイッチ」式フィードバックだ。これは、フィードバックをするときはまず相手を褒め、その後に批判的な言葉(つまり本音)を伝え、最後にもう一度褒める、という手法だ。これには善意的な意図がある。指摘を受ける側の衝撃を和らげたり、 ...

  • 米国で生計を立てやすい州、ベスト10とワースト10

    Jeff Kauflin , Forbes Staff

    米国で新しい仕事やキャリアを始めようと思っているなら、目を向けるべきは中部であることを示す調査結果がこのほど発表された。経済情報サイト「MoneyRates.com」が発表した「生計を立てやすい州ランキング」では、上位10州のうち8州が太平洋にも大西洋にも面していない州だった。MoneyRatesは ...

  • 私たちの成功を妨げる「意地の悪さ」と4つの問題行動

    Kathy Caprino , CONTRIBUTOR

    私たちのコミュニケーションのパターンの中には、人生や仕事に悪影響を及ぼしたり、実際に悪化させたりするものがいくつかある。だが、ほとんどの場合、多くの人がそれらに気付いていない。最もよくあるコミュニケーション上の問題点は、働く人の人生とキャリアの向上を支援するコーチである筆者が「意地の悪さ」と呼ぶもの ...

  • ネット上の暴言でキャリアを失わないために

    Bruce Weinstein , Contributor

    先日、ハーバード大学への進学予定者10人がフェイスブック上での発言を理由に合格を取り消されたとのニュースが報じられたが、ネット上での問題発言により自分の将来を台無しにすることを学んだのは彼らだけではない。今度はエール大学の教授が、ニューヘイブンの複数の店舗について悪意に満ちた口コミをイェルプ(Yel ...

  • スター級人材を見つける方法

    Maynard Webb , Contributor

    採用で失敗したときの代償の高さは、誰もが知っている。失敗を防ぐのが一番だが、どうすれば防げるのだろう? 傑出した会社を作るには、多様なスキルと背景を持つ従業員が必要だが、素晴らしい従業員には一般的に共通の資質があると私は考えている。私は候補者を選考する際、次の5つの点に着目している。1. 成功を収め ...

  • 「いい人」の下で働いてはいけない3つの理由

    J. Maureen Henderson , CONTRIBUTOR

    ダメな上司とはどんな人間なのかが分かるまでには、新人ですらそれほど長くはかからない。ちょっと仕事をしただけでも、こんな上司の下では働きたくないという例はたくさん思い当たるだろう。無礼な上司、敵対的な上司、批判ばかりする上司、ぼんやりした上司、威圧的な上司、残酷な上司、自分勝手な上司など、例を挙げれば ...