• 2018年にキャリアが失墜した大物12人(後編)

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    役員室から法廷への転落から、突然の失脚、さらには芋づる式の失墜まで、2018年にはキャリアを完全に崩壊させる大物が相次いだ。後編となる本稿では、フォーブスが選んだ最大の転落者12人のうち、残る6人を紹介する。(順番は苗字のアルファベット順)前編はこちらポール・マナフォート2016年3月にトランプの選 ...

  • 2018年にキャリアが失墜した大物12人(前編)

    Vicky Valet , Forbes Staff

    役員室から法廷への転落から、突然の失脚、さらには芋づる式の失墜まで、2018年にはキャリアを完全に崩壊させる大物が相次いだ。その中からフォーブスが選んだ最大の転落者12人のうち、本稿では6人を紹介する。(順番は苗字のアルファベット順)ロザンヌ・バー米国国歌をわざとぞんざいに歌ったり、アドルフ・ヒトラ ...

  • 効果的なリンクトインプロフィールに共通する6つの要素

    William Arruda , CONTRIBUTOR

    キャリアにおける第一印象を決める上で、リンクトインのプロフィールの重要性が増している。会ったことがない人や、一度会ったことがある人に関しての情報収集として名前をグーグル検索するのが一般的なことは、誰もが理解している。この習慣により、あなたの他者への影響力、そして最終的にはキャリアの成功が左右される。 ...

  • 働き過ぎがキャリアに悪影響な理由

    Adi Gaskell , CONTRIBUTOR

    人生で成功するには膨大な努力が必要、という考え方はとても根強く、欧米の多くの場所では職場で長時間を過ごすことが評価される文化が強く残っている。この背後にある論理は、表面上は正しいように思える。実際問題、頑張りなしに何かを達成することはできないだろう。しかし、懸命に働こうと思うがあまり、働き過ぎの状態 ...

  • 休暇で中断となった求職活動 少しでも前進させる4つの戦略

    Caroline Ceniza-Levine , CONTRIBUTOR

    休暇が近づくこの時期は、採用プロセスのスピードが落ちたり、活動自体が完全に中断したりする。そのため、現在求職活動中の人はもどかしく感じるかもしれない。私が採用活動を支援するある顧客は、クリスマスから新年まで休みにしているため、今決断を下さなければ次の機会は3週間以上先になる。また、他の顧客は年末のコ ...

  • 雇用主がきちんと不採用通知をすべき4つの理由

    Frances Bridges , CONTRIBUTOR

    米国の就職は現在買い手市場で、フルタイムの仕事に応募する人の数は史上最大を記録している。そのため、求職者が仕事に応募し、数回の面接を重ねた後でも全く通知が来なくなる場面は多い。求職者は就業中かどうかにかかわらず、その仕事のために時間を費やし、長く退屈な応募書類を記入している。それなのに、きちんと不採 ...

  • 会社を辞めずにキャリアの転換点を迎える8つのステップ

    Caroline Ceniza-Levine , CONTRIBUTOR

    仕事を変え、キャリアを前進・転換するために会社を辞める必要はない。社内異動をすれば、同じ会社で働きつつ、役割や部署、勤務場所を変えられる。そうすれば、新たな勤務環境を体験しながらも、社内で培った在職期間や信用、人脈を維持することができる。転職を考えている場合、社内異動も選択肢の一つだ。会社は好きだが ...

  • 人生と仕事を充実させるために 今すぐ実践できる25のアドバイス

    Jack Kelly ,

    世の中には、生活改善や仕事の進展、ポテンシャルの発揮、そして目標達成を通じて大きな成功を手に入れるための手っ取り早い解決策を紹介する記事が多く出回っている。問題は、こうした記事はありふれた決まり文句や意味のない言葉に満ちていて、中身がないことだ。ここでは、将来成功するため今日からすぐに導入できる、現 ...

  • 引退せずに長く働くために必要な5つの特性

    John Wasik , CONTRIBUTOR

    いわゆる「引退する年齢」を過ぎても働くためには、さまざま自問自答が必要だ。健康状態はどうか? お金を必要としているか? もっと年金額を上げたいか?もうひとつ、重要な問題がある。あなたの頭脳と性格は、引退年齢を過ぎて働くための条件を満たしているのだろうか?慢性疾患に苦しめられている人や、働くことができ ...

  • キャリアで充実感を得る5つの方法

    Ashley Stahl , CONTRIBUTOR

    働く目的が給与だけにとどまらない人がますます増えている。人は今、充実感を求め働いているのだ。しかし、充実感を得ることはそれほど簡単ではない。米調査会社ギャラップが2013年に発表した「State of the American Workplace Report(米国の職場の現状に関する報告書)」では ...

  • 男の同僚が先に昇進する本当の理由

    Adunola Adeshola ,

    あなたは、これまでにさまざまなプロジェクトに名乗りを上げ、一生懸命働き、一貫して成果を上げてきた。自分は目覚ましい活躍をしてきたとさえ自負できるほどだ。それでも、喉から手が出るまで欲しかった昇進は与えられなかった。そして今、あなたは自分が正当な評価を得ていないと感じていら立ちを募らせ、何がいけなかっ ...

  • 批判的なフィードバックをうまく受け止める4つのコツ

    IDEO (アイディオ) , Official Columnist

    私は、学生時代に初めて受けたデザインの授業中、恐ろしい光景を見た。クラスメイトのひとりが、全員の前で教授に自分の作品を破り捨てられたのだ。間もなく、彼はそのコースを辞めてしまった。どんなに心の準備をしていたとしても、ネガティブなフィードバックを受け止めるのは辛いことだ。物事の良し悪しに関しては常に異 ...

  • 「石の上にも3年」の呪縛から脱する、正しい判断軸の作り方

    中竹 竜二 ,

    「石の上にも3年」これは昔から聞き慣れたことわざで、忍耐や継続に美学を見出す日本社会では、事あるごとに引用される言葉だろう。その頻出シーンとしてまず浮かぶのが、就職したての若者に向けた餞(はなむけ)だ。「どんなに冷たい石でも、3年座り続けたらあたたまる。同じように、仕事も、少しやってみて自分に向かな ...

  • 転職を考えない若者の方が、もはや珍しい。採用担当者が転職未経験の若者にアプローチすべき理由

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    転職市場は空前の売り手市場。いい人材を求める採用担当者にとっては、非常に厳しい時代になってきた。求人数が増加する一方で、求職者は減少を続けている。 人材不足が顕著。成長企業の若手の確保、どうする? 厚生労働省の資料によると、有効求人倍率は2008年のリーマン・ショック直後に大きく下落したが、以降上昇 ...

  • 米ドラマ界を支える女性脚本家、ションダ・ライムズの人生

    Madeline Berg , Forbes Staff

    7月にフォーブスが発表した「アメリカで最も成功した女性」(America’s Richest Self-Made Women)ではトップ60位圏内に入らなかったものの、確固たるキャリアを築き、莫大な資産と影響力を持つ女性たちがいる。「グレイズ・アナトミー 恋の解剖学」や「スキャンダル 託 ...

  • スタートアップ界最強の女性は、いかに「3足のわらじ」を履きこなす?

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    米フォーブスの「最も影響力のあるベンチャー投資家ランキング」で2年連続リスト入り。スタートアップ界最強の女性とも呼ばれるシリコンバレーのベンチャーキャピタリスト、アン・ミウラ・コーに、在米戦略コンサルタントの奥本直子が聞く、「ベンチャー投資」と「女性」。奥本:リフトやタスクラビットなど注目の企業に初 ...

  • 夏がキャリア見直しに最適な理由

    Ashira Prossack , Ashira Prossack's Forbes Blog Contributor

    夏は、リラックスやバーベキューだけでなく、自分のキャリアを見直すのに最適な季節だ。長い日照時間を活用し、手持ちの余暇を上手に利用しよう。通常よりも仕事のペースが遅くなることを最大限に生かし、自分のキャリアの現状を確認する。最も必要なのは明確な方向性であり、それを得るために最適な手段はキャリアの見直し ...

  • 「いいね!」を得るほどに自分の「好き」は消えていく?

    尾原 和啓 , Official Columnist

    これは若い人とお話していて感じることですが、これまで自分の「好き」を意識せずに生きてきた方ほど、いざ自分の好きを見つけようとしたとき、「周りに羨ましがられる」とか「認められる」ためのメガネをかけたまま、「好き」を探そうとしてしまう傾向があるのです。今回も前回に引き続き、「好き」の見つけ方についてお話 ...

  • 今日のランチ選びから実践 「好きなこと」を見つける感性トレーニング

    中竹 竜二 ,

    個人が「こうしなさい」と言われるままにキャリアのレールに乗るのではなく、自分で自分の志向を見極めてスキルを磨く時代へ。この流れの中で、突然「好きなこと探し」が奨励される、大きな転換期に差し掛かっていることは前回の記事でお伝えした。多くの人にとって、“初めての挑戦”となるであろ ...

  • プロなら売名くらい当たり前 個の時代を生き抜くには

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    インターネットにより産業構造は大きく変化した。仮想通貨やVR、ギグエコノミーといった新たな概念が生み出され、インパクトが一般社会に届く頃には、すでに世の中の仕組みは変わっている。次なる起爆剤はAIだ。単純労働が代替されてしまうことはもとより、日本語という障壁によってある意味守られていた日本経済も、テ ...

  • マネジメントのコツ 対立を避けてはいけない

    Victor Lipman , CONTRIBUTOR

    私はまだ若手管理職だった頃、あるメンターから、マネジメントにおける自分の最大の弱点をはっきりと指摘された。「君が対立にうまく対処できるかどうか、私には分からない」と。「君は賢く、MBA保持者で、勤勉だ。これは全て、マネジメント向きの資質だ。だが、君が対立に対処する意欲があるかどうかが、私には分からな ...

  • 面接官に聞かれた驚きの質問 「今、うそをついていませんか?」

    Liz Ryan , CONTRIBUTOR

    以下は、読者のデーナから寄せられた便りと、それに対する私からの回答だ。先日、何年も前から履歴書にうそを書いているという男性からの便りを読んで、とてもがっかりしました。私は履歴書には真実しか書きません。面接でも同じです。私は数週間前に面接を受けました。面接官を務めた人事部のマネジャーに気に入られていな ...

  • 成功できない原因は自分にある? 見直すべき5つの態度

    Jeanne Croteau , CONTRIBUTOR

    誰でも「最大の敵は自分自身」という言葉を聞いたことがあるだろう。だが、それがどういう意味か、頻繁に考えてみることはあるだろうか。あなたは自分の可能性を最大限に生かすような生き方をしているだろうか? それとも、自分で自分の道を妨げるようなことをしているだろうか? もし後者に該当すると思うなら、自分の態 ...

  • 面接で自慢は逆効果 自分の正しい売り込み方

    Liz Ryan , CONTRIBUTOR

    以下は読者のレイから寄せられた便りと、私からの回答だ。私は転職活動の情報共有会に参加することがあります。そこでは、20年前に言われていたような時代遅れのアドバイスがいまだに共有されています。その一つが「採用面接では自分を売り込むべき」というものです。私には、面接官に自分の強みを押し売りして自慢するよ ...

  • 「人材獲得戦争」に勝つのはデジタルに強い会社

    Victor Lipman , CONTRIBUTOR

    かつてなく熾烈な争いとなっている「人材獲得戦争」で、企業が明確な優位性を得るためにできることが一つある。それは、会社をデジタル面で傑出した存在にすることだ。つまり、自動化技術や人工知能(AI)、職場の協働ツールなどの技術を完全装備すると同時に、従業員がデジタル分野の知識を深められるよう、訓練に大きな ...

  • キャリアチェンジに必要な7種類の人脈

    Caroline Ceniza-Levine , CONTRIBUTOR

    ネットワーキング(人脈作り)は、新たな仕事を探す上で欠かせない。しかし、自分が持つ既存のネットワークは、新たに進出したい分野では役に立たないかもしれない。既存のネットワークでは、あなたに対する期待値や認識が既にできているため、新たな分野で働く自分を想像しにくいかもしれない。そのため、キャリアチェンジ ...

  • 内定辞退もすぐに後悔、やっぱり雇ってもらうことは可能?

    Liz Ryan , CONTRIBUTOR

    以下は読者のジョーダンから寄せられた便りと、私からの回答だ。私は昨日、ある内定を断ってしまいました。今から考え直して、内定を受けることはできるでしょうか?この内定は悪くはなかったのですが、昨晩はこれよりもはるかに良い条件の別の内定が提示されることを期待していて、断ってしまいました。しかしその後リクル ...

  • 趣味をサイドビジネスに変えるための3か条

    Ryan Robinson , CONTRIBUTOR

    趣味をビジネスに変えるために必要なものは何だろう? ビジネス慣習についての確かな理解は必須だが、最も成功を収めるスタートアップの類いは、創業者が自らの情熱を注ぐプロジェクトから発展しているようだ。情熱は、成功を収めるために欠かせないモチベーションやイノベーションなどの要素を動かす原動力になる。その情 ...

  • 「起業には興味ない」人が才能を無駄にしている5つのサイン

    Liz Ryan , CONTRIBUTOR

    以下は、読者のトレバーから寄せられた便りと、それに対する私からの回答だ。私はこれまで、成功したスタートアップ企業3社で働いてきました。自分の仕事ぶりは優秀だと自負しています。「いつ自分の会社を立ち上げるの?」とよく言われますが、起業には興味がありません。自分で事業のアイデアを考え、投資家を探して従業 ...

  • 35歳限界説はどこへやら 増加する「ベテラン転職」

    藤本 あゆみ , Official Columnist

    突然ですが、転職しました。一つ前のコラムで、お金のデザインでPRの仕事をしていると書いたのですが、 縁あって3月16日より、Plug and Play Japanで新しい仕事を始めました。マーケティングとPRを担当します。安心してください、at Will Work は続きます(笑)。Plug and ...