• インスタグラムに溢れる「ヌード画像」が放置されている理由

    Jonathan Berr , CONTRIBUTOR

    インスタグラムには膨大な数のポルノ画像や、セックス関連のイメージが投稿されている。これはインスタグラムが厳格なヌード禁止のルールを定めていることから考えて、とても奇妙なことだ。ガイドラインでは、たとえアート的なヌードであっても禁止されている。性行為や性器、裸体のクローズアップは掲載禁止で、女性の乳首 ...

  • インスタ創業者とFB幹部の亀裂を生んだ「カルチャーの違い」

    Kathleen Chaykowski , Forbes Staff

    インスタグラムの共同創業者でCEOのケビン・シストロムとCTOのマイク・クリーガーが9月24日、フェイスブックを去ることを発表した。ふたりとマーク・ザッカーバーグとの間には意見の対立があったと複数のメディアが報じている。シストロムは自身のブログで「好奇心と創造性の追求に向け、しばらく休息をとる」と述 ...

  • 「かつての高齢者」とは違う インスタで存在感を増す女性たち

    Joseph Coughlin ,

    83歳の女性があなたよりインスタグラムでうまくやっていると知ったらどう感じるだろう?実際のところ、決して驚くことではない。ニューヨークタイムズは今年6月、ソーシャルメディアでのセルフプロモーションやエンパワーメントに秀でる高齢女性を特集した。この中で紹介された女性たちは、25~35歳を中心に合わせて ...

  • 私が「子育て世代こそインスタグラムを見るべき」だと思う理由

    天野 彬 , Official Columnist

    誰にとっても、いまの自分の進路や仕事に影響を与えた尊敬すべき先輩やメンターと呼べる方々がいると思います。もともとインターネットの文化が好きで、テクノロジーが社会をどう変えていくのかに興味を抱き没頭し始めた20歳前後の自分にとって、目指すべきロールモデルとして映っていたのが情報環境研究者の濱野智史さん ...

  • IGTVを考察する 5つの特徴と注目すべきプレイヤーたち

    石井 リナ , Official Columnist

    2018年6月にインスタグラムが発表した、新アプリ「IGTV」。筆者は、インスタグラムマーケティングの本を共同執筆しており、3年間インスタグラムのマーケティングを追ってきた。ユーザーとしては、SNS化する前からの使用しており、数えれば7年間も使用していることになる。インスタグラムの歴史をたどっても、 ...

  • SNS女王が教えるインスタ必勝法[セミナー無料ご招待]

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    電通のクリエーティブシンクタンク・電通Bチームは6月25日、Forbes JAPANとアカデミーヒルズライブラリーとの共催で、トークセッション『「下克上タグ」が情報戦国時代をチャンスに変える⁉』を開催します。このトークセッションは、Forbes JAPANの連載「電通BチームのNEW CONCEPT ...

  • インスタ発の次世代ファッション帝国「Lulus」を創った女性

    Samar Marwan , Forbes Staff

    母と娘が立ち上げたアパレルブランド「Lulus」はソーシャルメディアを中心に、ミレニアル世代から絶大な支持を獲得した。Lulusは先日、1億2000万ドル(約133億円)の資金をベンチャーキャピタルの「IVP」やカナダの「CPPIB」から調達した。調達資金で同社はデータ解析機能を強化し、米国や海外の ...

  • インスタが「使いすぎ」防止策、利用時間の表示をテスト中

    Amit Chowdhry , CONTRIBUTOR

    インスタグラムは現在、"Usage Insights"と呼ばれる機能のテストを行っている。これはユーザーのアプリの利用時間を表示する機能だ。ニュースサイト「TechCrunch」によると、この機能はJane Manchun Wongという利用者により発見され、彼女はインスタグラムのアプリのAPK内に ...

  • 「インスタグラム」最高製品責任者が語る、急成長の秘密

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    私が統括する製品部門では新機能の導入など、インスタグラムの進化について考えています。つまり、ユーザーがどのように製品を使っているか、どうすればより良い体験を提供できるか、です。まず、我々はコミュニティの声に耳を傾けることから始めます。調査やデータ、ユーザーグループからの聞き取りを通じて課題を見つける ...

  • インスタが映画チケット購入に対応、米ファンダンゴと提携

    John Koetsier , Contributor

    フェイスブックが出会い系機能の追加などで新たな収益機会を模索するなか、傘下のインスタグラムもネイティブ支払い機能を追加し、Eコマース対応を進めていく構えだ。そんな中、米国の映画チケット販売大手「ファンダンゴ(Fandango)」が、インスタグラム経由の映画チケット購入に対応するとアナウンスした。これ ...

  • インスタグラムに「背景ぼかし」機能、一眼レフ的写真を実現

    Amit Chowdhry , CONTRIBUTOR

    フェイスブックCEOのマーク・ザッカーバーグが米下院で開催された公聴会に招かれ、議員たちから厳しい質問を浴びた4月10日、同社傘下のインスタグラムは新機能の「フォーカス(Focus)」の導入を発表した。この機能はスマホのカメラで、一眼レフのような背景をぼかした写真が撮影可能になるもの。フレームの中心 ...

  • 「 #タグる 」が変える、情報との出会い方

    天野 彬 , Official Columnist

    ソーシャルメディアが私たちの生活に深く関わり始めてもう10年近くが経ちましたが、スマホ普及が本格化したここ5年ほどが一つの大きな変曲点になりました。最も大きな変化のひとつは、写真や動画を活用したビジュアルコミュニケーションへのシフト。女性ユーザーや若年層ユーザーが秀でたそのような領域を、しかし私たち ...

  • インスタグラムが動画チャットを導入か、有名ブログが報告

    Paul Monckton , CONTRIBUTOR

    インスタグラムはユーザー間の動画チャット機能を追加しようとしているようだ──。WhatsApp(ワッツアップ)に特化したブログ「WABetainfo」が掲載した情報によると、インスタグラムのDM(ダイレクトメッセージ)に動画機能が追加される見込みだという。WABetainfoは未公開のインスタグラム ...

  • インスタ、ハッシュタグのフォロー機能は広告ビジネスを変える?

    Paul Monckton , CONTRIBUTOR

    インスタグラムにハッシュタグをフォローできる機能が加わった。これはインスタグラムが始まって以来の大きな変革といえる。これまではインスタグラムの投稿へのアクセス手段は3つに限られていた。特定のアカウントをフォローする。インスタグラムがレコメンドする投稿を見る。さらに、特定のハッシュタグを検索し、投稿を ...

  • フェイスブックの広告収入、インスタグラムへの依存度が上昇

    Great Speculations , CONTRIBUTOR GROUP

    フェイスブックの四半期当たりの広告収入は、今年第3四半期(7~9月)に初めて100億ドル(約1兆1300億円)を超えた。その伸びに大きく貢献したのは、収入の88%以上を占めたモバイル広告だ。フェイスブックの無料写真共有アプリ、インスタグラムの人気は世界的に上昇している。その人気の高まりとスマートフォ ...

  • インスタで見かけた服を「即買い」できるアプリが買い物を変える?

    Natalie Robehmed , FORBES STAFF

    インスタグラムで見かけた気になる洋服が、すぐにEコマースで購入できればいいのにと思ったことはないだろうか。ニューヨーク本拠のスタートアップ「Craze」は、そんな思いを実現するアプリ「ScreenShop(スクリーンショップ)」を発表した。ScreenShopはその名の通り、スマホでキャプチャーした ...

  • インスタ映えする「ファスト家具」、1.7億円のシード資金を調達

    Clare O'Connor , Forbes Staff

    消費者にとって、家具を買うという行為にはいくつかのハードルがある。まず、安い買い物ではない。そして実際に入手できるものは限られている。「世界中のデザインや生地にアクセスできるインテリアデザイナーを雇えば話は別ですが、実現するにはお金も時間も労力もかかります。この仕組みを変えたいと思いました」そう語る ...

  • マーケティングに最適なSNS 私がインスタを選ぶ理由

    AJ Agrawal , CONTRIBUTOR

    多くのマーケティング担当者は、スナップチャットとインスタグラムには大して違いはないと思っている。どちらも若者のユーザーが多く、コンテンツの大部分に画像を使用し、企業がクリエーティブな手法を通してターゲット層とのつながりを深めるのに最適なサイトだ。だが両サービスは現在、差別化を進めている。写真や動画を ...

  • インスタに新機能、ブラウザから「ストーリー」閲覧が可能に 

    Amit Chowdhry , CONTRIBUTOR

    フェイスブック傘下のインスタグラムは8月31日、2つの新機能を発表した。1つは、「ストーリー」がモバイルのウェブブラウザからも閲覧できるようになるというもの。2つ目は、iOSとAndroidアプリの「フェイスフィルタ」に天気スタンプが追加され、自分の気分を表現できるようになるというものだ。「ストーリ ...

  • インスタ「複数枚投稿」の自由度がアップ、縦長・横長も可能に

    Paul Monckton , CONTRIBUTOR

    インスタグラムは今年2月、複数の画像や動画を一つにまとめて投稿できる複数枚投稿機能を導入した。一回の投稿に最大10点の画像や動画を盛り込むことが可能になり、コンテンツを見る側はスワイプ操作で各イメージを確認できるようになった。しかし、複数枚投稿の場合はこれまで縦長や横長のイメージが投稿できず、画角は ...

  • インスタの「偽インフルエンサー」を見分ける方法

    Tom Ward , CONTRIBUTOR

    インスタグラムの偽アカウントは、広告主には頭が痛い問題だ。採用するインフルエンサー(消費者の購買行動に大きな影響力を持つ人物)が本物かどうかを見分けるにはどうしたら良いのだろうか?インフルエンサーマーケティング企業のメディアキックス(Mediakix)は先日、興味深い実験結果を発表した。同社は2つの ...

  • インスタグラム、新機能「favorites」で友達限定の投稿が可能に

    Paul Monckton , CONTRIBUTOR

    インスタグラムに「favorites」と呼ばれる新機能がやってくる。これは特定のフレンドのみに個別のコンテンツが表示できる機能。親しい友だちだけに見て欲しい写真などを、アカウントを変えずに公開できるようになる。インスタグラムのプロダクト部門のRobby Steinによると、今回の新機能の導入は「限ら ...

  • スナチャがインスタ「ストーリー」機能に完敗した理由

    Tom Ward , CONTRIBUTOR

    わずか8か月前に導入されたインスタグラムの「ストーリー」機能が、早くもスナップチャットをしのぐ人気を得ている。インスタグラムを運営するフェイスブックによると、1日の利用者数はスナップチャットの1億6000万人を上回る2億人に達している。スナップチャットは閲覧数が顕著に減少している。IT情報サイトのテ ...

  • NY市長も認めた美容系スタートアップ 280名を新規雇用

    Clare O'Connor , Forbes Staff

    インターネットから生まれたコスメブランド「グロシエ(Glossier)」が、リアル店舗拡大の動きを急加速させている。現状で61名の社員数の同社は新たに282名を雇用しようとしている。フォーブスの「30アンダー30」にも選ばれたエミリー・ワイスが率いるグロシエは、ニューヨークのソーホーのラファイエット ...

  • スナップチャットを「全力で潰す」フェイスブックの意気込み

    Nelson Granados , CONTRIBUTOR

    8か月前にスナップチャットを真似たストーリーズ機能を導入したインスタグラムは4月13日、「ストーリーズのデイリーアクティブユーザー(DAU)が2億人を突破した」と発表した。それとは対照的に、6年前にスタートしたスナップチャットのDAUは1億6000万人にとどまっている。インスタグラムのストーリーズの ...

  • インスタを駆使して成功 勢いに乗る伊メンズブランド「スンネイ」

    Declan Eytan , CONTRIBUTOR

    フランス人のロリス・メッシーナ(28)とイタリア人のシモーネ・リッツォ(29)が2015年に立ち上げたメンズブランド「スンネイ(SUNNEI)」が、新しいミラノを体現するブランドとして注目されている。ストリートとオートクチュールを融合させたようなスタイルが人気を博し、創業2年にして年間売上高は50万 ...

  • 「欧州版インスタグラム」 EyeEmを生んだベルリンの起業家

    Yuji Ueda , CONTRIBUTOR

    ドイツのベルリンが生んだ写真アプリが「EyeEm(アイエム)」。独自の画像解析テクノロジーを武器に、4人の共同創設者らは今、グーグル撃破をも視野に入れている──。アイエムでCTOを務めるラムツイ・リックは1982年生まれ。16歳の頃に父から貰ったキヤノンの一眼レフの名機「A-1」を今でも大切にしてい ...

  • インスタグラムが広報活動の「必須ツール」である3つの理由

    AJ Agrawal , CONTRIBUTOR

    インスタグラムは最近、「ストーリー」内でフルスクリーンの広告を打てるサービスを開始した。企業がキャンペーン専用のストーリーを作れるようになったことは、今後のSNSでのプロモーションに大きな変化をもたらすことになる。2017年はビジュアルコンテンツの年になることは間違いない。ニュースサイトSearch ...

  • 日本人が知らないSNSセレブたちの「世界を変えていく力」

    Madeline Berg , Forbes Staff

    ここ数年で誕生した新しい種類のセレブと言えば、ソーシャルメディア・スターだろう。百万人を超えるファンたちがお気に入りのインフルエンサーの美容動画をユーチューブで観たり、旅先での写真をインスタグラムでチェックしている。ここではソーシャルメディア発のセレブの中で、ネット上で得た知名度を活用し、社会に影響 ...

  • インスタ活用で売上190億円の事例も 米国20代女性起業家たち

    Clare O'Connor , Forbes Staff

    フォーブスが今年はじめに発表した2017年版「30アンダー30」の小売・Eコマース部門には、自身の問題の解決のため、事業を立ち上げた若手起業家が多い。28歳のエミリー・モタエドの場合、ニューヨークの新居に越した時に、家具の購入にあてる予算に悩んだことが、インテリアデザインのオンラインサービス「Hav ...