• 会社員兼イタリア料理研究家 19年前から始めた「ひとり働き方改革」

    山中 律子 ,

    会社員をやりつつ、イタリア家庭料理研究家としての活動を始めて、19年が経とうとしている。私が勤める会社にもようやく「働き方改革」の波が押し寄せ、目的がなんであれ、休職もしやすい環境になった。そのうち「兼業」さえ許されるのでは? というほど様変わりしつつあるけれど、私が会社に半年間の休職を願い出たのは ...

  • イタリアの地方生産者を支える「食材のセレクトショップ」

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    日常食と呼べるほど我々の生活に溶け込んでいるイタリア料理だが、実は地方によって個性豊かな独自性をもっており、国際的な競争力がある。それを牽引するのが、小規模生産者のブランディングに力を貸す「イータリー」だ。農林水産省の調べによると、イタリアの農業生産額はEU第3位(2014年)。しかも1980年代半 ...