Close RECOMMEND

ドローンに関する記事

「ドローン」に関する記事ページが48件あります。

  • テクノロジー 2018/10/14 09:00

    ドローン活用で「データドリブン農業」を実現する英国企業

    数千年もの間に渡って、農業には水や肥料、種まきに対する人間の目利きが必要とされてきた。しかし、最近では機械学習を用いて収穫高や利益を増やすケースが増えている。ロンドンに本拠を置くアグリテック(農業テクノロジー)のスタートアップ企業「Hummingbird Technologies」は、過去2年間に渡 ...

    Parmy Olson , FORBES STAFF
  • ビジネス 2018/09/13 06:00

    「電動航空機」開発を目指す米企業、2時間飛べるドローンを発表

    米カリフォルニア州サニーベールに拠点を置くインポッシブル・エアロスペース(Impossible Aerospace)は9月10日、シリーズAの資金調達ラウンドで940万ドル(約10億4800万円)を調達したことを明らかにした。ベッセマー・ベンチャー・パートナーズが主導した調達ラウンドには、エアバス・ ...

  • テクノロジー 2018/07/20 12:30

    ドローンが古代の「謎のサークル」を発見 アイルランドで

    アイルランドのボインバレーで古代の環状遺跡が発見された。現地ではここ数十年で最も深刻な干ばつが発生しており、遺跡が見つかったのは干ばつのおかげといえる。この遺跡では木の幹が柱のように立てられていたとされ、それが腐敗した結果、立っていた場所に肥沃な土が残ったようだ。その結果、周囲の植物が全て枯れたなか ...

    Trevor Nace , CONTRIBUTOR
  • テクノロジー 2018/06/16 12:30

    「残業監視ドローン」のスタートアップが示した日本の現実

    日本企業の残業時間の長さは世界的に有名だ。従業員が深夜までオフィスに居残り続ける光景は日常的になっている。日本のドローン関連のスタートアップ「ブルーイノベーション(Blue Innovation)」はテクノロジーの力でこの課題を解決しようとした。同社のドローンを活用した残業監視サービス「T-FREN ...

  • テクノロジー 2018/06/13 14:30

    ドローン配達でアマゾンの先を行く中国企業

    テクノロジーに関心の高い読者なら、アマゾンが2016年末にドローンを用いた配送サービスのテストを実施したことを覚えているだろう。しかし、アマゾンのドローン配達がその後、実用化されたとのニュースは伝わっていない。そんな中、アマゾンの一歩先を行くかたちでドローン配達の実用化に歩みだした企業がいる。その企 ...

    Bay McLaughlin , Contributor
  • ビジネス 2018/05/17 16:00

    世界の森林破壊を解決! ドローンで植林する女性起業家

    2017年の「30 Under 30」欧州版に選ばれた英バイオカーボン・エンジニアリングの創業者兼CTOのスーザン・グラハム。同じく選出されたエネチェンジ共同創業者の城口洋平が「起業家として大事にしていること」について聞いた。「Why Now(なぜ、いまなのか?)」植林ドローン・スタートアップである ...

    城口 洋平 , Official Columnist
  • キャリア・教育 2018/05/08 17:00

    なぜ「ドローン前提社会」に人生を賭けて挑むのか?

    3月24日発売、働き方について特集した「フォーブス ジャパン」5月号。テクノロジーの進歩によって多様な働き方が実現可能となった。時間、場所、お金、慣習──。既存の枠組みがディスラプションされた社会で、「自分らしい働き方」とは何なのか? 未来をつくるイノベーターと企業にそのヒントを探る。「空の産業革命 ...

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN
  • テクノロジー 2018/05/02 12:00

    米航空局がドローン規制緩和、150地域で「ビジネス活用」へ

    かつて趣味のガジェットだったドローンが、今では建設や油田開発など、様々なビジネスで活用されつつある。ゴールドマンサックスは2020年までに、ドローンの業務利用市場が1000億ドル(約11兆円)に達すると予測している。しかし、ドローンの業務利用には米連邦航空局(FAA)の認証という高いハードルがあった ...

    Alex Knapp , Forbes Staff
  • テクノロジー 2018/03/21 14:30

    米国で進む「データドリブン農業」 ワイン農園もドローン活用

    農業分野では新たなテクノロジーの投入で、ビッグデータの活用が以前よりも広範囲に行われるようになった。ドローンを用いた上空からの農地の撮影や、衛星写真を活用したデータ収集により農作物に関する巨大なデータが収集可能になっている。しかし、ここで浮上したのが膨大なデータをいかに有効活用していくかという問題だ ...

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN
  • テクノロジー 2018/01/02 09:00

    今年のCESで注目の「さかな型水中ドローン」を生んだ中国企業

    今年も米ネバダ州ラスベガスでは国際家電見本市「CES」が開催される。1月7日にオープンする会場には世界中から膨大な数の企業が出展ブースを出すが、なかでも最大の勢力となっているのが中国の企業だ。2018年のCESにはトータルで4000の出展企業が参加するが、そのうち1000社が中国の企業で占められてい ...

    Lauren deLisa Coleman , Contributor