連載

カリスマファンドマネージャー「投資の作法」

全国津々浦々に足を運び、ときには出張先からも最新の投資動向やプロジェクトについて本誌に寄稿する——。日本屈指のファンドマネジャーとして知られる、藤野英人は企業や起業家の何を見て投資を決めているのか? 投資家の目線で世界を見れば、世の中の見え方もきっと変わってくるはずだ。

37

ARTICLES

VOL.

37

2020

01.22

ゲコノミストが考える、「下戸市場」の可能性

33歳でお酒をやめた筆者。以来、飲食店で「下戸」として不当な扱いを受けてきた。そうした偏見や時代の変化を社会が認識できれば、新たな“市場”が生まれるかもしれない。近年、「若い人がお酒を飲まなくなった」という話をよく聞く。実際、厚生労働省の「国民健…

MORE