• R&D投資が最多のアマゾン、「実店舗」に改善の余地

    Walter Loeb , CONTRIBUTOR

    米アマゾン・ドット・コムは今後の成長に向け、世界中で投資を行っている。同社の今年6月末までの1年間の研究開発(R&D)支出は、世界で最も多い226億ドル(約2兆5570億円)となった。革新的な方法でより多くの顧客を引き付けるため、努力を続けている。米プライスウォーターハウスクーパース(PwC)が世界 ...

  • 「失望」招いたアマゾン決算結果から読み取るべき3つのポイント

    Andria Cheng , Contributor

    米小売最大手ウォルマートなど、競合する小売各社の追い上げに関する懸念が増大するなか、アマゾン・ドット・コムの株価は10月25日、時間外取引で急落した。投資家の関心は、アマゾンの第3四半期(7~9月)の利益が予想を上回ったこと以上に、電子商取引部門の売上高が予想に届かなかったことや、ホリデーシーズンと ...

  • アリババvsアマゾンの「未来型店舗」競争に浮かぶ逆転の構図

    Rebecca Fannin , CONTRIBUTOR

    米国ではアマゾンの、レジなしのコンビニエンスストア「アマゾン・ゴー」が話題だ。しかし、アマゾンのサービスは中国のEコマースの巨人、アリババが見据える小売業の未来と比較すると、一歩も二歩も遅れているのが実情だ。アリババは約2年前から同社の未来型店舗「盒馬(Hema)」のテストを行っており、既に中国で約 ...

  • レジなし「アマゾン・ゴー」3千店舗へ? 業界・企業に影響大

    Richard Kestenbaum , CONTRIBUTOR

    米ブルームバーグ通信は先ごろ、アマゾン・ドット・コムが2021年までにレジのないコンビニエンスストア、「アマゾン・ゴー」3000店舗の開設を計画していると報じた。「アマゾン・ゴー」ではスマートフォンにダウンロードしたアプリを使い、キャッシュレスで買い物ができる。購入した商品の代金は全て顧客のアカウン ...

  • アマゾンの支援で起業し「年間30万ドル」を稼ぐ方法

    Zack Friedman , CONTRIBUTOR

    アマゾンの業務を請け負い年間30万ドル(約3340万円)の利益を得る──そうしたビジネスを自ら手掛けることについて、あなたはどう思うだろうか。米アマゾン・ドット・コムは今年6月、自社の配送業務を請け負う企業の設立を支援するための計画を明らかにした。国際物流業務を担当するアマゾンのシニア・バイス・プレ ...

  • ジェフ・ベゾス、米中間選挙を控え「1000万ドル」の政治献金

    Lauren Gensler , Forbes Staff

    アマゾンCEOのジェフ・ベゾスが、巨額の政治献金を行なった。退役軍人を議会に送り込むことを目的とした、スーパーPAC(政治活動特別委員会)に1000万ドルを寄付した。ベゾスが政治関連で多額の寄付を行なうのは、今回が初めてだ。彼が1000万ドルを寄付したのは、党派色の薄い「名誉の基金(With Hon ...

  • アマゾン「バブル」の破裂を招く3つの要因

    Panos Mourdoukoutas , CONTRIBUTOR

    米小売最大手のウォルマート、米政府、そして米国の連邦準備制度は、オンライン小売大手アマゾン・ドットコムの1兆ドル(約111兆5000億円)規模の“バブル”を破裂させるかもしれない。アマゾンは素晴らしい会社だ。1990年代に同社株を購入し、保有し続けた投資家たちに多額の富をもた ...

  • 米スマートスピーカー設置台数は5千万台、アマゾンが7割

    John Koetsier , Contributor

    米市場調査会社「CIRP」がスマートスピーカーに関する調査結果を発表した。それによると、米国でのスマートスピーカーの設置台数は5000万台に達したという。この市場をリードしているのはアマゾンだ。CIRPのデータでは、2015年にスマートスピーカー市場に参入したアマゾンは、現状で70%のシェアを握って ...

  • 米国の「監視国家」化、加速させるのはアマゾンか?

    Jon Markman , CONTRIBUTOR

    米フロリダ州で発着便数が最も多いオーランド国際空港で、国際便を利用する全ての乗客が顔認証技術を使った出入国審査を受けることになった。米国が監視国家に近づく速度を、大幅に加速させるものになるかもしれない。米国土安全保障省(DHS)はすでに「スクリーニング・パートナーシップ・プログラム(SPP)」に基づ ...

  • スマートホーム市場で大躍進のアマゾンと「アップルの異変」

    John Koetsier , Contributor

    アマゾンは7月18日、プライムデーのセールスで、100万台以上のスマートホーム関連デバイスを販売したとアナウンスした。同社が今年2月、10億ドルで買収した動画撮影機能つきのスマートドアベル「Ring」は、7月16日に過去最大の販売台数を記録し、ソールドアウトとなった。アマゾンはスマートホーム分野で特 ...

  • アマゾンにとって「プライムデーの重要度」が増す理由

    Andria Cheng , Contributor

    米ネット通販大手アマゾン・ドットコムが今年も、36時間にわたる「アマゾン・プライムデー」を開催した。最も注目すべきことは、同社の音声アシスタント「アレクサ」が何台売れたのか、あるいはアマゾンがこのイベント中にどれだけの売上高を記録したのかということではない。さらに、アマゾン初の実店舗チェーン、高級ス ...

  • アマゾン・プライムデー、今年の特徴は「アリババ化」?

    Deborah Weinswig , CONTRIBUTOR

    米ネット通販大手アマゾン・ドットコムはこれまで、年に一度開催する「プライムデー」に多額の売上高を記録してきた。だが、これまでのプライムデーが宣伝されたほど買い物客の期待に応えるものだったかというと、そうとは言えない。値引きされる商品の幅に対する買い物客の不満を解消することができておらず、そのためプラ ...

  • アマゾンが「おもちゃカタログ」郵送で狙うノスタルジーの復権

    Curtis Silver , CONTRIBUTOR

    米アマゾンは今年の年末のホリデーシーズンに、玩具のカタログを無料配布する計画だという。関係者が「ブルームバーグ」の取材に答えたところによると、カタログは全米の数百万世帯に郵送されるほか、ホールフーズの店舗でも配布されるという。ネットショッピングが全盛の時代に、紙のカタログと聞くと古めかしいアイデアに ...

  • 米アマゾン、スポーツ動画コンテンツ配信でも見せ始めた「強み」

    Mike Ozanian , FORBES STAFF

    米アマゾン・ドットコムは、動画配信サービス「プライム・ビデオ」が提供するスポーツ動画コンテンツのポートフォリオを急速に拡大している。先ごろ報じられたところによると、アマゾンはサッカー界の2大スター、レアル・マドリードのクリスティアーノ・ロナウドとバルセロナのリオネル・メッシが活躍するスペインのプロサ ...

  • アマゾンのオンライン薬局買収で激化する個人データ取得合戦

    長野 慶太 , Official Columnist

    アマゾンがアメリカでオンラインの薬局を買った。アマゾンは多くの会社の買収を続けているため、そのすべてがいちいち報道されることはないのだが、今回はひさしぶりにインパクトが強く、各メディアとも重要なトピックとして報じている。買収することを発表したのはPillPackという、2013年に生まれたばかりの会 ...

  • 米オンライン薬局買収のアマゾンに追加のM&Aが必要な理由

    Bruce Japsen , CONTRIBUTOR

    インターネット通販大手アマゾン・ドット・コムは先ごろ、米オンライン薬局のピルパックを買収すると発表した。投資家らはこの計画に非常に高い関心を示しているが、アマゾンが処方薬の販売事業で競争していくためには、ほかにも必要なことがある。米ドラッグストア大手のCVSヘルス(CVS Health)やウォルグリ ...

  • アマゾン社員がCEOに抗議声明「顔認証を移民捜査に使うな」

    Thomas Fox-Brewster , FORBES STAFF

    アマゾン社員らがCEOのジェフ・ベゾスに宛てた抗議声明を公開した。彼らはアマゾンが米国の警察権力に顔認証テクノロジーを販売することの中止を求めている。アメリカ自由人権協会(ACLU)は先日、アマゾンの顔認証システム「Rekognition」がフロリダとオレゴンの警察署向けに納入されたことを明らかにし ...

  • フェイスブックは「第2のアマゾンになれる」、元幹部が提案

    Neil Stern , CONTRIBUTOR

    約30年にわたって小売業界の動向を追ってきた筆者はよく、「アマゾンを打ち負かすことができるのはどの企業か?」と質問される。アマゾンに最も影響を及ぼし得るのは、米小売最大手のウォルマートと、中国の電子商取引最大手のアリババだろう。両社はともに、アマゾンとの戦略的・地理的な戦いにおける立場を強化するため ...

  • アマゾンを便利にする「御用聞きサービス」がNYで人気の理由

    Steven Bertoni , FORBES STAFF

    ニューヨーク本拠の家事サービス代行企業「ハロー・アルフレッド(Hello Alfred)」が4000万ドル(約44億円)のシリーズB資金調達を実施した。今回の調達ラウンドは不動産企業の「DivcoWest」と「Investco」らが主導した。2014年創業のハロー・アルフレッドは米国の都市部の忙しい ...

  • スマートスピーカーの「利用経験者」米国人の27%以上に

    John Koetsier , Contributor

    スマートスピーカーの利用人口が予想以上に拡大していることが明らかになった。調査企業「eMarketer」は5月29日公開の最新レポートで、米国のスマートスピーカー利用人口が2016年から2020年にかけて、年平均成長率47.9%を達成する見込みであると発表した。利用人口は2016年には1600万人だ ...

  • アマゾン「顧客至上主義」の真髄は、「人間の善意を信用しないこと」にある

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    なぜ、働いても働いても、仕事がラクにならないのか──。アマゾンジャパン17番目の社員として2000年から同社の成長に貢献。4月には『アマゾンのすごいルール』(宝島社)でその実態を余すことなく後悔した佐藤将之へのインタビュー後編。彼は、日本の労働生産性が低い原因は過度に顧客を大切にする「おもてなし」に ...

  • 「次から気をつけます」は「改善」ではない──アマゾンのPDCA管理術

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    日本の労働生産性が低いのは、労働者ではなく企業の仕組みに原因がある──。佐藤将之はそう語る。そう言い切れるのは、彼が17年にもわたって超効率的な職場で仕事を続けてきたからだ。佐藤はアマゾンジャパン17番目の社員として2000年から同社の成長に貢献。その内実を公開した『アマゾンのすごいルール』(宝島社 ...

  • 米アマゾン「児童書セット」が毎月届くプライムサービス始動

    Ellen Duffer , CONTRIBUTOR

    米国では様々なタイプの本の詰め合わせが毎月届く、"書籍のサブスクリプションサービス"が台頭しているが、アマゾンがこの流れに加わった。アマゾンは「Prime Book Box for kids(プライム・ブックボックス・フォー・キッズ)」という子供向け書籍のサービスを立ち上げ、既に一部のプライム会員宛 ...

  • アマゾンが警察に「AI監視ツール」提供、人権協会が猛反発

    Thomas Fox-Brewster , FORBES STAFF

    アマゾンが人工知能(AI)を用いた顔認識サービスを警察に提供していることに関し、非難の声があがっている。アメリカ自由人権協会(ACLU)は数カ月に及ぶ調査の結果、アマゾンの画像認識システム「Rekognition」が、米国の複数の捜査機関で利用されていることを突き止めた。Rekognitionの分析 ...

  • インドで2位のアマゾン、2027年に取引総額「8兆円」達成へ

    John Koetsier , Contributor

    アマゾンのインド部門の事業価値は約160億ドル(約1.8兆円)であると調査企業「Citi Research」が明らかにした。「インドのEコマース市場は今後10年間、年率21%の成長が続き、2020億ドル規模に達する。その中でアマゾンは市場シェアの35%を握ることになる」とCitiは述べている。インド ...

  • 大手出版社が苦戦の米電子書籍市場、アマゾンの個人出版は好調

    Adam Rowe , Contributor

    米国の電子書籍の売上は2017年、前年度から10%の減少となったことが調査企業「NPD」傘下の「PubTrack Digital」のデータから判明した。2017年の販売冊数は1億6200万冊だったのに対し、2016年は1億8000万冊だった。ただし、ここで言う「電子書籍」とは既存の大手出版社が発行す ...

  • アマゾンの「低利益率」、心配する必要がないわけ

    Steve Dennis , CONTRIBUTOR

    アマゾンはその事業分野の多くにおいて、営業利益率の面ではどの企業とどのように比べても、精彩を欠いているように見える。直近の決算で大幅な増益を発表した米百貨店大手メイシーズの営業利益率は、わずかながら6%を上回る。一方、アマゾンはクラウドサービスのアマゾン・ウェブ・サービス(AWS)を除けば、やっと2 ...

  • 収益性でアリババがアマゾンに勝つ理由

    Panos Mourdoukoutas , CONTRIBUTOR

    インターネット通販大手のアリババとアマゾンは、いずれも適切な時期に適切なビジネスを展開している。そして、両社にはそれぞれ、株主に多額の利益をもたらしてきた独自の「成功の方式」がある。アリババの株価は過去12カ月で63.97%、過去2年では146.15%上昇。アマゾンの株価は同じ期間に67.76%、1 ...

  • 絶好調のアマゾン「AWS」、2020年に年間売上5兆円規模に

    John Koetsier , Contributor

    現在クラウド分野の市場リーダーであるアマゾンだが、シティリサーチ(Citi Research)の調査によると、2020年になってもアマゾンの覇権は揺るがず、クラウド部門の売上が、ライバル2社を合わせた額を大幅に上回ることになることが分かった。 また、現在の大手のクラウド企業の売上は軒並み上昇中だとい ...

  • 米アマゾンの配送センター「ロボット化」部門長に独占取材

    Amit Chowdhry , CONTRIBUTOR

    アマゾンで配送センターのロボット化を推進する部門「アマゾンロボティクス(Amazon Robotics)」は、複雑な課題を洗練されたソリューションで解決することを目標にしている。社員らは商品購入から配送までをより迅速に、よりスマートにし、カスタマーエクスペリエンスを向上することに日々取り組んでいる。 ...