• 豪著名科学者が「完全な市民権」求め出国、問われる安楽死の是非

    Guy Martin , Contributor

    オーストラリアは近く、最も有力な科学界の知性を失うことになる。同国のエディス・コーワン大学の名誉研究員、デービッド・ウィリアム・グドール(104歳)は自ら人生を終えることを決意。スイスのバーゼルにある専門のクリニックに向けて西部パースの自宅を後にした。著名な植物学者、生態学者であり、36巻が発行され ...