• 米ウォルマートが総額2億ドルのボーナス支給も非難される理由

    Panos Mourdoukoutas , CONTRIBUTOR

    米小売り最大手のウォルマートは、従業員に“寛大な”姿勢を示している。時給制で働く米国内の店舗の従業員およそ91万5000人に先ごろ、総額2億ドル(約222億円)以上をボーナスとして支給した。だが、米国内の労働組合が主導する活動団体「Making Change at Walma ...

  • 楽天Koboと提携のウォルマート、狙いは「新たな顧客層」

    Andria Cheng , Contributor

    米小売最大手ウォルマートは8月22日、カナダ・トロントに拠点を置く「楽天Kobo」との提携により、米国内での電子書籍サービスを開始したことを明らかにした。ウォルマートとしては、ネット通販大手アマゾン・ドット・コムとの戦いにおける新たな攻撃の一手となる。ウォルマートの電子書籍ストアは、楽天Koboが取 ...

  • ウォルマート好決算で創業者一族は資産19兆円、ベゾスを抜く

    Abram Brown , -

    アマゾンCEOのジェフ・ベゾスは世界で最もリッチな人物として知られ、フォーブスの試算で史上初の「資産1000億ドル超え」を記録した。その後もアマゾンの株価上昇により、資産額をさらに伸ばし、8月16日時点でベゾスの資産額は1560億ドルに達している。しかし、1992年に亡くなったウォルマート創業者、サ ...

  • マクドナルドが「無人レジ」で成功する理由 

    Panos Mourdoukoutas , CONTRIBUTOR

    米ファストフード大手マクドナルドでは、確実にハイテク化が進んでいる。少なくとも、注文の受け付けと精算においてはそう言うことができる。そして、店舗に不可欠だったレジ係の重要性は失われている。ますます多くの店舗で、セルフオーダーキオスクが導入されているためだ。すでにキオスクを導入した店舗数は明らかにされ ...

  • 「1日1ドル」で学位取得が可能に、米ウォルマートが新制度

    Phil Lempert , CONTRIBUTOR

    米小売最大手のウォルマートは5月30日、同社と傘下の会員制スーパーマーケット、サムズクラブに勤務する従業員の学位取得を支援するための新たな制度を導入したと発表した。対象となる米国内の従業員は毎日1ドルを拠出することで、経営またはサプライチェーン・マネジメントの学士・準学士課程を履修することができる。 ...

  • ウォルマートの無人レジ精算システム、導入を中止

    Panos Mourdoukoutas , CONTRIBUTOR

    店舗のレジ係を必要としない「スキャン&ゴー(Scan & Go)」システムの導入を進めていた米小売業最大手のウォルマートが、その計画を中止していたことが明らかになった。ブルームバーグが先ごろ報じた。全米食品商業労組の「Making Change at Walmart(MCAW、ウォルマートに ...

  • 「エリート主義」イメージの払拭へ、米代替食メーカーの新戦略

    Christina Troitino , Contributor

    ミールリプレイスメント(代替食)メーカー、米ソイレント(Soylent)は今年4月、小売業最大手ウォルマートの450以上の店舗で、ドリンクタイプの代替食の販売を開始すると発表した。ソイレントは、一連のリコールやインターネット上に投稿された同社製品に関するありがたくない動画をきっかけに悪評を買ったこと ...

  • ウォルマートの印フリップカート買収は「皮肉か賢明な戦略か」

    Panos Mourdoukoutas , CONTRIBUTOR

    米小売業最大手のウォルマートは(法人減税で得た)“棚ぼた利益”により、国内でより多くの雇用を生み出すはずだった。だが、同社はその代わりに、外国での雇用創出につながる巨額の投資を行うことにした──。ウォルマートは先ごろ、インドのネット通販最大手フリップカートの株式77%を約16 ...

  • ウォルマート、インド進出本格化でソフトバンクが得る利益

    Pamela Ambler , Forbes Staff

    ウォルマートによるインドのEC最大手「フリップカート(Flipkart)」の買収が決まった。フリップカートの取締役会は、株式の75%を150億ドル(約1兆6400億円)でウォルマートが率いるグループに売却することを承認した。このグループには、グーグルの親会社であるアルファベットも含まれる。競合のアマ ...

  • 店員が銃乱射阻止か 良識ある従業員を生むウォルマートの企業文化

    Peter Georgescu , CONTRIBUTOR

    企業が良いリーダーシップを発揮すれば、人命を救うことができる──。大げさに聞こえるかもしれないが、これを示す事件が先月起きた。ニューヨーク州イサカのウォルマート店舗で、来店した男がギフトカードを使って銃とサイレンサー、キャンプ用品、ドリルビット、弓のこ刃、ナイフを購入したことを不審に思った従業員が、 ...

  • ウォルマート創業家、保有資産が1日で1.6兆円減少

    Lauren Gensler , Forbes Staff

    米小売最大手ウォルマートの創業家は2月20日、1日にして保有資産およそ150億ドル(約1兆6140億円)を失った。ウォルマートが同日に発表した2017年11月~18年1月期(第4四半期)の決算結果が市場の予想を下回ったことを受け、株価が急落したためだ。ウォルマートの創業者サム・ウォルトンを父に持つロ ...

  • 最低賃金の引上げは労働者の不都合に ウォルマートの例に見る真実

    Panos Mourdoukoutas , CONTRIBUTOR

    ウォルマートは先ごろ、数十万人に上る自社の従業員に良いニュースをもたらした。米連邦政府が決める法定最低賃金を上回る金額に、最低賃金を引き上げたのだ。一方で同社は、従業員たちにとって悪いニュースも明らかにした。ウォルマートは傘下の会員制スーパーマーケット、サムズ・クラブの一部店舗の閉鎖を決定した。これ ...

  • 「リアル店舗」の底力を証明か、続くウォルマート株の上昇基調

    Adam Sarhan , Contributor

    実店舗を運営する世界最大の小売業者、米ウォルマート・ストアーズの株価が先ごろ、最高値を更新した。ネット通販大手アマゾンの株価が大幅に上昇する一方で、従来型の小売業者の株価は大きく下げてきたが、ウォルマートについて称賛に値するのは、オンラインショッピング利用者の急増というトレンドを早い時期に認識し、よ ...

  • 米「ウォルマート」一族の資産額、好決算で1兆円の上昇に

    Angel Au-Yeung , Forbes Staff

    ウォルマートを経営するウォルトン家の資産額の合計は先日の好調な四半期決算発表を受けて、11月16日に110億ドル(約1.2兆円)の急上昇となった。ウォルトン家はウォルマートの株式の大半を保有している。ウォルマートは8-10月期決算でオンライン売上が前年度比50%増となったことを発表し、株価は16日の ...

  • ウォルマートがECの取り組みに「自信」、売上高4割増を予想

    Walter Loeb , CONTRIBUTOR

    保守的なウォルマートの経営陣が突然、同社の2019年1月通期のオンライン販売の売上高について、「前年比40%増」とする見通しを表明した。この発表を受け、同社の株価は10月10日、およそ2年ぶりとなる水準にまで上昇した。本社があるアーカンソー州で行った投資家向け説明会の開始わずか数時間前にこうした見解 ...

  • ウォルマート、顔認識技術の導入理由に批判の声

    Retail Wire , Contributor Group

    米小売り最大手のウォルマートが顔認識テクノロジーをどのように捉え、事業に取り入れようとしているかについて、小売業界の専門家の中には強い批判の声があるようだ。小売業に関するオンラインフォーラム「リテール・ワイヤー」が7月20日に行ったオンライン・ディスカッションに参加した業界の専門家グループ「ブレイン ...

  • ウォルマート、対アマゾンの次の一手は「ピックアップ・タワー」

    Great Speculations , CONTRIBUTOR GROUP

    小売最大手の米ウォルマートは、ネット通販大手の米アマゾンとの戦いを効率的に進めるための積極的な取り組みを推進している。食料品販売における両社の競争は、アマゾンが高級スーパーチェーンの米ホールフーズ買収を発表したことから、ますます激しさを増している。 ウォルマートとアマゾンの双方にとって、顧客を獲得し ...

  • ウォルマート、店員が「帰宅途中に配送」は労働力の搾取か?

    George Anderson , CONTRIBUTOR

    米小売り最大手のウォルマートは国内の実店舗で働く従業員たちに対し、「新たな働き方」に応じることを求め始めた。インターネットで注文を受け付けた商品の配送サービスを、終業後に帰宅する途中の従業員に任せるというのだ。この配送方法は現在のところ、アーカンソー州の1店舗と、ニュージャージー州の2店舗で試験的に ...

  • 小売業の世界有力企業、トップの座はウォルマートが堅持

    Lauren Gensler , Forbes Staff

    米小売業界では、倒産や店舗の閉鎖が相次いでいる。その中で急速に、誰はばかることなく成長し続けているのが、インターネット通販大手の米アマゾンと中国のアリババだ。だが、売上高と利益、資産、時価総額に基づく総合スコアによって世界各国の公開会社をランク付けするフォーブスの「世界の有力企業2000社ランキング ...

  • ウォルマート、対アマゾン戦略で一部職種に高賃金を提供

    Panos Mourdoukoutas , CONTRIBUTOR

    米小売大手ウォルマートは、店舗の従業員など高い技能を必要としない仕事については最低賃金をわずかに上回るだけの低水準の賃金を設定していることで知られる。だが、その同社も電子商取引部門では、有能な人材を引きつけ、確保するために非常に高額の給料を支払っている。米キャリア情報サイトのグラスドアが先ごろ発表し ...

  • アマゾン新サービス「アマゾンキャッシュ」、ウォルマート顧客を奪えるか

    Laura Heller , CONTRIBUTOR

    小売業界のトップの座を巡るアマゾンとウォルマートの戦いは、ますます激しさを増している。アマゾンは新たに開始した「アマゾンキャッシュ」サービスで、ウォルマートの中心顧客層の取り込みを強化する計画だ。アマゾンの新サービスは、銀行口座やクレジットカードを持たない人にインターネット通販の利用を可能にするもの ...

  • ウォルマート、店内用「買い物ドローン」で特許申請も実用化は困難?

    Haniya Rae , CONTRIBUTOR

    ウォルマートは3月下旬、店舗敷地内にいる買い物客の元に購入希望の商品を運ぶドローンの特許を出願した。出願書類によれば、ドローンには数多のセンサーが搭載され、利用客が購入したい商品を見つけ出し、指定の場所まで届けることができるという。同社は2016年秋にも、自動運転式の電動ショッピングカートの特許を出 ...

  • 商品・店舗・サービスに変化 米スーパー業界の4大トレンド

    Laura Heller , CONTRIBUTOR

    食料雑貨店の業界で、その根本が揺らぐような変化が起きている。それにより、顧客の買い物体験はより良いものになると見られている。しかしそれは、小売各社にとってはあまり魅力的な変化とは言えず、中にはこの変化を乗り切ることができない企業もあるだろう。その一連の変化とは、以下のとおりだ。顧客がより健康志向によ ...

  • ウォルマートのデジタルが好調、アマゾンからの「称号奪還」に前進

    Laura Heller , CONTRIBUTOR

    米小売大手のウォルマートが、オンライン売上の伸び率でアマゾンを上回った。ウォルマートによれば、2016年第4四半期(10~12月期)の売上高の伸び率は前期比29%。対するアマゾンは22%だった。このニュースは驚きだ。というのも、このところのニュースでは、著名投資家のウォーレン・バフェットが手持ちのウ ...

  • 争い続けるウォルマートとアマゾン、平均給与はどちらも高水準

    Panos Mourdoukoutas , CONTRIBUTOR

    ウォルマートは高度な技能を必要としない従業員たちに対し、最低賃金をほんのわずかに超える給料しか支払っていない。一方で同社は、戦略を立て、ブランドを売り込み、事業を運営し、効果的にアマゾンと競争するための役割を果たせる高度なスキルを持った人たちには、彼らを採用し、雇用し続けるために多額の報酬を支払って ...

  • アマゾン vs. ウォルマート、激化する戦いの主戦場はマーケットプレイスに

    Laura Heller , CONTRIBUTOR

    アマゾンとウォルマートの激しい戦いが続いている。そして、その主戦場はインターネット上へと移行しつつある。アマゾンとウォルマートはいずれも、複数の企業やブランドが同じ一つの場所でそれぞれの商品を販売できる「マーケットプレイス」を提供。その規模を拡大している。マーケットプレイスでは、プラットフォームやテ ...

  • 狙うは「独身の日」商戦、ウォルマートが中国で合弁事業を発表

    Debra Borchardt , CONTRIBUTOR

    米小売大手のウォルマートとオンラインモール大手のJD.com(京東商城)が、中国最大のショッピングイベントである「独身の日(光棍節)」に向けて準備を進めている。中国では、数字の1(シングル)が4つ並ぶ11月11日を、独身であることを祝う「独身の日」としている。ウォルマートとJD.comは2016年6 ...

  • 米ウォルマート 「自動運転ショッピングカート」の特許を取得

    Janet Burns , CONTRIBUTOR

    近年は様々なテクノロジー企業がロボット技術関連の特許を取得しているが、ハイテクよりも安売りで勝負してきた企業らも、この分野への進出を開始した。米小売大手ウォルマートは先月、店舗内で使用する「ロボットカート」の特許を米国特許商標庁から取得した。ポピュラーサイエンス誌のリポートによると、このロボットカー ...

  • アマゾンまたはウォルマートが「頂点に立つ」ために必要な3要素

    Greg Petro , CONTRIBUTOR

    2015年のクリスマスシーズン、アマゾンとウォルマートがネット通販で繰り広げる価格競争を見ていたらある疑問が芽生えた。この競争において本当に勝者は決まるのか。勝者は相手を打ちのめしたらすぐ、価格を引き上げるのだろうか。あるいは、価格以外の要素も勝負に影響を及ぼすのだろうか。最終的な勝者(あるいは敗者 ...

  • QRコードでアップルに対抗、顧客を囲い込むウォルマートのデジタル決済

    Curtis Silver , CONTRIBUTOR

    アメリカ人の多くは、ウォルマートに対して好きになりきれない屈折した思いを抱いている。品揃えが豊富で価格も安い一方、混雑したレジではいつも待たされる––。そんな中、同社がより快適な買い物体験を提供するために導入するのがデジタル決済だ。ウォルマートはスマートフォン決済システム「ウ ...