• 洗練の乗り味を堪能できる、極上のラグジュアリーネス

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    アウディのセリングポイントは?と聞かれれば、多くの人が“クワトロ”と答えるだろう。それほど四輪駆動の存在を強烈に印象づけたプレミアム・ブランドは珍しい。しかし、アウディの真骨頂は“軽量化”にある。その証左にネッカーズルム工場には、軽量化技術に特化した研 ...

  • 史上もっとも賢いアウディが「自動運転の壁」を破るのはいつ?

    ピーター ライオン , Official Columnist

    この新型アウディA8を試乗した時、ヒット映画「トランスポーター」の主役フランクが乗った旧型のA8の豪快な走りを思い出した。もし彼が逃亡中にケガをして、片手運転しかできなくなったとしても、A8の「トラフィック・ジャム・パイロット」技術を作動させれば、史上初の自動運転の逃亡シーンが見られるかもしれないと ...

  • 小山薫堂氏が語る、Audi R8 Coupéが醸し出す上質の正体

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    放送作家、脚本家という肩書にとどまらず、京都の『下鴨茶寮』の経営や、京都造形大学副学長としてアカデミックな分野にも関わる小山薫堂氏。2007年には交通事故削減のキャンペーンである”TOKYO SMART DRIVER”の発起人を務め、このプロジェクトは2017年7月からは&r ...

  • 「街と人に共感される」Audi R8 Spyderの魅力を探る

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    ミュージックセキュリティーズ代表取締役の小松真実さん。小口投資のプラットフォーム「セキュリテ」が日本国内のみならず世界からも注目を集めている。ファンドの総数は707本、事業者461者、ファンドの募集総額は73億円。事業者と個人投資家の新しい関係を生み出した若きビジネスリーダーだ。 そんな小松さんはプ ...

  • 2代目アウディ「R8」が抜群の扱いやすさを兼ね備える理由[クルマの名鑑vol.7]

    青山 鼓 , CONTRIBUTOR

    アウディという企業の歴史は、ホルヒの創業から数えれば100年を超えるが、今日につながるアウディの礎となるモデルが登場したのは、1994年の初代アウディ「A8」から。完全なるアルミ・ボディを採用し、フラッグシップ・モデルとしては異例のダイエットに成功。鈍重化する高級車の路線に棹さすかのようにセンセーシ ...

  • ディープラーニングで自動駐車も実現へ、AI時代のアウディの前進

    青山 鼓 , CONTRIBUTOR

    人工知能(AI)と聞くと、なにやら、空恐ろしい気がする。世界的な宇宙物理学者のスティーブン・ホーキングや、マイクロソフト創業者のビル・ゲイツといった当代一流の人たちまでが、AIの発達に警鐘を鳴らしているから、なおさらだ。 ところが、AIの専門家たちは、意外なほど楽観的だ。AIの能力が人間以上に発達し ...

  • アウディ、自動運転分野で大きくリード 「信号の待ち時間」を運転者に通知

    Alan Ohnsman , FORBES STAFF

    ドイツの高級車メーカー「アウディ」は、車両が信号機と通信してドライバーに赤信号が青に変わるまでの時間を通知するサービスを米国でスタートする。フォルクスワーゲン傘下のアウディオブアメリカ(Audi of America)によると、新技術が搭載されるのは、クロスオーバーSUVの「Q7」、「A4」、「A4 ...

  • アウディ 現段階でもっとも実用的な選択としてのPHEV

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    メーカーが、エネルギー源にまで遡って再生可能な自動車社会を考える。アウディの取り組みは、そんな時代がすぐそこに来たと感じるものだ。2013年には、北海の洋上で風力発電を行う企業に出資。再生可能な電力をEVに充電して使うのはもちろんだが、電気には貯めておけないというデメリットがある。そこでアウディは、 ...