Close RECOMMEND

滴滴出行に関する記事

「滴滴出行」に関する記事ページが81件あります。

  • ビジネス 2018/09/20 07:00

    全ては米国企業の模倣だった、中国「美団」CEOが歩んだ道

    中国のテクノロジー業界を代表するのが、BATと呼ばれる3社(バイドゥ、アリババ、テンセント)だが、次の世代を担う3社がニュース配信の「今日頭条(Toutiao)」、フードデリバリーの「美団点評(Meituan-Dianping)」、配車サービスの「滴滴出行(Didi Chuxing)」らだ。この新御 ...

    Rebecca Fannin , CONTRIBUTOR
  • ビジネス 2018/09/18 06:00

    時価総額6兆円狙う「中国・美団点評」が抱える不安材料

    中国最大のフードデリバリーサービス「美団点評(Meituan-Dianping)」のIPO規模は42億ドル(約4700億円)になる見通しだ。9月20日、香港市場に上場を果たす同社は、収益面で大きな課題を抱えている。関係筋の情報によると、北京本拠の美団点評はクラスB新株の仮条件レンジを60〜72香港ド ...

    Yue Wang , FORBES STAFF
  • 政治経済 2018/09/06 06:00

    女性客レイプ殺人でIPOも延期、中国「滴滴」のアプリDL数急落

    中国の配車アプリ最大手「滴滴出行」を利用した女性客がドライバーに殺害される事件が相次いで起き、同社は厳しい批判にさらされている。先日、滴滴出行の相乗りサービス「順風車(ヒッチ)」を利用した20歳の女性がドライバーにレイプされ殺害されたことを受け、当局は同社に管理体制の見直しを命令した。同様の事件が過 ...

    Yue Wang , FORBES STAFF
  • ビジネス 2018/09/04 12:30

    中国「ofo」が深刻な資金難、11億円を自転車メーカーに未払い

    中国の自転車シェア企業「ofo」が、自転車メーカーから訴えを起こされた。ofoが支払うべき代金が未払いになっているという。北京の法廷に提出された裁判書類によると、ofoは990万ドル(約11億円)の代金を自転車メーカーの「Shanghai Phoenix Bicycle(上海鳳凰)」に支払っていない ...

  • ビジネス 2018/08/23 06:00

    孫正義が即決で300億円出資の米「カーシェア」企業の成長戦略

    モビリティ分野のソフトバンク・マフィアに新たに加わった企業が、車の貸し借りを仲介するサービス「ゲッタラウンド(Getaround)」だ。8月21日、同社はソフトバンクから3億ドル(約331億円)のシリーズD資金調達を行ない、累計調達額が4億ドルに達したことをアナウンスした。ソフトバンクはモビリティ分 ...

    Biz Carson , Forbes Staff
  • ビジネス 2018/06/09 08:00

    中国テック界の第3勢力「美団」が企業価値3兆円超えの理由

    中国では、長らくアリババとテンセントの2強がB2Cのオンラインサービス市場を独占してきた。しかし、消費者のオンライン消費が拡大を続ける中、新興勢力が台頭しつつある。その中の1社「美団点評(Meituan-Dianping)」は、昨年企業価値が300億ドル(約3兆3000億円)に達した。美団アプリは2 ...

    Yue Wang , FORBES STAFF
  • テクノロジー 2018/05/23 07:00

    米国テック企業を爆買いの中国「BAT」連合が狙う次の市場

    中国のテクノロジー企業はこのところ米国での知名度を伸ばしている一方で、米国市場からはほとんど売上をあげず、本国や東南アジア市場に力を入れている。例えばバイドゥの海外売上はわずか1%、アリババの場合は11%。テンセントは5%に過ぎないのが現状だ。それに対しグーグルの海外売上は53%、アマゾンは32%、 ...

    Rebecca Fannin , CONTRIBUTOR
  • ビジネス 2018/05/19 10:00

    テンセントが「カーシェア事業」本格化、EV活用もアピール

    中国テンセントCEOのポニー・マーは今年4月、「WeChat」のユーザーに向けて、新たなカーシェアサービスを始動するとしたら、どの都市が望ましいかを尋ねた。その結果、目立って多くの要望が集まったのが、中国南部の広東省の珠海市や中山市などの沿岸地域だった。テンセントが始動したカーシェアサービスには2つ ...

    Bay McLaughlin , Contributor
  • キャリア・教育 2018/05/07 08:00

    なぜ長期休養の後、再び第一線に立つことを決心したのか?

    3月24日発売、働き方について特集した「フォーブス ジャパン」5月号。テクノロジーの進歩によって多様な働き方が実現可能となった。時間、場所、お金、慣習——。既存の枠組みがディスラプションされた社会で、「自分らしい働き方」とは何なのか? 未来をつくるイノベーターと企業にそのヒン ...

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN
  • テクノロジー 2018/05/03 10:30

    アップルの中国シェア拡大を支えるSiri、現地アプリと連携強化

    アップルは昨年、低価格なAndroidスマホがひしめく中国市場で15%もの市場シェアを獲得した。しかし、これは「iPhone 8」シリーズと「iPhone X」を発売し、グローバルでシェアが急増した影響であり、今年は減少に転じると業界アナリストの多くは予測している。しかし、アップルが中国でシェア拡大 ...

    Ralph Jennings , CONTRIBUTOR