Close RECOMMEND

ハーレーダビッドソンに関する記事

「ハーレーダビッドソン」に関する記事ページが8件あります。

  • ビジネス 2018/08/06 07:15

    「無」のチャンス! ゼロに秘められた無限の可能性

    誰にも借りられていない本、何もない砂漠、遺物となった過去のヒット商品……一見、誰にとっても価値のない「無用なモノ」たち。しかし、光の当て方によっては、誰も見たことのない輝きを放つ可能性もあります。「無」だからこそ、面白い。「無」だからこそ、魅力的。そんな底知れぬパワーを持 ...

    電通 Bチーム , CONTRIBUTOR
  • ビジネス 2017/12/03 17:00

    インドネシアで最注目の若手富豪、配車アプリ「Go-Jek」創業者

    フォーブスが先日発表した「インドネシアの富豪50人」の平均年齢は68歳で、50人のうち37名が60歳以上だった。インドネシアで若くして財を成す人は非常に珍しい。しかし、急成長を遂げる分野では若き富豪たちが出現している。下記に紹介する3名はインドネシアの富豪ランキングで50位以下だが、2名はテック業界 ...

    Angel Au-Yeung , Forbes Staff
  • ビジネス 2017/11/18 15:00

    コーヒーの淹れ方にも「仕事ぶり」や「性格」が出る

    コーヒーブランド「% ARABICA」の京都、クウェート、ドバイ店、ウーバーの日本オフィスなどを手がけた建築家・加藤匡毅氏。クリエイティビティを醸成させる大切な時間と空間について聞いた。店舗やオフィス、ときには住宅など、建築・インテリアから音響設計に至るまでを手がける空間デザイナーをしています。最近 ...

    堀 香織 , CONTRIBUTOR
  • ビジネス 2017/03/18 10:00

    「コーチェラ・フェス」、商標権巡りアーバンアウトフィッターズを提訴

    カリフォルニア州の砂漠地帯で毎年4月に開催される音楽イベント、「コーチェラバレー・ミュージック&アートフェスティバル」は、90年代に新たな変化を遂げたヒッピースタイルで参加する人たちのファッションが、その特徴にもなっている。コンサートに訪れる人たちは、デニムのショートパンツやフェイクレザーの ...

    Rachelle Bergstein , CONTRIBUTOR
  • ビジネス 2017/03/05 15:00

    ハーレーダビッドソン、トランプの「米国の象徴」扱いに当惑 TPP加盟支持が本音

    皮肉にも「米国の象徴」と呼ばれているブランドは、ハーレーダビッドソンの他にそう多くは存在しない。ドナルド・トランプ米大統領は環太平洋経済連携協定(TPP)を繰り返し「米国の雇用を殺すもの」だと批判し、就任直後に離脱を表明した。だが、仮にそのTPPに加盟していれば、例えばベトナムが米国産のバイクにかけ ...

    David Kiley , CONTRIBUTOR
  • ビジネス 2016/09/23 12:04

    デジタル化で消える「確実性」 世界はこれからどう変わる?

    「かつて確かだったものが、全て消え去った」――米紙ニューヨーク・タイムズに先ごろ掲載された論説記事に引用されたこの言葉は、世界中の多くの人々が不安に襲われている理由をよく示している。これは、変化を食い止める、あるいは逆行させることに集中的に力を注ぐ多大な政治的エネルギーにも表れているが、その力はまだ ...

    Kevin O'Marah , CONTRIBUTOR
  • キャリア・教育 2016/03/24 17:01

    「自社への就職を勧めるか」で評価、従業員目線の米企業ランキング

    米国では2016年1月に失業率が8年ぶりの低水準となり、その後も安定化の兆しをみせている。こうしたなか、スキルを持つ求職者たちの競争は激しさを増し、各地の企業も採用拡大に向けての圧力を感じている。どの企業や組織が最も良い機会を提供してくれるかを明言できるのは、実際にその企業などで働く従業員たちだ。そ ...

    Kathryn Dill , Forbes Staff
  • ビジネス 2016/03/13 16:01

    シリコンバレーにも影響を与えた「トヨタの働き方」

    まさに灯台もと暗し。トヨタを徹底研究した「グローバル・ピープル・ソリューションズ」の代表、酒井崇男が喝破する、価値を生み出す人事とは。「愛知県の国道248号線」。登壇者が国道の話を始めると、テキサス州オースチンの国際会議場を埋めたアメリカ人たちは意外な表情を見せた。壇上で、日本から招かれた『「タレン ...

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN