Close RECOMMEND

IWCに関する記事

「IWC」に関する記事ページが44件あります。

  • ビジネス 2019/03/20 12:30

    バウハウス、グラミン銀行にiPhone 「人類を進化させたデザイン」100年史・後編

    前編はこちら>>バウハウス、グラミン銀行にiPhone 「人類を進化させたデザイン」100年史

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN
  • キャリア・教育 2019/02/25 11:40

    2010年代、成功した経営者たちは何を考えてきたのか|Vol.1

    混沌の2010年代を乗りこなした経営者たちは、何を考え、どう行動してきたのか。当時の「Forbes」の記事から、彼らのプリンシプルを読み解く。なによりも、損をするな。─ステファン・シュワルツマン ブラックストーン・グループ創業者Gary Gershoff by Getty images同社は約344 ...

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN
  • ライフスタイル 2019/02/24 22:00

    カルティエのクォーツとエルメスのムーンフェイズと|SIHH 1日目

    2019年最初の時計フェア、ジュネーブサロンとも呼ばれるSIHH(Salon International Haute Horlogerie)が1月14日〜17日に開催された。はたして今年のウォッチトレンドはどんな傾向になるのか? 3日間にわたり取材した主だったモデルを、日別で紹介していきたい。まずは ...

    福留 亮司 , CONTRIBUTOR
  • ビジネス 2019/02/06 07:30

    北極圏で捕鯨再考。「21世紀のいさなとり」日本が世界を牽引する

    北極圏にあるノルウェー最北端の町、トロムソ。ノルウェーはミンククジラを捕獲する商業捕鯨国で、トロムソは捕鯨で栄えた漁港だ。海の民バイキングの誇りは、町の中心にある捕鯨の像にも見てとれる。2019年1月、この地で開催された「北極フロンティア会議」に、筆者も参加してきた。漁業先進国としてお手本にされるこ ...

    井植 美奈子 , Official Columnist
  • ライフスタイル 2019/02/02 11:30

    名作モデルがアップデート 進化する腕時計とブランドヒストリー|Vol.1

    一見、停滞してそうに見えるが、スマートウォッチや新素材のモデルが次々と出てきて、時計界は相変わらず元気である。2018年も意欲的な新作があり、その進化はまだまだ止まらないようだ。120 CARTIER Santos de Cartier初の男性実用腕時計であり、その後の多くの腕時計に影響を与えた名作 ...

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN
  • ライフスタイル 2018/12/02 15:00

    世界で評価される「紀土」シリーズの最高峰

    祝杯をあげるとき、自分自身の時間を楽しむとき、孤独を噛みしめるとき…… 一杯の酒と向き合う空間に身をおくひとときは、明日への活力となる。「紀土」と書いてキッドと読む。そのココロは、紀州和歌山の風土を存分に感じさせ、また蔵人が我が子(KID)のように愛情を注いで醸す1本だと ...

    秋山 都 , Official Columnist
  • ビジネス 2018/11/15 06:30

    海で監禁された「100頭のクジラ」たち、中国に輸出か

    ロシア極東部の港湾都市ナホトカの沖で、100頭以上のクジラが海上の檻(おり)のなかに閉じ込められている。これらのクジラは中国のマリンパーク(海洋公園)に輸出されるものとみられている。地元メディアによると、ここには10頭のシャチと90頭のベルーガ(歯クジラの一種)が含まれている。ベルーガは歌のような声 ...

    Trevor Nace , CONTRIBUTOR
  • ライフスタイル 2018/10/14 15:00

    一生使い続けたい、ポルトギーゼの「機能美」

    今回、腕時計を見せていただいたのは、雑誌の定期購読を扱うeコマース事業を展開する富士山マガジンサービスの西野伸一朗社長である。「あまり物欲がない」とおっしゃる氏があえて選んだ腕時計とは?西野伸一朗社長が率いる富士山マガジンサービスは、弊誌をはじめ約1万の雑誌を定期購読するeコマースの事業(Fujis ...

    福留 亮司 , CONTRIBUTOR
  • ライフスタイル 2018/09/23 12:30

    温暖化で注目、イギリスが「第2のシャンパーニュ地方」になる日

    イギリスは歴史的にワイン貿易の中心地として栄えてきた。その背景には、冷涼な気候がワイン造りに適さなかったため、各国からワインを輸入していたという事情がある。伝統的にイギリスで作られてきた酒は、寒さに強い麦などを原料としたビールやウィスキーだ。しかし今、温暖化の影響で状況が変わり、イギリス製の「スパー ...

    仲山 今日子 , Official Columnist
  • ライフスタイル 2018/08/27 18:30

    ドレスウォッチはすべてのモデルのベースになる

    子供に時計の絵を書くように言うと、必ず、ラウンドケースのいわゆるドレスウォッチが描かれる。それほどに、このモデルは腕時計の基本形なのである。ただ、はじめから腕時計がこの形で登場したのかというと、そうでもない。もともと戦争中に懐中時計を紐で腕に巻き付けたのが発端だと言われているとおり、やはりスポーツウ ...

    福留 亮司 , CONTRIBUTOR