• ラトビアが急成長を続ける理由

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    北海道の7割程度の国土に、名古屋市ほどの人々が暮らすラトビア。この小さな国がここ10年で急成長を遂げてきた理由とはー。フランス・パリの観光名所、ルーブル美術館や、オランダのアムステルダム国立美術館、そしてスペインのプラド美術館ー。世界を代表する美術館で、「ガラスが消えた」と囁かれている。ここで使われ ...