Close RECOMMEND

睡眠に関する記事

「睡眠」に関する記事ページが28件あります。

  • ライフスタイル 2018/12/23 20:00

    社会が直面する「睡眠の危機」 解決策は思うより簡単

    ニュースサイト「ハフポスト」創業者のアリアナ・ハフィントンが2010年、初めて睡眠について語り始めたことは、革命的とも言える出来事だった。ハフィントンは2007年に自身に起きた燃え尽き経験から、人々はもっと睡眠のことを真剣に考えるべきだと提案した。ハフィントンが呼び掛けたのは、働き過ぎの役員ら(やそ ...

  • ライフスタイル 2018/07/25 20:00

    ささいなことが人生を変える 思い通りに生活を送るためのアドバイス

    クリスティン・ハンセンは、ルクセンブルクで人気の高い、ある仕事に就いていた。それは教師だ。欧州の小国ルクセンブルクでは、教師は尊敬される職業で、人気も高い。経済協力開発機構(OECD)の報告書によると、ルクセンブルクの教師の報酬は世界一で、初任給は約6万8121ドル(約760万円)だ。しかし彼女は出 ...

    Regan Walsh , CONTRIBUTOR
  • ライフスタイル 2018/07/15 20:00

    寝室は一生パートナーと共有すべきか 定年退職までに考えたいこと

    定年退職後の生活設計において、「寝室」が話題に取り合上げられることはあまりない。そうした話は従来、タブー視されてきたところがあるからだ。多くの人たちが、「一緒に寝ないカップルは愛のない関係だ」「離婚も遠くないということだろう」などと推測する。フィナンシャルプランナーとして、クライアントの老後の計画に ...

  • ライフスタイル 2018/06/13 12:30

    睡眠改善で仕事のパフォーマンス向上 良い眠りを得る5つの方法

    睡眠と仕事のパフォーマンスとは、密接な関係がある。プロのアスリートなら誰しもが、休息が良い成績を残すためにいかに重要であるかを認識している。睡眠不足は認識能力を損ない、遅かれ早かれ仕事にも影響を及ぼす。キャリアコーチである私は、くたくたで燃え尽きた状態で相談に訪れたクライアントにはまず、毎晩どれだけ ...

    Ashley Stahl , CONTRIBUTOR
  • ビジネス 2018/03/29 08:00

    「眠りは技術」スリープテックから見る人類の可能性

    健康な状態での「人生100年」を考えたとき、欠かせないのが「睡眠」の存在。睡眠不足による健康被害や生産性の低下など、社会課題としても注目されるテーマだ。この連載では全5回に渡り、さまざまな切り口から「ポストヘルス時代」の人類の可能性に迫る。(第1回はこちら>>)ニューロスペースは、誰もが ...

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN
  • ライフスタイル 2018/03/24 20:00

    眠れない? そんなときは「To-DOリスト」を書こう

    寝付きが悪くて困っている人々に向け、ある「シンプルな習慣」で睡眠までの時間を短くできるという新たな研究が発表された。瞑想ではない。翌日にすべきことをリストにして書き出すのだ。To-Doリストを書くことで、脳は覚えておかなければいけない事柄を“放り出す”ことができ、それによって ...

    Alice G. Walton , CONTRIBUTOR
  • ライフスタイル 2018/03/17 20:00

    「寝る間を惜しんで」は逆効果 成功への近道は十分な睡眠

    トーマス・エジソンやアルバート・アインシュタイン、マーガレット・サッチャー、マルサ・スチュワートなど、数多くの成功者の睡眠習慣についての情報のおかげで、新参経営者たちの間では、1日たった数時間の睡眠でも自分は働けると主張することが流行のようになった。まるで睡眠は「弱虫」のものと言わんばかりだ。しかし ...

    Roger Trapp , Contributor
  • ビジネス 2018/01/03 08:00

    「住む場所」は睡眠不足の一因に 睡眠に適切/不適切な米国の都市

    成人には毎晩、平均7~8時間の睡眠が必要とされる。だが、全米の各地では多くの人たちが、それをはるかに下回る睡眠時間で暮らしている。米疾病対策センター(CDC)は2014年、必要な睡眠を取っていない成人の割合は3分の1を超えていると発表した。こうした中、睡眠衛生と健康・ウェルネスの促進を目指す非営利団 ...

    Niall McCarthy , CONTRIBUTOR
  • ライフスタイル 2017/09/23 11:30

    大麻の主な使用目的は「睡眠促進」、米一部地域で意外な調査結果

    大麻には、「パーティー好きの人たちが集まり常習的に乱用している」というイメージが付きまとう。だが、先ごろ発表された調査結果が信頼できる指標になるものだとすれば、使用者の多くはそうした一般的な世間の見方とは異なり、ただ「眠りたい」だけなのかもしれない。米コロラド州デンバーを中心とするデンバー都市圏と隣 ...

    Debra Borchardt , CONTRIBUTOR
  • ビジネス 2017/09/08 12:06

    面白すぎる連続ドラマ、「一気見」が不眠症を誘発する恐れも

    就寝前にお気に入りのテレビドラマを何話も続けて一気に見る「ビンジウォッチング」が、少なくとも睡眠に関しては好ましくないものであることが確認された。ビンジウォッチングによって、気持ちが何かに集中し、次の行動を起こす準備ができているという感覚を持たせる「認知的覚醒」の度合いが高まることが、眠れない原因に ...

    Alice G. Walton , CONTRIBUTOR