• 英国でウーバーに勝訴の元ドライバーが語る「戦い抜く決意」

    Oliver Smith , Forbes Staff

    ヤシーン・アスラムは、まるでセレブリティーのように見える。ロンドン北部を歩けば多くの人たちに声をかけられ、握手を求められる。数千人のフォロワーがいるアスラムは、日常の出来事についてツイートし、動画を配信する。さらに、彼には3年ほど前から撮影のために密着しているドキュメンタリー映画の監督がいる。撮影は ...

  • 自動運転車死亡事故、ウーバーが続ける「沈黙」という最悪の対応

    Chunka Mui , Contributor

    米アラスカ州のプリンスウィリアム湾で1989年、石油輸送船エクソン・バルディーズ号が25万バレルもの原油を流出させた事故では、エクソンの対応が危機管理の悪い見本となった。同社は評判を損ねただけでなく、石油探査に対する世間の態度を硬化させることにもなった。ニューヨーク・タイムズ紙は、エクソンの失敗の主 ...

  • 米国で出張中のライドシェア利用が拡大、主要な「足」に

    Michael Goldstein , Contributor

    出張旅行者が支払う交通機関の利用料(航空賃・船賃を除く交通費)のうち、米配車サービス大手のウーバーとリフトに支払われる金額の占める割合が、ますます増加している。力を増す企業があるその他の全ての市場と同様、両社は競合相手に大きな打撃を与えている。ウーバーとリフトの利用拡大から特に大きな痛手を受けている ...

  • 全米1200名アンケートで見えた、ウーバーの運転手たちの本音

    Jaclyn Trop , CONTRIBUTOR

    このところセクハラ問題や法廷闘争などのネガティブな話題ばかりのウーバーだが、ドライバーらの業務の満足度は向上していることが明らかになった。ライドシェアで働く人向けのブログ「The Rideshare Guy」は先日、全米1200名のドライバーたちを対象としたアンケート調査結果を発表した。それによると ...

  • ウーバーが「少し歩く」格安プランを発表、最大で75%割引に

    Biz Carson , Forbes Staff

    2月21日、ウーバーは従来よりも安価な料金で乗車できる「ExpressPool」と呼ばれるコースを発表した。ExpressPoolではウーバーのドライバーが居る位置まで、乗客が数百メートル程度を歩いて移動する必要があるが、これにより料金を安くできる。ExpressPoolを使うと、最も一般的な「Ub ...

  • ウーバー運転手の報酬に男女差 ギグ・エコノミーが抱える課題

    Adi Gaskell , CONTRIBUTOR

    米配車サービス大手のウーバーはここ数年、社内の性差別のうわさが絶えない。昨年は、同社の元従業員スーザン・ファウラーが、ウーバー社内のセクハラ問題をブログで告発して話題になった。ファウラーが同社に勤務していた2015~16年の間に起きたとされるセクハラ問題を巡り、最終的には20人の従業員が解雇され、同 ...

  • ウーバーを通じて見えてくる、日本とアメリカの「社会構造の違い」

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    最近ウーバーが象徴するものについて考えた。アメリカではウーバーが日常的に普通に使えるが、日本ではいまだにあまり普及していない。その普及の難しさと、ウーバーに乗って感じることに、アメリカと日本の社会構造の違いが見えてくる。端的にいえば、単一民族の日本社会と、複雑化する移民国家のアメリカ社会の違いである ...

  • 苦境のウーバーを横目に「リフト」が躍進、乗車回数が2倍に

    Biz Carson , Forbes Staff

    2017年はウーバーが苦戦した一方、競合のリフト(Lyft)は好調な業績をあげていたことが分かった。1月16日、リフトは昨年の乗車回数を2倍に伸ばし、米国とカナダのトロントでの乗車回数の合計が3億7550万回に達したと発表した。トロントでは昨年12月にサービスを開始していた。リフトの2015年の乗車 ...

  • シリコンバレーのセクハラ裏事情 女と男と「無意識バイアス」

    渡辺千賀、 奥本直子 , Official Columnist

    在米の戦略コンサルタントの2人に本音で語ってもらう企画第3弾は、昨年大きく話題になったセクハラ問題について。続々とビッグネームの辞職者が出た、事の発端は一体何だったのか。TIME誌の「パーソンオブザイヤー」にも選ばれたスーザン・ファウラーのブログとはどのようなものだったか? また、女性が「本当にひど ...

  • 世界の配車アプリの覇権を握る、ソフトバンク孫正義の野望

    Pamela Ambler , Forbes Staff

    中国の配車サービス市場を席巻する滴滴出行(Didi Chuxing)は1月4日、ブラジルの配車サービス「99」を買収すると発表した。99はラテンアメリカにおけるウーバーの最大のライバルだ。配車サービス業界では昨年12月、ソフトバンクがウーバーの株式の14%を取得すると発表していた。関係筋の情報では創 ...

  • エヌビディアCEO、2時間に及ぶ「自動運転強化宣言」の中身

    Alan Ohnsman , FORBES STAFF

    自動運転車向けのコンピューティングとAI(人工知能)で世界をリードするエヌビディアは、新たにウーバーとフォルクスワーゲン(VW)との提携を発表した。エヌビディアは、ウーバーが開発中の自動運転車にテクノロジーを提供し、VWとはAIアプリケーションの開発で協業する。エヌビディアの創業者兼CEOであるジェ ...

  • 民泊解禁で日本はどうなる? シェアリングエコノミーの第一人者に聞く

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    2018年6月に一般住宅に旅行者を有料で泊める「民泊」が全国で解禁される。個人の活用できていないモノや余剰時間のサービスをユーザーと共有するシェアリングエコノミーが世界で広がっている。その際に重要な「信用」を提供しつつユーザーと提供者をつなぐのがエアービーアンドビーやウーバーなどプラットフォームだ。 ...

  • ウーバーにつきまとうカラニックの「亡霊」 急務のブランド変革

    Jeff Boss , CONTRIBUTOR

    米配車大手ウーバーは問題続きだ。セクシュアルハラスメント横行問題から米グーグルとの知的財産を巡る裁判まで、評価額480億ドル(約5兆3500億円)のスタートアップである同社は、真に大切なたった一つの価値を急速に失っている。それは「信頼」だ。いやむしろ、すでにウーバーの信頼は完全に失われた。というのも ...

  • ソフトバンクのウーバー株取得「大幅値下げ交渉」は成立するか?

    Biz Carson , Forbes Staff

    ソフトバンクがウーバーの株主らに対し、現状の評価額を大幅に下回る価格での株式取得を提案している。ブルームバーグの報道によると、ソフトバンクはウーバーの株式を、評価額480億ドル(約5.3兆円)で買い取ることを提案している。これは現状のウーバーの評価額の690億ドル(約7.7兆円)を30%下回る水準だ ...

  • ウーバーの「ボルボ車2万台購入」で見えた自動運転への本気

    Biz Carson , Forbes Staff

    ウーバーは自動運転の実用化に向けたレースから降りた訳ではないようだ。ウーバーは今年、自動運転分野で競合のウェイモから訴えられ、幹部のアンソニー・レバンドウスキーを解雇したが、この分野でのチャレンジを継続する構えだ。11月20日、ウーバーはボルボから自動運転技術が搭載可能なSUV車両「Volvo XC ...

  • ソフトバンクのウーバー出資、来週合意か 2年以内にIPO説も

    Biz Carson , Forbes Staff

    ソフトバンクのウーバーに対する巨額の出資は、来週にも成立する見込みだ。ウーバーの取締役でハフィントンポスト創業者のアリアナ・ハフィントンが明かした。10月16日、ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)主催のカンファレンスに登壇したハフィントンによると、ソフトバンクはウーバーの株式の14%から20 ...

  • ウーバーの企業文化を根底から変える、黒人女性幹部の決意

    Alexandra Wilson , FORBES STAFF

    10月1日、フォーブスの「アンダー30サミット」が米ボストンのCity Hall Plazaで開催された。世界中の若手起業家がつめかけたこの日のキーノートで、一躍注目を集めたのが今年6月に、ウーバーの最高ブランド責任者に就任した黒人女性幹部のボゾマ・セントジョンだった。セントジョンは前職のアップルで ...

  • ウーバー、ロンドンで営業継続へ署名活動 新体制下で「変化」も

    David Schrieberg , CONTRIBUTOR

    ロンドン交通局(TfL)は9月22日、米配車サービス大手ウーバー・テクノロジーズの営業免許を同月30日の期限切れ以降、更新しないとする決定を下した。これを受け、同社が「反撃」に出るまでにそう時間はかからなかった。ウーバーは即座にオンライン署名サービスChange.org(チェンジ・ドット・オーグ)で ...

  • 英ウーバー禁止で見えた「オンデマンド」企業が抱える爆弾

    Parmy Olson , FORBES STAFF

    9月22日、英ロンドン交通局は30日で期限切れを迎えるウーバーの営業免許を更新しないと発表した。ロンドンのウーバーのドライバーは4万名、顧客数は350万名とされている。これに対しウーバーは「即座に法廷に訴える」と宣言し、営業を続行する意思を示した。当局はウーバーの乗客の安全上の懸念や、ウーバーが規制 ...

  • 相乗り仲介の「ブラブラカー」、パリ近郊で通勤者向けサービス開始

    David Schrieberg , CONTRIBUTOR

    パリを拠点とする相乗り仲介サービスのユニコーン企業、ブラブラカー(BlaBlaCar)は先ごろ、これまで提供してきた長距離移動での相乗りの仲介に加え、交通渋滞が深刻なパリ市内と近郊での通勤客向け相乗り仲介サービスを開始すると発表した。ブラブラカーは、パリを中心としたイルドフランス地方で、短距離を移動 ...

  • ウーバーに1兆円注ぐソフトバンクの「打算」とグーグルの思惑

    Biz Carson , Forbes Staff

    ソフトバンクはウーバーへの出資に向けた交渉に入っており、早ければここ2週間のうちに正式アナウンスが行われる見込みだ。出資額は50億ドルから70億ドル、もしくはそれ以上になる可能性もある。関係筋によるとソフトバンクはウーバーの出資元らに対し、株式の買い取り提案を進めており、同時に直接投資の道も模索中と ...

  • 私がウーバー新CEOに贈る「100億ドルのアドバイス」

    Bruce Weinstein , Contributor

    米配車サービス大手、ウーバーの最高経営責任者(CEO)に新たに就任したダラ・コスロシャヒが会社を立て直す唯一の方法は、ここで紹介する3つの大胆な施策を即座に実施することだ。生産性の向上、従業員の士気や離職率の改善、訴訟での敗北の減少などの効果を生むこれらの施策の価値は、1つ当たり30億ドル(約330 ...

  • ウーバーが「顧客の追跡」機能を改善、プライバシー保護に配慮

    Janet Burns , CONTRIBUTOR

    ウーバーは昨年、同社のアプリに導入した顧客の行動の追跡する機能を廃止する。ウーバーは現在、顧客サービス改善や安全性の向上を目的として、アプリが開いている間と配車リクエストから降車後の5分後までの間、顧客の位置情報を収集する権限をアプリに持たせている。位置情報の利用について現在は、プライバシー設定から ...

  • ウーバーが海外で贈賄の疑い 米司法省が予備捜査

    Biz Carson , Forbes Staff

    米国司法省はウーバーが海外の行政当局に対し、贈賄を行った疑いで予備捜査を開始した。この件はウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が報道し、ウーバーの広報担当者も「当局の捜査に協力している」と述べた。報道によると、ウーバーには企業が海外の当局に業務目的で賄賂を送ることを禁じる法律(FCPA:For ...

  • 「反トランプ」でも注目のウーバー新CEOが抱える難題

    Biz Carson , Forbes Staff

    旅行サイト「エクスペディア(Expedia)」CEOのダラ・コスロシャヒはここ10年の間、エアビーアンドビーやその他の旅行業界の改革者らの一歩先を行く存在として、ビジネスを運営してきた。険しい道のりではあったが、直近のエクスペディアの決算報告によると同社は前年比18%増の売り上げを記録している。ウー ...

  • 自動運転で世界を取る、ウーバーを追放された男たちが見た夢

    Biz Carson , Forbes Staff

    トラビス・カラニックとアンソニー・レバンドウスキーは似たもの同士と言える──。両者ともテクノロジーの熱狂的支持者であり、自動運転のアイデアに取り憑かれ、人生の一時期をウーバーの役員会の重要メンバーとして過ごしたという点で。カラニックとレバウンスキーの2名はウーバーから追放された。ウーバーの共同創業者 ...

  • ウーバーCEO問題を解決する最善策はこれだ

    Bruce Weinstein , Contributor

    社内でのセクハラ横行疑惑や、規制回避の疑いでの米司法省による調査、自社の運転手に暴言を浴びせる動画が全世界で話題を呼んだCEO——。ウーバーを悩ませるこうした問題の数々の解決策は何だろうか?カラニックCEOが休職を発表する直前、米紙ニューヨーク・タイムズの記事で紹介されていた ...

  • 楽天も出資の「中東のウーバー」Careem創業者が描くアラブの未来

    Parmy Olson , FORBES STAFF

    中東のウーバーとして知られる配車サービスがドバイを本拠とする「Careem」だ。同社はこの地域で唯一のユニコーン企業であり、アラブ地域ではウーバーの一歩先を行くポジションをとっている。Careemの共同創業者のMudassir Sheikhaは39歳のパキスタン人。米国のスタンフォード大学で学んだ後 ...

  • カラニックCEO辞任はウーバー立て直しの最善策ではない

    Davia Temin , CONTRIBUTOR

    ウーバーのトラビス・カラニックCEOが辞任を強いられたのは、私にとっては悲しいことだ。カラニック辞任のニュースについては世界中のメディアアナリストやリーダーシップ専門家が解説しているが、本記事ではそれとは全く異なる視点、特に、組織内の男女平等を声高に支持してきた人物からの視点を紹介したい。カラニック ...

  • 「英語が話せない」ウーバー運転手に罰金刑 米フロリダ州

    Janet Burns , CONTRIBUTOR

    米フロリダ州マイアミのウーバーの運転手が「罰金250ドル」を宣告された。その理由はスペイン語を母国語とする彼女が、英語を話せなかったからだ。事件は6月18日の日曜日にマイアミ国際空港で発生した。ウーバー運転手のCarmen Hechevarríaは乗客を空港で降ろすところだった。警備担 ...