• IBM「ワトソン」に暗雲 有名がん研究所がプロジェクトを離脱

    Matthew Herper , FORBES STAFF

    2013年10月、IBMは全米トップのがん研究所であるテキサス大学の「MDアンダーソンがんセンター」との取り組みを発表した。IBMのコグニティブ・コンピューティング・システム「ワトソン」が、がん治療研究に用いられるというニュースは、テクノロジー業界の新たな希望と受け止められた。しかし、この取り組みは ...

  • 増えるがんサバイバーの「高齢化と併存症」、米が直面する新たな課題

    Arlene Weintraub , CONTRIBUTOR

    革新的ながん研究の支援を目的とする慈善プログラム「The Stand Up to Cancer(SU2C、スタンド・アップ・トゥ・カンサー)」は8年前の立ち上げからこれまでに、3億7,000万ドル(約376億5,140万円)を複数のがん研究プロジェクトに提供してきた。がん研究がこうした団体による資金 ...

  • 米政府 がん治療プロジェクトに約6000億円を拠出

    Emily Canal , Forbes Staff

    オバマ大統領は1月12日夜、任期中最後となる一般教書演説で、ジョー・バイデン副大統領をがん治療の国家プロジェクトの統括者にする方針を示した。また、米国国立がん研究所(NCI)が2016会計年度に52億1000万ドル(約6152億円)の予算を獲得したことも発表された。予算額の増加幅は2003年以来最大 ...

  • OPKOの前立腺がん試験薬、市場機会は20億ドル規模

    Gene Marcial , CONTRIBUTOR

    OPKOヘルス(OPKO)のレジは鳴りっぱなし。投資家にとっては吉報だ。OPKOは先週、前立腺がん検出の検査薬「4Kスコアテスト」がCPTコード(診断コード)のレベル1を取得したと発表した。これでOPKOが払い戻し率について保険料払込者との交渉をまとめる準備が整った。つまりこの検査薬は、保険適用を受 ...