• トランプ、視聴率でオバマに完敗 演説視聴者は1千万人減

    Simon Thompson , CONTRIBUTOR

    2月28日、ドナルド・トランプは米国大統領就任後の初の議会演説を行った。実業界の大物で元リアリティTV番組司会者のトランプの演説は、各局のニュース番組に取り上げられた。しかし、視聴者数の点では前大統領のオバマの2009年の演説に遠く及ばなかった。ハリウッド・リポーターによると、ニールセンが報告した初 ...

  • トランプ大統領の移動経費、週末のゴルフリゾート滞在3回で11.3億円

    Niall McCarthy , CONTRIBUTOR

    フロリダ州にある高級ゴルフリゾート「マー・ア・ラゴ」までのドナルド・トランプ米大統領の移動は、米国の納税者たちにかなりの負担になっているようだ。就任以来3回の移動で、およそ1000万ドル(約11億2200万円)の税金が使われたと見られる。政府説明責任局(GAO)が2016年10月に公表した大統領のフ ...

  • オバマ「回顧録」に前払い金23億円 米出版社らが大争奪戦

    Dana Feldman , CONTRIBUTOR

    バラク・オバマ元米国大統領の「回顧録」出版について注目が高まっている。オバマが受け取る前払い金は、少なくとも2,000万ドル(約23億円)以上になるとの見方も出ている。ICMパートナーズの出版部門のエスター・ニューバーグは、オバマの著作の過去の実績から考えて、回顧録への前払金は過去最高額になるはずだ ...

  • 「未来のビル・ゲイツ」15名 オバマも認めた女性起業家ほか

    Caroline Howard , FORBES STAFF

    フォーブスが世界をリードする若手起業家やリーダーを選出し、毎年発表するリスト、「30アンダー30(30歳未満、有望な若者たち)」。今年は20分野から各30人、合計600人が選ばれた。今回は、その中から注目の15人をピックアップ。カテゴリー別に紹介する。オバマに招かれた在庫発注の変革者ジュエル・バーク ...

  • 米最高裁判事の死去 大統領選控える米財界への影響は

    Daniel Fisher , FORBES STAFF

    米連邦最高裁のアントニン・スカリア判事(79)が死去した。これにより、オバマ大統領には新たにリベラル派の判事を最高裁に送り込む機会が与えられる。だが、就任には共和党が多数派の上院による承認が必要であり、大統領が簡単に候補を指名できる訳ではない。連邦議会はこれまでも、退任間近の大統領による指名について ...

  • オバマやヒラリーが繰り返す「銃規制に関する誤った主張」

    Forbes.com CONTRIBUTORS , CONTRIBUTOR

    政治家は自らが選択した物語を続けていくため、一面的な話の進め方をするものだ。しかし、オバマ大統領とヒラリー・クリントン氏の銃産業に対する嘘八百を放っておいてよいものだろうか。1月7日、オバマ大統領はニューヨークタイムズに寄稿し、次のように述べた。「銃メーカーらは事実上、法の適用を免れるということを議 ...

  • オバマ大統領 行政権で「エンドラン」? 大統領令で提訴も

    Daniel Fisher , FORBES STAFF

    オバマ大統領は1月4日、大統領令による新たな銃規制の強化策を発表した。より幅広く販売業者に営業許可の取得を義務づけるほか、購入者の身元調査を強化するなど、銃販売に関する連邦政府の監督体制を強化する。大統領は、現行規則を強化したに過ぎないと述べているが、野党共和党は「行政権の乱用だ」と強く反発している ...

  • 中国とインドの温暖化対策に米国が一役買う?

    Ken Silverstein , CONTRIBUTOR

    世界170カ国の代表がパリに集結し、温暖化防止に向けての二酸化炭素排出削減目標について活発な議論を交わしている。しかしながら、それは同時に先進国と開発途上国の間の大きな隔たりを改めて浮き彫りにさせている。人間活動による気候変動が始まったのはヨーロッパの産業革命までさかのぼるという。そして、その恩恵を ...