• 「再利用可能スタジアム」は五輪後の東京を救うか?

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    2020年の東京五輪後に競技施設をどう活用するべきか。そんな「レガシー問題」の議論が交わされる中で、日本市場に参入し、水面下で動き出した企業がいる。フランスのGLイベンツ社だ。2016年に日本市場へ参入したGLイベンツが手がけるのは、仮設建設ビジネス。大型イベントが開催されるエリアで、 &ldquo ...

  • 「北朝鮮の五輪参加」世論をAIで分析、韓国人の本音とは?

    河 鐘基(ハ・ジョンギ) , CONTRIBUTOR

    平昌冬季五輪の開催まであとわずか。開催地・韓国の人々の関心のひとつは、朝鮮民主主義人民共和国(以下、北朝鮮)の選手団の大会参加と、その後の南北融和の行方となっている。北朝鮮が、大会参加を正式に表明したのは、1月9日に行われた南北高位級会談でのこと。以降、韓国メディアは多くの関連情報が報道しているが、 ...

  • 「街をフィールドに変える」スポーツで観光客誘致

    小山 薫堂 , CONTRIBUTOR

    放送作家・脚本家の小山薫堂が「有意義なお金の使い方」を妄想する連載第21回。東京でも56年ぶりにオリンピックが開催されるが、重要なのは規制緩和。普段できないことにチャレンジして、ぜひ新しい東京の魅力を構築しよう。スポーツは街を盛り上げる格好のエンターテインメントだが、その最たるものがオリンピックだろ ...

  • 愛煙・分煙の知られざる経営学

    川村 雄介 , CONTRIBUTOR

    ヘビースモーカーの友人が、思わせぶりに上着の内ポケットを弄った。携帯電話とほぼ同じサイズの容器を取り出す。中には短い万年筆ほどのスティックが格納されている。スティックには小さな緑色のランプが点灯している。右端の開口部に白色の短い棒を差し込む。スイッチらしきものを押して数秒待つと、おもむろに棒を咥くわ ...

  • 五輪選手のようにプレッシャーと闘う カギは「コントロール」

    Jason Selk , CONTRIBUTOR

    開催中のリオデジャネイロ五輪では、人生最大ともいえる夢をかなえたのだろう世界のトップアスリートたちが、戦いを続けている。挑戦の機会は4年に一度しかない──そう考えれば、彼らが受けているプレッシャーがどれほどのものかが分かるだろう。目標を達成できるチャンスは大半の選手にとって、恐らくたった一度しかない ...

  • リオ滞在セレブに人気の「オアシス・コレクション」、豪邸と豪華なサービスを提供

    Karen Hua , FORBES STAFF

    五輪の特徴、それは世界の最大と最高が開催地に集結することだ。世界最高のアスリートたち、最大規模のスポンサー企業各社、最も著名な大会参加者たち──いずれも、豪華な宿泊施設を必要とする人たちだ。開催中のリオデジャネイロ五輪は選手村に対する懸念が伝えられ、オンライン宿泊仲介のエアビーアンドビーも高額な宿泊 ...

  • ブラジル経済への「五輪効果」は絶望的? インフラ投資で赤字拡大

    Kenneth Rapoza , CONTRIBUTOR

    リオデジャネイロ五輪が8月5日、開幕した。だが、ブラジル経済が受けるその恩恵に期待を持つことはできなさそうだ。現地に続々と到着するアスリートや旅行客らが利益をもたらしてくれることに期待していた企業も、それほど大きな利益を得ることはできないかもしれない。格付け会社大手フィッチ・レーティングスのグラウシ ...

  • 数字でみるリオ五輪、「初めて」や「最も」にまつわる15のトリビア

    Christina Settimi , Forbes Staff

    開幕を迎えた第31回夏季五輪リオデジャネイロ大会について、関連するさまざまな事柄のうち「初めて」や「最も」にまつわるさまざまな事柄を紹介する。1.ロシアが初めて、国家ぐるみのドーピングへの関与と隠蔽(いんぺい)を指摘され、選手118人が出場禁止となった。参加選手数は合計271人で、国別でみた人数のラ ...

  • 世界で最も危険なWiFiスポットはリオ五輪 「ハッカーの祭典」状態に

    Curtis Silver , CONTRIBUTOR

    オリンピック開催中のリオデジャネイロの街は盛り上がりを見せる一方、厳重な警備体制が敷かれている。観戦者たちの個人情報を狙うハッキングも多発しており、リオはハッカーたちの祭典とでもいうべき状況だ。リオ五輪を観戦しに行く人は、生水を飲まないことと、WiFiを使わないことを心掛けてほしい。複数のセキュリテ ...

  • フェイスブック、リオ五輪で「自撮り機能」をテスト導入 アプリで投稿を促進

    Kathleen Chaykowski , Forbes Staff

    フェイスブックがニュースフィードのトップにカメラを表示する機能を試験的に導入し始めた。自撮り写真や動画をより簡単に投稿できるようにすることで、減少傾向にある個人による投稿を増やす狙いがありそうだ。カメラ機能はフェイスブックのアプリ画面の3分の1ほどの大きさに表示され、ニュースフィードをスクロールダウ ...

  • チケット100万枚が売れ残り!? 開幕迎えたリオ五輪を数字で紹介

    Christina Settimi , Forbes Staff

    南米で初の開催となる第31回夏季五輪リオデジャネイロ大会が8月5日、開幕した。市中心部にあるマラカナン競技場で行われた開会式で幕を切った今大会のさまざまな事柄を数字で紹介する。■競技関連42:試合が開催される競技の種目数306:試合が開催される競技数37:競技会場数161:男子選手が受け取るメダルの ...

  • リオ五輪、コンドーム配布数は史上最多 1選手当たり42個

    Bruce Y. Lee , CONTRIBUTOR

    ブラジル・リオデジャネイロで今週末に開幕する夏季五輪では、選手らに配布されるコンドームの数が五輪史上最多となる予定だ。英紙ガーディアンや米誌グラマーによると、国際オリンピック委員会(IOC)はリオ五輪に出場する1万500人の選手のため、35万個のコンドーム、10万個の女性用コンドーム、そして17万5 ...

  • 急減速のネットフリックス 「リオ五輪」で視聴者離れ懸念も

    Shelby Carpenter , FORBES STAFF

    ネットフリックスが7月18日に発表したQ2決算は、契約者数増加の急減速を示す結果となった。契約者の純増数は170万人と同社予測の250万人を大きく下回り、前年同期の330万人、前四半期実績の674万人から激減している。売上高は19.7億ドル(約2,080億円)でアナリスト予測の21.1億ドルを下回っ ...

  • トリノでの銀メダルから10年:米国フィギュアスケートのサーシャ・コーエン、独占インタビュー(後半)

    Forbes.com CONTRIBUTORS , CONTRIBUTOR

    前編はこちら2016年1月22日に、サーシャ・コーエンは米国フィギュアスケート殿堂入りを果たす。インタビュー前半では、ソルトレークシティオリンピック以降、銀メダルを獲得したトリノオリンピックまでの歩みを振り返った。後半は、2010年のバンクーバーオリンピックで25歳という年齢でのカムバックを目指した ...

  • トリノでの銀メダルから10年:米国フィギュアスケートのサーシャ・コーエン、独占インタビュー(前半)

    Forbes.com CONTRIBUTORS , CONTRIBUTOR

    サーシャ・コーエンが2006年のトリノオリンピックで銀メダルを獲得してから10年。あれ以来、フィギュアスケートの女子シングルで米国にメダルをもたらす選手はまだ出てきていない。31歳になったコーエンは、この春ニューヨークにあるコロンビア大学を卒業する予定だ。スケートリンクから遠ざかって久しく、今はもっ ...