Close RECOMMEND

フォードに関する記事

「フォード」に関する記事ページが848件あります。

  • 政治経済 2019/03/25 11:35

    生きる目的や倫理は蒸発する 人類が行きつく「幸福なデータ奴隷」とは?

    与えられた目的に沿って、最適化を進めるだけの経済学から「やばい考え」は生まれない。新進気鋭の若手経済学者、成田悠輔は、これまで手段に過ぎなかったデータによって目的や倫理を決める新しいモデルを提唱する。実現すれば、データが人類の生きる目的を決める日が来るかもしれない。彼の「幸福なデータ奴隷」状態は本当 ...

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN
  • ビジネス 2019/03/25 08:30

    ネットフリックスCEO、「素晴らしい競合がいることは、良い刺激になる」

    「我々とアマゾンは2007年、同じタイミングにオンラインストリーミングサービスを開始し、以来13年間、競合してきました。彼らは年間40億〜50億ドルをコンテンツ制作費として投資していると報告されています。またアマゾンだけでなく、HBO、時にはユーチューブも競合として考えなければならず、参入当初から競 ...

    新國 翔大 , Forbes JAPAN 編集部
  • ライフスタイル 2019/03/24 12:00

    BMW史上最大SUV、「X7」の静粛性と乗り心地に驚いた

    こんなデッカいグリルは見たことないでしょう。BBQが楽にできる大きさに違いない。そして、グリルがかつてなく巨大だということは、つまり、この新SUVはBMW最大のクロスオーバーだということだ。「X7」と聞いてピンとくる人は少ないだろう。なぜなら、これはいわゆるモデルチェンジではなく、全く新しい車種だか ...

    ピーター ライオン , Official Columnist
  • テクノロジー 2019/03/24 11:30

    アップルが「ウェアラブルの勝者」となる未来が見えた!

    アップルは、スタンフォード大学と共同で行ったアップルウォッチの心電図機能に関する調査結果を発表した。それによると、心電図機能は非常に有望な技術であり、ウェアラブルは医療機器業界に革命をもたらす可能性があるという。アップルは、2017年11月からスタンフォード大学と共同でアップルウォッチのユーザー40 ...

  • テクノロジー 2019/03/22 10:45

    作業着を纏い、泥臭く進む元エリート。40兆円市場に潜む不条理を壊す

    浅草から吾妻橋を渡ると、眼前にはスカイツリーの頂点がフレームアウトするほど間近に見える。大きく様変わりしたように見えるこの辺りの景色も、路地に入れば相変わらず、従業員数名規模の町工場が点在する。『下町ロケット』などフィクションの世界にも描写されるように、日本の町工場による「ものづくり力」には依然とし ...

  • キャリア・教育 2019/03/21 10:30

    米名門大学の裏口入学スキャンダルに関する30の事実

    米史上最大規模の名門大学への裏口入学スキャンダルには、著名人を含む多くの親たちが関与していた。この問題についてはこれまでに、以下のことが明らかになっている。1. マサチューセッツ州の連邦地検は、高校生を名門大学に入学させるための不正に関与したとして、50人を連邦裁判所に起訴した。2. 不正に関与した ...

    Zack Friedman , CONTRIBUTOR
  • ビジネス 2019/03/19 12:10

    「いま必要なのは、『ヨコのつながり』」 10代が率いるeスポーツベンチャーが、資金調達

    2018年には「ユーキャン新語・流行語大賞」に選ばれ、ニンテンドー『大乱闘スマッシュブラザーズSP』や海外産のFPS(ファースト・パーソン・シューティング)『Fortnite(フォートナイト)』の人気など、話題に事欠かない「eスポーツ」。そんな中で、日本ではまだあまり多くないeスポーツのスタートアッ ...

  • ライフスタイル 2019/03/17 16:30

    ナパの高級ワイン、プロモントリーが親子で繋ぐストーリー

    サンフランシスコから1時間くらい車を走らせると、ナパ・バレーの南端に到着する。そこから幹線道路29号線を北上し、ナパの中心地オークヴィルに着いたら、西方向の横道に入る。平地のブドウ畑を過ぎて、細い山道をしばらく上ると「プロモントリー」というワイナリーの入口がある。周りには他のワイナリーもない、隔離さ ...

    島 悠里 /Yuri Shima , Official Columnist
  • ビジネス 2019/03/17 10:30

    禁錮7年の「米国で最も憎まれた男」、収監後も経営に関与か

    米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)は先ごろ、米製薬会社チューリング・ファーマシューティカルズの最高経営責任者(CEO)だったマーティン・シュクレリ受刑者は服役中でありながら、同社の経営を続けていると報じた。ニュージャージー州フォートディックスにある連邦刑務所に収監されている「ファーマ・ボ ...

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN
  • ビジネス 2019/03/15 16:35

    「女性たちよ、失敗を恐れるな」 VC業界に女性を増やす処方箋

    昨年、米国のベンチャーキャピタル(VC)による投資総額のうち、女性創業者が受け取ったのはわずか2.2%だったという(『なぜ時代は女性ファウンダーとビジョナリー・リーダーを求めるのか|WSLab 堀江愛利』を参照)。2018年、アジアへのVC投資額は、テクノロジー関連の投資が牽引する形で、過去最高を記 ...

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN