• ウォール街を賑わす「アルゴリズム戦争」、AI取引の最前線

    肥田 美佐子 , JOURNALIST

    空前のAI(人工知能)ブームはウォール街をも席巻している。高頻度取引業者が株価を操り、AI取引型ファンドが高リターンを記録する時代ー。「ウォール街のアルゴリズム戦争」でコンピュータ取引の実態を描いた、「ウォール・ストリート・ジャーナル」紙記者でベストセラー作家のスコット・パタースンがAI取引の現実を ...

  • 次のバフェットは誰だ? 次世代金融リーダーの思考と素顔

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    世界経済を支配し、影響を与えるマネーマスターたち。フォーブス厳選の40人[前編・後編]に続く、次世代金融リーダー10人の素顔と先駆的思考を紹介する。1. メアリー・キャラハン・アードス(48)JPモルガン・アセット・マネジメントCEO、専門:資産運用JPモルガン・チェースのジェイミー・ダイモンCEO ...

  • 失敗を何よりも嫌う男、「世界一のマネーマスター」が明かす投資の極意

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    ブラックストーン・グループは危機のたびに大きく成長し、世界最大の投資ファンド運用会社にまで上り詰めた。失敗を何よりも嫌う会長兼CEOスティーブン・シュワルツマンの哲学とは。ウォール街の伝説的な投資家として名を馳せたJPモルガンの副会長、ジミー・リーはこの世を去る3カ月前の2015年3月、スティーブン ...

  • 不確実性を嫌うウォール街が注視する大統領選の行方

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    「お金」の支配者たちが集結するウォール街には世界の金融業者の最先端が集まる。そのウォール街が今、注目しているテーマをそれぞれの専門家がリポートする。ウォール街で今、最も注目を集めているのは、11月8日に行われる米大統領選の行方だ。不確実性を何より嫌う世界金融の中心地では何が起きているのか。&rdqu ...

  • レンディングクラブの悲哀に見る米ノンバンク系ブームの陰り

    Antoine Gara , Forbes Staff

    米大手銀行の解体は、2016年米大統領選の争点のひとつになっている。しかし、消費者金融から高リスク住宅ローンの運用、そして中規模のレバレッジ・バイアウトの融資に至るまで多数のビジネスに携わっている“大きすぎて潰せない”ウォール街の銀行を見ると、それとは程遠い状況だ。5月9日朝 ...

  • アップル大物幹部 世界最大のヘッジファンドに転職

    Nathan Vardi , FORBES STAFF

    世界最大のヘッジファンド、ブリッジウォーター・アソシエイツは3月10日、共同最高経営責任者(CEO)の採用を発表した。運用資産1,570億ドルを誇る業界トップが選んだのは、アップルでiPodを立ち上げ、Palmの会長も務めたジョン・ルービンスタインだ。同社は顧客向けの書簡で、シリコンバレー出身者を選 ...

  • ウォール街の平均年収は約4500万円 ボーナスは前年度比9%減

    Antoine Gara , Forbes Staff

    米国では、昨年1年で3兆8,000億ドル(約429兆円)相当の企業買収契約が締結された。M&Aの件数が記録的な数字を達成したにも関わらず、取引に貢献したウォール街のビジネスマンに支払われた賞与は、それを反映するものではなかった。ニューヨーク州会計検査院が3月7日発表した、ウォール街の銀行や証 ...

  • 「ボウイ債」で65億円を調達したデヴィッド・ボウイの偉業

    Maggie McGrath , Forbes Staff

    デヴィッド・ボウイが1月10日、69歳で亡くなった。時代の先駆者であり続けた彼の死は、世界中を悲しみに包んでいる。革新的なロックのアイコンとして音楽史にその名を刻むボウイはまた、金融のパイオニアでもあった。1997年当時、9億1,700万ドルもの推定資産を持ち「世界で最も価値のあるミュージシャン」だ ...