• 「一生に一度は一人旅をするべき」 専門家が挙げる5つの理由

    Monica Houghton , Monica's Forbes Site Contributor

    世界を見るために一人で旅に出ることについて、メディアはそのさまざまな利点を伝えている。それでも、実際に一人旅をすることには不安がつきまとう。怖そう、気が乗らない、などと思ってしまうのは、安全性や孤独、退屈、などを心配するからだ。女性にとっては、なおさら不安は大きい。男女不平等は、世界中にまん延する問 ...

  • 仕事を求め新天地に移住 考えるべき6つの要素

    William Arruda , CONTRIBUTOR

    ここ数十年で、仕事を理由として移住する米国人は減ったかもしれないが、機会があれば新しい地域へ移る人はいまだに多い。映画やテレビの中では、新たな都市へと活動拠点を移して成功を収めることを、わくわくする出来事のように描いているが、実際はそれほど簡単ではない。居心地の良い暮らしを捨てるだけでなく、生活リズ ...

  • 米国の「ビリギャル」が破産と復活から学んだ4つのこと

    Samantha Sharf , Forbes Staff

    ソフィア・アモルーソ(33)は2006年、オークションサイトeBay(イーベイ)で始めた古着の販売をきっかけに、「ナスティ・ギャル(Nasty Gal)」を立ち上げ、大成功を収めた。起業から10年もしないうちに、同社の年間売上高は約3億ドル(約338億円)に達し、アモルーソの保有資産はおよそ2億80 ...

  • WeWork創業者が語る成功のカギ 「儲けるための事業はするな」

    Samantha Sharf , Forbes Staff

    シェアオフィス運営大手WeWorkは、米国のスタートアップの中で最も価値ある企業の一社だ。時価総額は200億ドル(約2兆2600億円)に上り、同国の新興企業の中では配車サービス大手のウーバー、民泊仲介サイト大手のエアビーアンドビーに次ぐ規模となっている。WeWorkの時価総額は今年3月、ソフトバンク ...

  • 女性活動家スタイネムが語る幸福、起業、トランプ大統領

    Emily Drewry , Forbes Staff

    物語は一人の少女から始まる。少女の父親は家族を連れて旅をしながら骨董品を販売していた。“9時5時”の仕事の枠外で成功を収めた父親に触発され、彼女は自由なりの人生を模索し、常に行動し、必要性ではなく生きがいに基づいてキャリアを築こうとした。ありふれた物語ではないが、これがグロリ ...

  • 有望スタートアップのCEOが明かす、2017年を生産的に過ごすための裏技

    Tanya Klich , FORBES STAFF

    自分のチームや仕事量、さらには受信メールの管理まで手に負えなくなれば、どんな起業家も途方に暮れてしまうだろう。だが、ごく簡単な習慣を身に着けるだけで、そんな奈落の淵から逃れ、豊かな発想力を取り戻せる場合もある。そこで本記事では、フォーブスが時価総額10億ドル以上への成長が期待できるスタートアップ企業 ...

  • 昼寝はすべきか否か 日中の眠気について知っておくべきこと

    David DiSalvo , CONTRIBUTOR

    日中に意識がもうろうとするほどの眠気に悩まされている人にとっては、「眠るべきか起きているべきか、それが問題だ」──。夜きちんと眠れていないとき、職場であれどこであれ、居眠りしそうになるのを我慢するのは至難の業だ。堂々と「寝てしまおう」と思ったのであれ、我慢しきれずに眠りに落ちてしまったのであれ、眠っ ...

  • 女性が昇進・昇給を実現する方法は一つだけ 信じてはいけない助言とは?

    Georgene Huang , CONTRIBUTOR

    成功を収めるために、女性がすべきことはなんだろうか。この点について、善意からの言葉ではあるものの、簡潔すぎて心配になるような(そして人を誤らせる可能性がある)アドバイスをよく耳にする。それは、「ただ一生懸命働け」というものだ。リーダーシップに関する会議などに出席する識者らの意見からキャリアを積む方法 ...