Close RECOMMEND

滴滴出行に関する記事

「滴滴出行」に関する記事ページが81件あります。

  • ビジネス 2017/04/02 10:00

    「放置型」で急伸の中国の自転車シェア業界 500億円調達企業も

    かつて自転車大国として知られた中国で、昨年あたりから「自転車シェア」市場が急成長を果たしている。2016年の年末に1890万人だった専用アプリの利用者は、2017年には3倍にまで急増すると見られている。自転車シェアは世界各地で行われているが、レンタルした自転車は指定の返還場所に戻すのが普通だ。しかし ...

    Jack Perkowski , CONTRIBUTOR
  • ビジネス 2017/03/30 12:00

    中国がネット規制をさらに強化 「言論統制」は海外企業にも影響か

    中国では政府が「有害」とみなすウェブサイトをブロックしていることは広く知られているが、当局のネット規制はさらに強化される見通しだ。米国の調査会社IDCは、今年から来年にかけて、中国のネットの監視レベルは60%強化され、海外サイトだけでなく現地のサイトも規制対象になると予測している。中国では経済成長が ...

    Ralph Jennings , CONTRIBUTOR
  • ビジネス 2017/03/21 17:30

    フォーブス世界長者番付、40歳未満は56人に 前回から10人減

    フォーブスが3月20日に発表した資産総額10億ドル(約1130億円)以上の「ビリオネア」のランキング、2017年版世界長者番付に入った富豪のうち、40歳未満の人数は過去最多を記録した前年から10人減り、合計56人となった。減少の理由の一つに挙げられるのは、中国とインド両国の市場の不安定性だ。40歳未 ...

    Kate Vinton , FORBES STAFF
  • テクノロジー 2017/03/09 15:30

    中国「滴滴」がシリコンバレー進出 AIエンジニア採用強化

    昨年アップルらから合計70億ドル(約8000億円)以上の出資を受けた中国のライドシェア企業「滴滴出行(Didi Chuxing)」がシリコンバレーにR&Dセンターを開設した。中国市場でライドシェア市場の覇権をウーバーから奪った滴滴が、カリフォルニアに拠点を構えることは、同社のイノベーションへ ...

    Alan Ohnsman , FORBES STAFF
  • ビジネス 2017/02/17 15:30

    ビル・ゲイツ、中国「WeChat」に参加 公式アカウントに動画掲載

    マイクロソフト創立者のビル・ゲイツは中国のメッセージアプリ「WeChat」の利用を開始した。ゲイツは「gatesnotes」と名づけた公式アカウントを開設し、30秒の動画を掲載。短い中国語のテキストを添えて現地のユーザーらに挨拶し、今後「WeChatの個人ブログで今読んでいる本や自分の考えを述べてい ...

    Jordyn Dahl , CONTRIBUTOR
  • テクノロジー 2017/01/19 11:30

    中国進出を狙う米4大テック企業 フェイスブックらの最新動向

    グーグルが撤退して6年、中国は多国籍企業にとって相変わらず手ごわい国だ。アップルやマイクロソフト、フェイスブックは中国政府の規制や検閲、知的財産権を巡るトラブルなど様々なハードルと戦っている。その一方、海外企業との競争を避けながら投資を受けてきた現地のテック企業は、繁栄している。BATとして知られる ...

    Amanda Lee , CONTRIBUTOR
  • ビジネス 2017/01/11 15:30

    中国WeChat「独自アプリ」プラットフォーム開設 8億人を囲い込み 

    ユーザー数7億6800万人を誇る中国のメッセージアプリ「WeChat (ウィーチャット)」の運営元のテンセントは、独自形式のアプリのリリースを発表した。これらのアプリはMiniプログラムと呼ばれる独自OSを採用。iOSやアンドロイドアプリとは違い、インストール無しで使用できることを特徴としている。W ...

    Yue Wang , FORBES STAFF
  • テクノロジー 2017/01/06 15:30

    ウーバー vs 滴滴、ブラジルで配車戦争 滴滴が1億ドルを海外投資

    ウーバーは昨年夏、中国の配車アプリ最大手「滴滴出行」(ディディチューシン)の株式の20%と引き換えに、同社に中国事業を売却した。それにより滴滴とウーバーとの戦いは一段落したかのように見えたが、それはつかの間の平和だったようだ。滴滴は1月4日、ウーバーのブラジルでの競合で、サンパウロとリオデジャネイロ ...

    Brian Solomon , Forbes Staff
  • テクノロジー 2017/01/03 15:00

    中国ITトレンド2大潮流 フィンテックも「政府主導」で進む

    Eコマースのアリババや傘下の決済アプリのアリペイ、配車アプリ「滴滴出行」(ディディチューシン)によるウーバーの中国事業の買収など、中国のテック業界の動向が世界の注目を集めている。欧米企業は今やWeChatのようなモバイルアプリの成功から、何かを学びとろうとしている。ここでは2017年の中国のテック業 ...

    Jordyn Dahl , CONTRIBUTOR
  • ビジネス 2016/12/01 17:18

    アジアで最も注目のビジネスマン、中国最大の配車サービス滴滴出行CEOの素顔

    中国の配車サービス最大手「滴滴出行(ディディチューシン)」の共同創業者で最高経営責任者(CEO)もある程維(チェン・ウェイ)は、同業者である米ウーバーのトラビス・カラニックCEOとは全く対照的だ。眼鏡をかけた丸顔の程は振る舞いも謙虚で、33歳ながら「大学を卒業したばかりだ」と言っても通用するだろう。 ...

    Yue Wang , FORBES STAFF