• 戦略的な人が成功のために実行する6つのこと

    Avery Blank , CONTRIBUTOR

    キャリアにおける目標達成のチャンスを拡大するためには、計画が必要だ。自分が望むものは何なのか、それを手に入れることを助けてくれるものは何なのかについて、戦略的に考えなくてはならない。戦略家が自らを成功に向けて位置づけるために行っているのは、次の6つのことだ。1. 望むものを明確にするキャリアにおいて ...

  • オプラ・ウィンフリーが贈る 人生とキャリア向上のアドバイス10選

    Frances Bridges , CONTRIBUTOR

    米メディア界の女王で大富豪のオプラ・ウィンフリーは先日、64歳の誕生日を迎えたが、そのパワーや影響力、賢さはいまだに健在だ。自分の人生を徹底的に見つめ、読書を重ね、マヤ・アンジェロウやダライ・ラマ14世、ネルソン・マンデラといった著名人との対談を通し、オプラは自己改善を続けてきた。対談では必ず、人生 ...

  • 全社を挙げてコミュニケーション訓練を導入すべき3つの理由

    Blake Morgan , Contributor

    顧客に逆ギレする電話対応係や、会社への不満をソーシャルメディアにぶちまける従業員、不明瞭なメールを巡って1日を無駄にするマーケティングチーム、顧客を怒らせ売り上げを台無しにする販売員──。こうした出来事はほぼ毎日のように起きており、そのほとんどに共通する原因はコミュニケーション訓練の不足だ。採用責任 ...

  • 日本IBMが20年かけてたどりついた「本気の女性活躍支援」の姿

    堀 香織 , CONTRIBUTOR

    1960年代から4年制大学卒業の女性を積極的に採用し、「女性が活躍できる会社」として長年認知されてきた日本IBMだが、本格的な女性活躍の分岐点はやはり98年のJapan Women’s Council(JWC)設立だろう。背景にあるのは、前年に米国本社が発表した国別IBMの女性管理職割合 ...

  • 16年間の専業主婦を経て復帰、時代を先取りした働き方とは

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    ブランクを乗り越え、時短や在宅勤務もしながら専門性を活かして働く。サイボウズの広報、江原なおみが体現しているのは、これから日本に必要になる“サステナブルな働き方”だ──。16年にわたる専業主婦期間を経て、江原なおみが仕事に復帰したのは2016年のことだった。江原は、1993年 ...

  • 採用面接で避けるべき「最悪な行動」5選

    Liz Ryan , CONTRIBUTOR

    就職希望者のほとんどは、面接での「パフォーマンス」が気になるものだ。質問に答える際にあたふたしてしまうのではないか、面接官が聞く特定の採用条件を自分が満たしていないのではないかと心配する。だが、面接官からささいなこと(例えば、その企業が使用している特定のツールの使用経験について)を尋ねられたとしても ...

  • 「優秀さの呪い」 デキる社員が会社を辞める理由

    Liz Ryan , CONTRIBUTOR

    以下は読者のコリンから寄せられた便りと、私からの回答だ。リズさんへ私は最近、10年勤めた会社を辞めました。最初は腰を据えて働けるような職場でしたが、しばらくすると状況は悪化しました。勤務を続けながら5か月間密かに転職活動を行い、やっと今の会社に就職できました。今の方がはるかに幸せで、変化を起こす意欲 ...

  • ワークライフバランス実現は「幻想」 私たちは何を目指すべきか

    Jessica Lutz , Contributor

    ライフコーディネーター、クリエーターとして数々の事業で成功を収めてきたマーサ・スチュワートは昨年末、米CNNテレビのインタビューで、自身はワークライフバランスを実現することができなかったと語った。「ワークライフバランスの実現は、最も難しいことの一つだ。そのバランス(が取れた状態)とは、私たちのほとん ...

  • 面接を制す「80対20」の法則 カギは強みと弱みの明確化

    Victor Lipman , CONTRIBUTOR

    私は読者からの便りをもらうのが好きだ。マネジメント講習では得られないような実戦的知見が得られるからだ。先日、私の少々変わったマネジメント手法に興味を持ったクリスティーナ・ネプスタッドから連絡を受けたときも、同じ気持ちだった。彼女は元ミス・カリフォルニアからビジネスコーチに転身した、少し型破りな経歴の ...

  • 出会った瞬間に「この人の下では働けない」と思ったら

    Liz Ryan , CONTRIBUTOR

    以下は読者のバージニアから寄せられた便りと、私からの回答だ。私は人事マネジャーで、勤めていた会社が買収されたので転職活動をしています。これまでいくつか面談し、先週もリクルーターの紹介で、ある会社の人事担当副社長のチャールズと面接をすることになりました。人事部アシスタントの案内でチャールズのオフィスに ...

  • 情熱を持てるキャリアを見つけるための4つのヒント

    Lilly Knoepp , FORBES STAFF

    ミレニアル世代は充実したキャリアを持ちたがる。そして、それはあまり高く評価されない。仕事で幸せになりたいなど、この世代はなんと大それたことを言うのだろう?──そんなところだろう。仕事で幸せになりたいという議論からは、次のポイントが抜け落ちてしまうことが多い。好きなことを仕事にできるという特権について ...

  • 夢の仕事を手に入れる方法 必要なのは「恐怖心」の克服

    Liz Ryan , CONTRIBUTOR

    人は子どもが小さいときには「何でも好きなものになりなさい」と言うのに、成長して中学に入学するころには、現実的になるよう説教を始める。こうやって大半の子どもは少しずつ、どんな大きな夢でもかなうことを信じなくなる。それでも、年齢を重ねてから夢をかなえることはできる。才能や個性、情熱を生かせて、やりがいも ...

  • その仕事、もう1年続けるべき? 答えが「ノー」である10のサイン

    Liz Ryan , CONTRIBUTOR

    年末年始は決断の時だ。同じ仕事をあと1年続けるか? それとも2018年はより良い仕事を探すべきか──?「この仕事を続ける価値があるか」を自問するには、今が最高のタイミングだ。心に留めておくべきなのは、人は実証済みの事柄に固執し、不慣れなものを避けがちだということ。転職は骨が折れる作業だ。今の仕事が自 ...

  • 2017年のキャリアに不満足? 来年実行すべきたった一つのこと

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    私が今月、5000人のリーダーを対象に行なった調査では、現職に非常に満足している人は22%のみという結果が出た。残りの78%は、現状より少し、もしくはおおいに昇進したいとの答えに分かれた。つまり、どの程度上の地位を望むかは分かれるにせよ、現状に甘んじたくはないと考えている人が大半だということだ。では ...

  • 今後10年で生まれる「未来の仕事」21選

    Adi Gaskell , CONTRIBUTOR

    技術の進歩が雇用に与える影響については、まるでこの世の終わりといった悲観的な予測が、この1年ほどで増えてきた。これまで発表された調査の大半は、自動化などの技術の影響で多くの職業が失われると断言する結果が出ている。こうした調査にはさまざまな欠陥があるが、中でも最も大きな誤りは「労働塊の誤謬(ごびゅう) ...

  • 仕事が嫌いでもポジティブでいるための3つの方法

    Ashley Stahl , CONTRIBUTOR

    目覚まし時計が鳴ってからスヌーズボタンを1度、2度、そして3度と繰り返し押し続ける──。 現在の仕事が嫌いだがどうすれば良いか分からず、毎日の出勤に耐えられないと感じていないだろうか?仕事に行くことに毎日恐怖心を感じるのはとても不健康だ。多くの時間を費やす職場を、嫌悪感を催す場所にすべきでない。嫌で ...

  • あなたが在宅勤務をさせてもらえない本当の理由

    Liz Ryan , CONTRIBUTOR

    以下は読者のマーカスから寄せられた便りと、私からの回答だ。私は3月に新たな街に転居して以来、「週40時間オフィス勤務」のような従来型の仕事しか見つけられません。昔住んでいた街では、今よりずっと簡単に在宅勤務のポジションが見つかりました。なぜ管理職は、従業員が各自の好きな場所で働くのを嫌がるのでしょう ...

  • 米国で「身軽なキャリア」選択が増加中 その理由とは?

    Victor Lipman , CONTRIBUTOR

    フォーチュン500に入る伝統的企業の管理職として長年勤務してきた私は、オフィス勤務の従業員と働くことに慣れていたため、「アジャイル(身軽な)労働力」(正社員が少なく契約社員やコンサルタントが多い職場)への移行という風潮に対しては当初、懐疑的だった。私はこれを、福利厚生などのコストが高い正社員を削減し ...

  • 今の会社に長居し過ぎたことを示す4つのサイン

    J. Maureen Henderson , CONTRIBUTOR

    職を転々とすることの影響は、よく語られる話題だ。「転職が多い人は気まぐれで信頼できないと思われる?」「ほんの短期間の職歴も、履歴書に書くべき?」「どれ程の期間働けば本気度が示せる?」──しかし逆の状況、つまり同じ会社で同じ仕事を長期間続けることは、あまり語られない話題だ。転職を繰り返すことが一般的に ...

  • キャリアで前進できない人が持つ5つの悪習

    Liz Ryan , CONTRIBUTOR

    以下は読者のレジーから寄せられた便りと、私からの回答だ。私は約4年前から、将来性のない仕事を辞められないでいます。上司はマネジャーとしての資質がない人ですが、最高経営責任者(CEO)のいとこです。上司は自分が解雇されないことを知っています。私は彼の半分の給与で、彼に代わって仕事をしています。CEOの ...

  • あなたをだましこき使う悪徳企業 見分ける10のポイント

    Liz Ryan , CONTRIBUTOR

    以下は読者のグロリアから寄せられた便りと、私からの回答だ。どうしても就きたい職があり、これまで4回面接を受けました。将来有望なスタートアップ企業です。ところが一向に内定をもらえません。初回の面接から2回目までは4週間も待たされました。その後さらに、従業員らの前でプレゼンをしました。3回目の面接だった ...

  • 20歳のときに知っておきたかった10のこと

    Frances Bridges , CONTRIBUTOR

    最近30歳の誕生日を迎えた私は、20代を振り返ってこれまでに学んだ教訓を思い返し、今後10年に思いをはせてみた。年齢を重ねるにつれ学ぶことが一つあるとすれば、それは自分がしていることを完全に理解している人などいない、ということだ。未知のものにどう対処するか、そして何度失敗しても立ち上がることが、人生 ...

  • 低すぎる現給与額、リクルーターに伝えたら一生薄給のまま?

    Liz Ryan , CONTRIBUTOR

    以下は読者のマリアから寄せられた便りと、私からの回答だ。現在転職活動中ですが、うまく行っていません。スキルはあるので、リクルーターからの問い合わせは多く受けます。普通は最低6万ドル(約670万円)の年収をもらえるはずの仕事なのに、私が現在4万2000ドル(約470万円)しか稼いでいないことが分かると ...

  • 経験3年以下でも年収1000万円 米国の「初心者向け」テック職6選

    Jeff Kauflin , Forbes Staff

    大学生の多くが帰省してゆっくりと時間を過ごす年末は、キャリアをじっくり考える絶好の機会でもある。仕事を選ぶ上で、給与だけを決定打とすることがあってはならないが、年収が重要な要素となることも多い。米キャリア情報サイト、コンパラブリー(Comparably)は先日、米国で9万ドル(約1000万円)以上の ...

  • 「望む仕事」でなく「今の仕事」に集中するべき理由

    J. Maureen Henderson , CONTRIBUTOR

    「今の仕事に合わせた服ではなく、望む仕事に合わせた服を着よう」。これは、上昇志向の若手社員がビジネス上の美学を養ううえでの姿勢を説く上で、長年にわたって使われてきた言葉だ。職場環境はますますカジュアルになっており、あなたが望む仕事に就く人は最近ではパーカーに短パンという恰好で出勤しているかもしれない ...

  • 面接で緊張する人に贈る10のアドバイス

    Liz Ryan , CONTRIBUTOR

    採用面接では、ほぼ誰もが緊張するものだ。面接の場は人工的な状況だ。実生活では、相手のつまらない冗談に力いっぱい笑ってみせたり、赤の他人にうやうやしい態度を取ったりすることなどない。面接では、質問に答えて良い印象を与えつつ、自分が本当にこの会社に入社したいかを判断するための情報も集めなければいけない。 ...

  • 辞表提出と解雇待ち、賢い選択はどっち?

    Liz Ryan , CONTRIBUTOR

    以下は読者のグレッチェンから寄せられた便りと、私からの回答だ。今の仕事が嫌いで、仕事にも嫌われています。これまで8か月、1年間は勤め続けようと頑張ってきましたが、もう無理そうです。職務内容、勤務時間、キャリアパスについて、会社から完全に騙されました。この会社にはキャリアパスなど存在しません。8か月前 ...

  • 「自分の仕事が世界を良くする」と感じる米国の職業トップ10

    Karsten Strauss , FORBES STAFF

    職業人の多くは、自分が世界に与える影響を概ね肯定的に感じている。だが、そのように感じる人が最も多い職業は何だろうか?その答えを探るために、フォーブスは報酬調査サイト「ペイスケール(PayScale)」による調査を参照した。同サイトは2015年10月から2017年10月にかけ、137万2068人の職業 ...

  • 就職に強い米法科大学院ランキング 首位は新卒年収2000万円超

    Jeff Kauflin , Forbes Staff

    弁護士としてのキャリアを考える人にとって、ロースクール(法科大学院)の調査は重要なプロセスだ。そうした人の学校選びの参考にしてもらうべく、キャリアの展望が最も明るい米国の法科大学院をまとめたランキングが、試験対策などの大学進学関連サービスを提供する米企業プリンストン・レビューにより発表された。同社は ...

  • 30歳前に達成すべき10のキャリア目標

    Liz Ryan , CONTRIBUTOR

    以下は読者のコンスタンティンから寄せられた便りと、私からの回答だ。私は5月に大学を卒業し、初めて「本物の」仕事をしています。今のところ順調ですが、昇進の機会が見えません。今はまだその準備ができていないので良いのですが、もし昇進できる状態だったら不満を感じていると思います。私の上司は35歳前後で、この ...