• 美しすぎるプルーム・テックのケースも限定販売。舘鼻則孝「香り」の日本文化展

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    レディ・ガガも着用した代表作の「ヒールレスシューズ」で知られるアーティストの舘鼻則孝氏が、日本の「香り」文化を再考する展覧会「NORITAKA TATEHANA RETHINKー舘鼻則孝と香りの日本文化ー」を東京・九段で開いている。9月16日(日)まで、入場無料。 場所は歴史的建築として名高い東京・ ...

  • 5年禁煙で肺がんリスクは4割減、米大学が追跡調査で確認

    Victoria Forster , Contributor

    米国では、たばこに関連した病気で死亡する人は毎日およそ1300人に上る。禁煙が健康に良いことは明らかだ。だが、禁煙するのは簡単ではない。調査結果によれば、禁煙を試みても実際に成功する人の割合は、わずか15~20%程度だという。米ヴァンダービルト大学医療センターが25年以上にわたって約9000人を対象 ...

  • ゆったり、ゆっくり、人と親しむハバナ流の外交術

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    日本の喫煙人口は1917万人(2017年JT調べ)。これは20歳以上の青年人口のおよそ20%弱にあたる数字だが、シガーをたしなむ人口といえば、さらに少ないに違いない。「紙巻たばこはストレスを感じるときに吸いますが、シガーはリラックスするために吸うもの。まったくの別物ですから比較されるのは心外です」と ...

  • 身近な店舗での「たばこ販売中止」が禁煙につながる可能性

    Bruce Japsen , CONTRIBUTOR

    米ドラッグストアチェーン大手のCVSヘルスが発表した最新のデータによると、同社がたばこの販売をやめたことで、小売店全体でのたばこ購入量が減少したという。同社は2014年秋、全てのたばこ製品の販売を中止。この前例のない措置は、公衆衛生の推進派や医師、そしてホワイトハウスからも注目を集めた。学術誌アメリ ...

  • 子どもの電子たばこ中毒が急増 管理には十分な注意を

    Tara Haelle , CONTRIBUTOR

    米小児科専門誌Pediatricsに最近掲載された研究報告によれば、5歳未満の子どもにおける電子たばこ関連の中毒件数は、2015年前半までのわずか3年間で15倍に増加した。米食品医薬品局(FDA)は最近、電子たばこも葉巻や無煙たばこ、その他のたばこ製品と同じように規制すると発表。これで18歳未満への ...

  • 受動喫煙で子どもが肥満に? 最新の研究で危険性が判明

    Bruce Y. Lee , CONTRIBUTOR

    受動喫煙 (副流煙) による肺がん、心臓疾患などの発症の危険性は、過去の研究によってすでに明らかになっている。だが、最新の調査の結果、これらは肥満や思考障害の原因になる可能性もあること分かった。医学雑誌「チャイルド・オビーシティ」 (Child Obesity) に発表された論文によると、受動喫煙は ...