• ドローンが古代の「謎のサークル」を発見 アイルランドで

    Trevor Nace , CONTRIBUTOR

    アイルランドのボインバレーで古代の環状遺跡が発見された。現地ではここ数十年で最も深刻な干ばつが発生しており、遺跡が見つかったのは干ばつのおかげといえる。この遺跡では木の幹が柱のように立てられていたとされ、それが腐敗した結果、立っていた場所に肥沃な土が残ったようだ。その結果、周囲の植物が全て枯れたなか ...

  • アイルランドに初の「ヌーディストビーチ」 観光客増も期待

    Cecilia Rodriguez , CONTRIBUTOR

    アイルランド初の公式ヌーディストビーチが、首都ダブリン南部ダルキーの「ホーク・クリフ」にオープンする。予定通りに事が運べば同国における「ヌーディスト革命」が始まることとなる。ただし、アイルランドの厳しい気候の中で裸になる人がいればのことだが。他の西ヨーロッパ諸国と比べてカトリック教徒が多く、保守的な ...

  • 「The King」 アーノルド・パーマーが手がけた白砂浜の至宝

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    プロゴルファーかつゴルフ場設計家、さらにビジネスマンとしても有名なアーノルド・パーマーの最高傑作とされるトラリー・ゴルフ・クラブ。 「The King」のニックネームを持つ彼が、美しい景色と古い歴史をもつ地に作り上げた「白砂浜の至宝」の魅力とは。アイルランドの南西、ケリー州のディングル半島にあるトラ ...

  • アイルランドの妖精が棲まう「秘境」のゴルフ場

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    古代ケルト文化が色濃く残るアイルランド西北部にあり、ハリー・コルト設計の難コースが楽しめるカウンティー・スライゴ・ゴルフ・クラブ。「アイルランドのペブルビーチ・ゴルフリンクス」とも呼ばれ、いまにも妖精が現れそうな雰囲気を漂わせる秘境のゴルフ場の魅力に迫る。アイルランドの南西や北東へ旅行したことがある ...

  • 設立1889年、アイルランド最高峰のゴルフ場を訪ねて

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    かつてチャーリー・チャップリンも愛した絶景の保養地・ウォータービルには、アイルランド最高峰とも謳われるリンクスがある。険しい山々を背に、大西洋と湖に囲まれた難コースでプレイし、プロゴルファーのリアム・ヒギンズの手ほどきを受けた筆者が感じたものとは。日本の読者にはあまりなじみがないかもしれない。ウォー ...

  • ゴルフ界の帝王を魅了した「天国に一番近い」リンクス

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    美しいゴルフコースが数多くあるアイルランドのなかでも、際立った存在感を放つバリーバニオン・ゴルフ・クラブ。かつて“ゴルフ界の帝王”と呼ばれたトム・ワトソンさえ魅了し、秘境の地にありながら圧倒的な知名度を誇るリンクスで、筆者が見たものとは。「アイルランドで一番美しいゴルフコース ...

  • ゴルフを愛する者の憧れ、アイルランド「ラヒンチ・ゴルフ・クラブ」

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    『アイルランドのセント・アンドリュース』とも称されるラヒンチ・ゴルフ・クラブ。自然の地形を生かしたゴルフコースは、各世代を代表する名匠の手で改修を重ねられている。数々のゴルフコースでプレイしてきた筆者が、歴史あるアイルランドでもベストコースとの呼び声高いラヒンチの魅力を語る。アイルランドのリンクスの ...

  • 「近代コース設計の父」による世界一挑戦的な18ホール

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    筆者が師と仰ぐリンクス研究の第一人者・大塚和則氏。定期的に開催している勉強会で「改造も含めて名門はどこか」という弟子の質問に、師は間髪を入れず答えた。「ハリー・コルト作のロイヤル・ポートラッシュ」。かつて、ここでプレイするためだけに小型ボートでアイリッシュ海を渡った筆者が、その魅力をひもとく。日本の ...

  • 低率課税こそ「公平」? 巨額追徴課税のアップルがEUに反論

    Jonathan Webb , CONTRIBUTOR

    欧州連合(EU)はアイルランド政府に対して8月30日、 米アップルは過去に同国に支払うべきだった法人税を納めていなかったとして、最大およそ130億ユーロ(約1兆4,970億円)を追徴課税するよう指示した。そして、これは世界に大きな衝撃を与えた。EUの行政を担う欧州委員会はさらに、アップルとアイルラン ...