• 米国で急増するアルツハイマー病 公的医療保険破たんの可能性も

    Bruce Japsen , CONTRIBUTOR

    米国アルツハイマー協会が新たに発表したレポートによると、アメリカではアルツハイマー病にかかる医療費が2590億ドル(約29.7兆円)に達した。ベビーブーマー世代が高齢化し、長期療養施設に入るケースが増えているためだ。こうしたなか、米連邦議会とホワイトハウスでは、医療保険制度の改革、メディケイド(低所 ...

  • アルツハイマー病の治療法・治療薬にまつわる4つの真実

    Howard Gleckman , CONTRIBUTOR

    これまで何十年にもわたって、人々はアルツハイマー病や認知症の予防や治療、あるいは進行を遅らせる特効薬の出現を期待してきた。だが研究に数十億ドルを費やし、小さな進展の兆しはあるものの、治療に効果的な薬やアプリなどは誕生していない。2016年の研究成果もまちまちだ。7月末には、大きな期待がかけられていた ...

  • アルツハイマー病のリスク低減のためにできること、本当に有効な対策とは?

    Alice G. Walton , CONTRIBUTOR

    アルツハイマー病の最大のリスク要因は、加齢と遺伝的素因だ。つまり、誰でも年齢を重ねるにつれてリスクは高まり、遺伝的変異のある人も高いリスクにさらされている。しかし、自分でコントロールできないそれらの要因とは別に、私たちの活動やライフスタイルの中に、良くも悪くもリスクに影響を与える要因がある。研究によ ...

  • がん細胞だけを狙い撃ちするナノ医療とは?

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    「不治の病」として、現在も死亡原因のトップとして恐れられる「がん」の克服—。その人類の課題解決に向け、日本人による画期的な治療法が実用化に近づいている。現在の抗がん剤治療は、がん細胞だけでなく、正常細胞まで攻撃するために、患者が嘔吐や脱毛などの深刻な副作用に苦しめられる。その副作用の克服 ...

  • 認知症を予防できる時代が到来!?

    大木戸 歩 , Forbes JAPAN 編集部

    2025年には国内の認知症患者が700万人を超えると予想されている。だが、遺伝子解析の活用が進めば、そんな悩みも消えるかもしれない。「認知症」にはいくつかタイプがあるが、最も患者数が多いのはアルツハイマー型。認知症患者の約半数を占める、極めて厄介な病だ。発症したら最後、打つ手はほとんどない。だが、近 ...