Close RECOMMEND

ナイキに関する記事

「ナイキ」に関する記事ページが216件あります。

  • エンタメ・スポーツ 2019/04/03 10:00

    ディズニーのミュージカルに学ぶ、エンタメビジネスのグローバル展開

    2017年、ニューヨーク・タイムズ紙が選ぶ「21世紀のベストフィルム25本」に、ジブリの『千と千尋の神かくし』が選ばれた。また近年、ハローキティやガンダム、ポケモンなどのハリウッド映画化が発表されるなど、日本の作品がメインストリームでグローバル化している。とはいえ、エンタメコンテンツのグローバル展開 ...

  • ビジネス 2019/03/22 17:00

    株価高騰の米リーバイス、再上場の「宣伝効果」は長続きするか?

    株式を再上場した創業165年のジーンズメーカー、米リーバイ・ストラウスの株価は3月21日、公開価格より30%以上の高値で引けた。問題は、2度目の上場が同社の魅力になり得るのかということだ。サンフランシスコに拠点を置く同社は、1985年に株式を非公開化した。2018年度の売上高は、前年比14%増の56 ...

    Andria Cheng , Contributor
  • ビジネス 2019/03/22 16:00

    年商8万円だった起業から学んだこと 本気で失敗すればチャンスはつかめる

    ビジネスには失敗がつきものです。マネジメントにも失敗がつきものです。日々、小さなことから大きなことまで裁量権を持って決定する場面が多い経営者や起業家の皆さんは、失敗したと感じた経験を少なからずお持ちではないでしょうか。経営学者であり社会学者であるピーター・ドラッカーも著書「マネジメント」で次のように ...

  • ビジネス 2019/03/10 17:00

    欧州版30アンダー30、今年は「23歳以下」の逸材が勢ぞろい

    フォーブスの2019年度の欧州版「30アンダー30」に選ばれたメンバーを見ると、年齢は単なる数字でしかないことがわかる。今年は30組中20人が23歳以下だった。アニャ・テイラー=ジョイ(Anya Taylor-Joy)は、2015年のホラー映画「ウィッチ」のヒロインを演じて一部で注目され、M・ナイト ...

  • ビジネス 2019/03/01 11:15

    相次ぐベテラン層の参画、なぜ? ミラティブ「組織力」の秘密

    先日、テレビCMの放送を開始したほか、総額35億円の大型資金調達を実施するなど、“NEXTメルカリ”として注目を集め、成長を遂げている企業──それがスマホ向けライブ配信プラットフォーム「Mirrativ(ミラティブ)」を手がけるミラティブだ。同社は2015年8月にDeNAの新 ...

    新國 翔大 , Forbes JAPAN 編集部
  • ライフスタイル 2019/02/28 20:00

    深刻化するジャパニーズウイスキーの危機と「いま必要なもの」

    サントリーとニッカウヰスキーは昨年に引き続き、それぞれが製造するウイスキーの一部の銘柄の出荷を休止すると発表した。サントリーが昨年5月、熟成した原酒の在庫不足を理由に「響17年」と「白州12年」の販売休止を決めただけでも、十分に悪いニュースだった。出荷の休止が新たに発表されたウイスキーの中には、日本 ...

    Felipe Schrieberg , CONTRIBUTOR
  • キャリア・教育 2019/02/27 11:15

    ナイキのシューズ崩壊から学ぶ、事業経営における教訓2つ

    米バスケットボール界では先週、レブロン・ジェームズ以来の期待の星である若手選手が、試合中に使用していたナイキ製スニーカーの破損により負傷するアクシデントがあった。これを受けナイキ株は翌日に下落し、同社の時価総額は11億ドル(約1220億円)へと下がった。20日夜の試合では、米大学バスケのスター選手で ...

    Victor Lipman , CONTRIBUTOR
  • ビジネス 2019/02/22 17:00

    アンダーアーマーが競合大手に挑む戦い、主戦場はアジア

    米スポーツブランドのアンダーアーマーはここ数年、アスレジャー人気が高まる国内のトレンドに迅速に対応することができず、競合相手である大手のナイキやアディダスに大きく遅れを取ってきた。そのアンダーアーマーが期待を寄せているのが、スポ―ツ関連ビジネスの成長と中間層の拡大が同社の業績を後押しすることにつなが ...

    Andria Cheng , Contributor
  • テクノロジー 2019/02/14 11:30

    インスタに「フォロワー数急減」のバグ、250万件喪失の例も

    インスタグラムは、同社のプラットフォーム上にバグが発生したことを認め、原因を調査中だと述べている。「当社は一部のユーザーのフォロワー数に、変化が生じる問題が生じたことを把握している。問題の解決に向けて、迅速な対処を行っていく」と、フォーブスの取材に担当者は回答した。2月13日、一部のインスタグラムユ ...

    Ian Morris , CONTRIBUTOR
  • ビジネス 2019/02/05 12:00

    日本含む38カ国展開!エバーレーンの「常識を破るビジネスモデル」の秘密

    サンフランシスコ発のD2C型アパレルブランド「エバーレーン」。そのビジネスモデルと洗練されたデザインで話題をさらっているが、「真の問いは別のところにある」と創業者は語る。その「問い」とは。サンフランシスコのミッション地区。多言語が飛び交い、日常品店やおしゃれなカフェが乱立する目抜き通りに「Everl ...

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN