• テスラCEOに「児童レイプ犯」呼ばわりされた男、名誉棄損で提訴

    Legal Entertainment , Contributor

    テスラCEOのイーロン・マスクは先月、「BuzzFeed」の記者から、タイの洞窟から少年たちを救出した英国人ダイバーについてのコメントを求められ、「私を訴えようというのなら、訴えてみろ」と述べていた。そして今、マスクの願いは現実になった。7月にタイの洞窟から12名のタイのサッカーチームの少年とそのコ ...

  • 「パニクるな!」 岐路に立つテスラとイーロン・マスク

    小出フィッシャー 美奈 ,

    革新的なモノやサービスを生み出し、世の中の仕組みまで変えてしまう実業家を「ビジョナリー」経営者と呼ぶ。「ビジョン」とは何かが見えること、視力、あるいは目に見える像のことだ。ビジョナリーという言葉には、凡人にはよく見えない未来を鋭く見通す眼力を備え、その夢に形を与えるために集団を引っ張っていくリーダー ...

  • スペースXの「再利用可能な宇宙船」計画、目標を変更か

    Loren Thompson , CONTRIBUTOR

    イーロン・マスク率いるスペース・エクスプロレーション・テクノロジーズ(スペースX)は、誰も考えていた以上に低料金での打ち上げサービスを提供、市場を“破壊”した。だが、同社が行ったことはそれだけではない。スペースXは他社に先駆けて開発した幾つもの技術によって人々の間に、宇宙産業 ...

  • テスラの独自AIチップ開発で見えた「自前主義」へのこだわり

    Patrick Moorhead , Contributor

    テスラCEOのイーロン・マスクは、先日行なわれた業績発表の場で、以前から噂されていた自動運転車用AI(人工知能)チップの自社開発を行なっていることを認めた。マスクとチップ設計者のピーター・バノンは詳細を明らかにしていないが、チップの性能や効率性について興味深いことを述べている。特に注目すべきは、チッ ...

  • 「似ていない」マスクとトランプの類似点

    Doron Levin , Contributor

    一見したところ、イーロン・マスクとドナルド・トランプはそれ以上ないというほど“違って”いる。電気自動車(EV)メーカー、テスラの最高経営者(CEO)であるマスクは若く、クールでリベラルなシリコンバレーの住人だ。先端技術について学んでいる。一方のトランプ米大統領は高齢で、ばかげ ...

  • イーロン・マスクが「神の顔」に激似、米研究で判明

    Eric Mack , CONTRIBUTOR

    米国のクリスチャン511名を対象に「神はどんな顔をしていると思うか?」との調査が実施された──。ノースカロライナ大学チャペルヒル校の心理学者らは、数百枚にも及ぶ顔写真を2枚1組で被検者らに見せ、どちらの顔が神の顔に近いかを選択させた。研究チームはそこから得たデータをもとに画像を組み合わせ、一枚の顔写 ...

  • 大人用の危険なおもちゃ? E・マスクの火炎放射器、引き渡し開始

    Guy Martin , Contributor

    ロサンゼルスの宇宙開発企業スペースX本社で先週末、同社やテスラを率いるイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)が手掛けた500ドル(約5万5000円)の火炎放射器の引き渡しが、ついに始まった。米国は独立記念日を来月4日に控えており、裏庭でのバーベキューや浜辺でのたき火に大惨事をもたらすのにぴったりな ...

  • 難問山積、イーロン・マスク「トンネル交通計画」の実現性

    Alan Ohnsman , FORBES STAFF

    イーロン・マスクはガソリン車の排除や火星への移住を進めるのと並行し、ロサンゼルスに地下トンネルを掘り、渋滞を根絶する挑戦に乗り出した。しかし、技術やコストの面での課題も大きく、専門家らは実現に懐疑的だ。マスクは、自身が経営するトンネル掘削会社、「The Boring Company」は既存技術よりも ...

  • 100人の名言「私がビジネスで学んだこと」 vol.10

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    1917年創刊のForbesは1世紀にわたり、各国のビジネスの最前線を追ってきた。世界を変えてきたビジネスパーソンたちが、その道のりで得た教訓とは──。現代を彩る100人の思想家たちの珠玉の名言を、10回にわたってお届けする。91. イーロン・マスク/テスラモーターズ、スペースエックス創業者AIによ ...

  • イーロン・マスクに見る「カルト的」リーダーの問題点

    Dale Buss , CONTRIBUTOR

    オートパイロット機能を使用していた電気自動車(EV)が走行中に事故を起こしたことも、「モデル3」の生産台数の問題も、テスラへの投資に関する見通しも、気にすることはない──。テスラに関する問題は今後も常に、最高経営責任者(CEO)のイーロン・マスクを信じるか否かということでしかない。マスクやその考え方 ...

  • 投資家がテスラの今後を危ぶむ4つの理由

    Peter Cohan , CONTRIBUTOR

    電気自動車(EV)メーカー、米テスラの株価は新型EVセダン「モデル3」の発表以降、12%低下した。株主たちは、今その所有する同社株を売るべきだろうか? テスラに関する最も重要な問題は、同社の債務返済能力が低下していることだ。米ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)によれば、テスラは「困窮」してい ...

  • 宇宙でドライブされる最初の車、テスラ ロードスター打上げの裏話

    川端 由美 , Official Columnist

    デヴィッド・ボウイの名曲、「Life on Mars?」が流れる中、イーロン・マスクの所有車である真っ赤なテスラ「ロードスター」が、宇宙服を着たマネキンドライバーを乗せて宇宙をたゆとう。そんな冗談とも、本気ともつかない映像が2月5日、Youtubeを通して世界中にライブ配信された。その日(日本時間2 ...

  • テスラがCEO報酬に「完全」成果連動制を導入、本当の狙いは?

    Michael Lynch , CONTRIBUTOR

    米テスラが先ごろ発表した創業者イーロン・マスクの新たな報酬体系が、いくつかの理由で大きな注目を集めている。関心が向けられている原因の一つは、その体系を完全な「成果連動制」としたことだ。マスクは一定の目標を達成できない場合、一切の報酬を受け取らないことになる。一方、非常に野心的な目標を実現すれば、数百 ...

  • E・マスクを突き動かす「渋滞への憎悪」とLAトンネル計画

    Alan Ohnsman , FORBES STAFF

    イーロン・マスクは、長年怒りを覚えていたロサンゼルスの激しい交通渋滞の問題解決に乗り出した。マスクの運営するトンネル掘削会社「The Boring Company」は先日、ロサンゼルス西部を走るフリーウェイ405号線に隣接する地下トンネル掘削の申請書を市に提出した。申請書は、11月21日にロサンゼル ...

  • イーロン・マスクの元部下がテスラで学んだ「危機感の作り方」

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    シリコンバレーで最も注目される日本のスタートアップの一つであるドライブモード。その共同創業者である上田北斗は、世界を代表する起業家イーロン・マスクとともに働いてきた経験を持つ。2017年10月19日、一般社団法人「at Will Work」主催、岡村製作所の後援で、上田と早稲田大学ビジネススクール准 ...

  • イーロン・マスクの元部下が語る「テスラのハード・ワーキング」

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    いまや世界を代表する起業家イーロン・マスク。持続可能エネルギーを原動力にした社会の実現や火星移住計画など、規格外のビジョンが注目を集めるが、一方で彼のマネジメントにはなかなかスポットライトが当たらない。そんな「社内のイーロン」と密に接してきた日本人がいる。テスラモーターズで4年余り働き、現在はホンダ ...

  • E・マスクのスペースXとテスラ起業に学ぶ、成功のための4か条

    Luis E.Romero , CONTRIBUTOR

    読者の皆さんは、仕事の一環で、成功した起業家と知り合ったことがあるあるかもしれない。しかし、類いまれな才能を持つ起業家に出会ったことはあるだろうか?専門家が不可能としたアイデアを実現する魔法使いのような起業家や、懐疑的な人も信者に変えてしまう精神的指導者のような人物だ。こうした起業家の一人がイーロン ...

  • イーロン・マスクが支援の教育財団「Xプライズ」の活動

    Peter High , Contributor

    世界には、読み書きや初歩的な計算ができない子供が2億5000万人もいる。ユネスコの試算によると、現在教師の数は160万人不足しており、2030年までにその数は倍増するという。こうした状況に救いの手を差し伸べたのがイーロン・マスクだ。マスクは、テスラとスペースX以外にも、人工知能の研究を手掛ける「Op ...

  • テスラが待望のEV大型トラック発表へ 「驚異的性能」とマスク

    Alan Ohnsman , FORBES STAFF

    テスラはEV(電気自動車)のラインナップに新たにトラックを加えることを明らかにした。イーロン・マスクがかねてより言及していたことがいよいよ現実のものとなる。マスクは9月13日、テスラにとってこれまでで最大にして最高額のEVとなるセミトレーラー・トラックを、来月ロサンゼルス郊外で披露するとツイートした ...

  • テック業界の世界長者リスト イーロン・マスクが12位に急浮上

    Noah Kirsch , FORBES STAFF

    8月23日、フォーブスは今年で3回目となる「テック業界の世界の長者リスト」を発表した。これは世界のテック業界で、最も資産額の多い人物を100名選出するランキングだ。今回のランキングで注目すべきは、テスラやスペースXを率いるイーロン・マスクの資産額が史上初めて200億ドルを突破したことだ。マスクの資産 ...

  • テスラCEOが「ジョブズ化している」と見る理由

    Peter Cohan , CONTRIBUTOR

    米電気自動車(EV)メーカー、テスラのイーロン・マスクCEOは、アップルの共同創業者故スティーブ・ジョブズと同様に「現実歪曲フィールド」における支配的立場を確立しているのだろうか。歴史に残るようなさまざまな話を掲載するウェブサイト「フォークロア(folklore.org)」によると、「現実歪曲フィー ...

  • イーロン・マスク、ツイッターで「躁うつ」を告白 業界に波紋

    Alan Ohnsman , FORBES STAFF

    イーロン・マスクはドナルド・トランプと同様に、現在の心境をツイッターで赤裸々に語ることで有名だ。そのマスクが7月30日朝にツイッター上に投稿した内容が、関係者らの間に波紋を広げている。ツイートでマスクは自身が「躁うつ的な気質を持っている」と告白したのだ。テスラの新型セダン、モデル3の納品は7月28日 ...

  • テスラ「モデル3」が納車開始、オプション付きの購入価格は?

    Chuck Jones , CONTRIBUTOR

    米電気自動車(EV)メーカー、テスラは7月28日、新型セダン「モデル3」の出荷を開始、予約注文していた最初の30人に納入した。同モデルの予約台数はすでに50万台を超えており、テスラは生産台数を8月に100台、9月に1500台、さらに12月には2万台とすることを目指している。最初の出荷分の納車に伴い、 ...

  • ハイパーループ「NYで承認」 イーロン・マスクが謎のツイート

    Alan Ohnsman , FORBES STAFF

    イーロン・マスクは7月20日朝、ツイッターでワシントンDCとニューヨークをわずか29分間でつなぐハイパーループ計画が「政府からの承認を得た」と発言した。マスクのツイートによると、地下空間を高速で移動するハイパーループは、フィラデルフィアやボルチモア等の都市にも駅を設置するという。この交通システムはボ ...

  • テスラ、21世紀フォックスCEOらを新取締役に任命

    Alan Ohnsman , FORBES STAFF

    テスラは取締役会に新たに2名を迎え入れた。出版社のジョンソン・パブリッシング(JPC)のトップを務めるリンダ・ジョンソン・ライスと21世紀フォックスCEOのジェームズ・マードックらが役員に加わる。テスラにはここ一年、役員会メンバーの多様性を欠いているとの批判を受けており、著名な黒人女性エグゼクティブ ...

  • テスラの度重なる「高すぎる」目標設定、株価下落の一因に

    Chuck Jones , CONTRIBUTOR

    電気自動車(EV)メーカー、米テスラ・モーターズのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は7月9日、出荷される「モデル3」の最初の1台を撮影、その写真をツイッターに投稿した。マスクはその前週には、同モデルの納入を28日に開始し、初回の出荷台数が30台になることを明らかにしていた。マスクはまた、今後 ...

  • テスラ株下落でイーロン・マスク「2千億円」の資産を喪失 

    Noah Kirsch , FORBES STAFF

    今年4月、テスラの時価総額はゼネラルモーターズ(GM)を抜き、510億ドル(約5兆7000億円)を記録。米国で最も企業価値の高い自動車メーカーとなった。その翌月、イーロン・マスクは英紙ガーディアンの取材に応え「我々も予期していなかったレベルの時価総額に達している」と述べた。マスクの考えでは、当時の株 ...

  • イーロン・マスクが描く「火星移住」計画 100万人規模を視野に

    Alex Knapp , Forbes Staff

    スペースXの創業者兼CEOであるイーロン・マスクは、2012年に打ち出した火星移住計画の最新状況について語った。マスクは「人類が地球にとどまっていたら滅亡は避けられず、他の惑星への移住が生き残る唯一の方法だ」と信じている。しかし、なぜ地球から近い月ではなく、火星でないといけないのか。この点について、 ...

  • 50年以内に「火星に一番乗り」実現する企業はどこだ?

    Quora , CONTRIBUTOR

    今から50年も経てば人類は火星の土を踏めているのだろうか。質問サイトQuoraに寄せられた質問に、この分野のイノベーションの提唱者であるニコラス・ネルソン(Nicolas Nelson)が答えた。人類が50年以内に火星の土を踏めるかどうかは、5つの機関にかかっていると言える。そのうち3つは政府機関で ...

  • イーロン・マスク「地下トンネル」のデモ動画をTEDで公開

    Alan Ohnsman , FORBES STAFF

    イーロン・マスクは新たな野心的プロジェクト「ボーリングカンパニー(Boring Company)」の全貌を4月28日、カナダのバンクーバーで開催のTEDカンファレンスの場で明かした。このプロジェクトは地下に巨大なトンネルを掘削し、都市の渋滞を緩和する高速移動ネットワークの実現を目指すものだ。マスクは ...