• インドネシアの漁村を救う、三菱電機の「課題解決型冷蔵庫」

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    一年を通じ最高気温30度以上。雨季には激しい雨が降る、インドネシアの最貧地域の一つ、クパン。2016年8月、NPO法人スタッフと三菱電機の松山祥樹は朝5時に市場で魚売りを待ち伏せしていた。仕入れが終わると車に乗り込み、未舗装の道路の上を揺られて必死に魚売りのバイクを追う。視線の先はバイクの荷台の上、 ...

  • 死者100名以上、インドネシアM6.9地震を生んだ危険な断層

    Trevor Nace , CONTRIBUTOR

    インドネシアのロンボク島で8月5日、マグニチュード6.9の地震が発生した。揺れはバリ島でも感じられ、住民や観光客が避難を余儀なくされている。救出活動は続いているが、8月7日時点で100名以上が死亡、200人以上が負傷した。のどかな島にある住宅の半分が倒壊したとされている。ロンボク島はバリ島の東に位置 ...

  • 「ファニチャー2.0」 世界の家具業界に革命を起こすために

    土橋 克寿 , CONTRIBUTOR

    和田直希が2014年6月に創業したカマルクホールディングスは、家具とITを融合させたIoTプロダクトを開発・製造している。日本向けには、温度や湿度に合わせてテーブルそのものが音を奏でる「サウンドテーブル」を提供。一方、同社売り上げの9割、製造拠点であるインドネシアではセンサー扉を展開し、首都ジャカル ...

  • インドネシアで最注目の若手富豪、配車アプリ「Go-Jek」創業者

    Angel Au-Yeung , Forbes Staff

    フォーブスが先日発表した「インドネシアの富豪50人」の平均年齢は68歳で、50人のうち37名が60歳以上だった。インドネシアで若くして財を成す人は非常に珍しい。しかし、急成長を遂げる分野では若き富豪たちが出現している。下記に紹介する3名はインドネシアの富豪ランキングで50位以下だが、2名はテック業界 ...

  • トランプ流で大統領の椅子を狙う「インドネシアのメディア王」

    Abram Brown , -

    インドネシアの「メディア王」として知られ、トランプのビジネスパートナーでもある大富豪ハリー・タヌスディビョ。近年は政界に進出し、世界で4番目の人口を抱える国の大統領の座を狙って着々と地盤を固めている。推定資産は11億ドル。リアリティ番組と美人コンテスト、ツイッターをこよなく愛し、魅力的な妻を持つ。ビ ...

  • もう一人の「アジアのトランプ」、インドネシアのメディア王が集める注目

    Forbes Asia , Contributor Group

    インドネシアの富豪ランキングに入る人たちの中で、米国の次期大統領ドナルド・トランプとビジネス上の緊密な関係があると胸を張って言うことができるのは、ハリー・タノスディジョだけだ。タノスディジョは2015年8月、トランプが手掛ける最高級ホテル・ブランド「トランプ・ホテル・コレクション」と契約。バリ島南西 ...